【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレまとめ」【超電磁砲】

『とあるシリーズSS総合スレ』で書かれた作品を紹介します。SSまとめサイト『あやめ速報』の姉妹サイトです。

RSS はてブ Facebookに投稿
ヘッドライン

プレゼン…ト?

419 : プレゼン…ト? 1/7[] - 2010/05/17 16:25:36.75 2y5rYSgo 1/7

九月上旬 とある地下街のゲームセンター前

上条「不幸だ……、一体なんでこんなことに」

美琴「不幸ってねぇ、私の全戦全勝じゃない。運じゃないわよ、これが実力の差よ、実力」

上条「別にゲームの勝ち負けのことじゃねえよ。そもそも俺は宿題の手伝いを頼もうとしただけだってのに……、
    いきなりゲーセン連れてこられて勝ったら宿題の手伝い、負けたら罰ゲームなんて理不尽な勝負しかけられて……」

美琴「それはお気の毒様。でもアンタ、実際勝負を受けて負けちゃったんだからね、ちゃんと罰ゲームは受けなさ――」

上条「はいはい、あんまり無茶な事させんのはやめてくれよ? って、どこ見てんだ御坂?」

美琴「あー、あのさ!罰ゲームってお金かかっちゃっても、いい?」

上条「別に上条さんちの家計を圧迫するようなもんじゃなけりゃ構わないけど……一体なに買わせる気なんだ?」

美琴「あそこよ、あそこ」チョイチョイッ

上条「ん、露店……か? アクセサリーの売ってる」

美琴「そ、あそこで何か、お、女の子らしいのを……あ! 買うのダメなら選ぶだけでもいいから!」

上条「いや、金はいいんだけど……ああいう店のって大抵安物だろ。常盤台のお嬢様的にはブランド物とかじゃなくてもいいのか?」

美琴「ブランドだとかどうでもいいわよ、そんなの。新学期入ってちょっと雰囲気変えたいってだけだから、そんな大層な物じゃなくていいの」

上条「そういうものですか。ま、それならそれで上条さんの懐的には大助かりなんでいいんですけど」

美琴「決まりね。そうと決まれば、さっさと選びに行くわよ」

――――――――――

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

御坂妹「貴方とデートする権利をミサカは要求します」

216 : 1/11[sagesaga] - 2010/05/14 20:23:44.40 2r04tyUo 1/11


御坂妹 「貴方とデートする権利をミサカは要求します」

一方通行「はァ? なに言ってやがンだオマエ……。突然現れたかと思えば、頭イカれてンのかオイ」

御坂妹「やれやれ、とミサカは予想通りの言葉に肩をすくめます」

一方通行「いやいやいや、なにオマエが分った風なこと言ってくれちゃってンですかァ? 逆だろ逆!!」

御坂妹「いえ、単なる罰ゲームです、とミサカは正直に白状します」

一方通行「……」

御坂妹「ぶっちゃけ、ミサカもねーよとか思っていたんですが、とミサカは本音を語ります」

一方通行「……へェ、フーン。あァ、そうかいそうかい。オマエが何番か知らねェが、早死にしたいらしいなァ!」

御坂妹「殺しダメ、絶対。とミサカは洒落の通じないユーモアに欠けた第一位を非難します」

一方通行「この、おちょくってンのか欠陥人形がァッ!!」

御坂妹「失礼な。ミサカはいつだって本気です、とミサカは熱弁を振るいます」

一方通行「尚のことタチが悪ィ!! つーか、オマエら人がどんだけ喋り倒してもスルーしやがってた癖に
       今更なに平然とイカれた内容をくっちゃべってンだコラ!」

御坂妹「だから罰ゲームと―――」

一方通行「殺す!」

御坂妹「予定外の戦闘は実験に支障がでる恐れがあります、とミサカは警告します」

一方通行「」

御坂妹「どうやら思い止まってもらえたようでなによりです、とミサカはホッと肩を落とします」

一方通行「……ざ、ざっけンじゃねェぞゴラァ!! なに突然真面目なこと言ってンのオマエ!? 意味解ンねェんだよ!」

御坂妹「ですから、真面目にふざけた罰ゲームを粛々と行いたいと考えています。安価は絶対なんです、
     とミサカは説明何度目だようぜぇ、とうんざりしながら説明します」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

美琴「えへへ………」

187 : 美琴「えへへ………」1/20[saga] - 2010/05/14 13:27:39.49 Dv8i5P60 1/20

九月の初め
暦の上では初秋だが、夏の暑さはまだ抜け切れない。
夕方と早朝には蜩の鳴声が聞こえてくる時期だ。
そんなある日
第七学区に建てられた洋館風の建物――常盤台中学学生寮――
の一室御坂美琴はベッドの上で本を読んでいた。
それは最近の流行りらしいのだが、
美琴の感想はまったくふざけたというものだった。
内容は端的に言うと愛憎劇。
恋人がいる男をかませでしかない一途な女の子が奪おうと奮闘する物語。
結果的に一途な女の子は男を寝取ろうとして、失敗。

(私がこの女ならこんな失敗するはずがないのに。こいつバカね)

あまりにも陳腐な奸計に男が堕ちるはずがないとまあこんな感じだ。
美琴は机の上に本を放り投げ、昨日起こった地下街のテロ事件を思い起こす。
気になることがある、それはインデックスと呼ばれたシスターが言った
『とうまは何があっても、絶対に帰ってきてくれるんだから』という台詞、
そしてその後に沸々と湧き起こった感情だった。
アイツ――上条当麻――とあのちっこいシスターが一緒にいると何故かいらいらする。
この感情はなんだろうかと。

(なんで私がアイツのことなんか考えなきゃいけないのよ)

ルームメイトの白井黒子のように自分の感情に真直ぐになれればいいのになあとの心境だ。
そのようなことを考えていると、ふと時間が気になり時計を見ると
門限まで1時間を切っていた。

「やば、もうこんな時間」

あのツンツン頭の少年を探そうと出かけようとする。
ここに黒子がいれば、何か咎めるだろうが
肝心の彼女は今ここにはおらず、どうやら風紀委員の仕事中みたいだ。
寮を出る。
昨日は名前で呼ばれ若干嬉しく、今日はまともに顔を合わせられるだろうか。
シスターと上条の関係を追究するつもりではない。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

絹旗禁書

175 : 絹旗禁書1/6[] - 2010/05/14 10:48:16.73 5XIWMADO 1/6

禁書「さいあいーお腹へったんだよ! ごはんー! 」
 
絹旗「インデックス、朝起きて最初の言葉がそれって超どうなんですか」
 
禁書「うーでもお腹へったんだよ! ひもじいんだよ! 」
 
絹旗「そんなんだから超暴食シスターって超言われるんですよ」
 
禁書「うっ、おはようなんだよ」
 
絹旗「おはようございます。朝ご飯ですが、もう少しなんで食器を並べておいてください」
 
禁書「わかったんだよ! 」
 
絹旗「ありがとうございます。あとは盛り付けて超完成です」
 
禁書「いただきますなんだよ!! 」
 
絹旗「いただきます」
 
――食事後――
 
禁書「ごちそうさまなんだよ! 」 
 
絹旗「御粗末さまです、ところでインデックス、今日ってなにか用事とかってありますか? 」
 
禁書「カナミンの再放送があるけどそれ以外は特に無いんだよ」
 
絹旗「なら映画にでも行きませんか? 」
 
禁書「映画? 」
 
絹旗「ええ、今日超公開の映画なんですがR指定もありませんしたまにはどうかと」
 
禁書「映画ってあの大きなテレビだよね? 行きたいんだよ! 」
 
絹旗「じゃあ超急いで準備してください」
 
禁書「わかったんだよ! 」
 
絹旗「インデックスが準備してる間に超速攻で食器を洗いましょうか」
 
――そんなこんなで――
 
禁書「おまたせなんだよ! 」
 
絹旗「それじゃあ超行きましょうか」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

コーヒー

154 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] - 2010/05/14 00:40:07.60 uoqBv.2o 1/4

一方「今日もお仕事ごくろォさン、とくらァ」

一方「ったく、めンどくせェ。よくもまァ次から次へと湧いてくンなァ。くっだらねェ」

一方「喉渇いたな……仕事の後の一服ってのが最近クセになって仕方ねェ」

一方「つってもビールって訳にもいかねェしなァ」

一方「ま、缶コーヒーで十分。実にリーズナブルじゃねェか」(チャリンチャリン

一方「……ン? 新商品か?」

一方「ふゥン……まァ物は試しと言うしなァ。飲ンでみるか」(ピッ

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

とある能力者達の闘牌

22 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[とある能力者達の闘牌] - 2010/05/13 01:08:03.71 1nquzkDO 1/5

ある少年が居た、その少年の名は一方通行。学園都市に七人しかいない麻雀力Lv.5の頂点。そして、Lv.6に唯一なれる者と言われている。その方法は学園都市第三位、御坂美琴の闘牌用クローン妹達二万人と二万回闘牌し勝利することである。

そんな中、御坂美琴は、その実験を止めるべく一人の少年と闘牌上に向かっていた。

一方通行「くかかか、おいおいもう二人も飛ンじまったぜェ」

一方通行「まァ、そンなにはやく終わると暇でしかたがないから最後の一人が飛ぶまで終わらねェけどなァ」

ミサカ「……っ」

バンッっと扉が勢いよく開く

一方通行「おいおいおいおい、大事な闘牌中なンですけどォ?」

上条「だまれ!」

そう言い上条はハコ下に飛び気絶したミサカ妹をそっと地面に横たわらせる。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

ある昼下がり

12 : ある昼下がり 1/4[] - 2010/05/13 00:56:41.75 mk81L76o 1/4

「暇ですねぇ……」

女はそうぼやき、カウンターで頬杖を付きこちらを覗き込む。
彼女の座る隣の椅子には黒いエプロンが几帳面に畳まれており、
エプロンの端には白い糸で店の名前と珈琲カップが刺繍されている。

「いいのか? 店の主がそンなにだらけてて」

髪も肌も真っ白な男は呆れたように問いかける。
その手には洗ったばかりのカップがおさまっており、
優しくそれを布巾で包み込み水滴をふき取っていく手際はまさに慣れたものだ。

「お客さんいませんから今は昼休みなんです。それにこんな暖かいんだからちょっとくらいのんびりしても罰は当たらないと思いますよ?」

どういう理屈なのか分からないが、そう言い放つこの店の主の佐天涙子は自信満々の表情を浮かべている。
この佐天涙子とはそういう人間なのだ。
本人は知らないだろうが、この店にやってくる常連客のほとんどは
そんな気さくでマイペースで明るく、ときに見せる危なっかしいマスター目当てだったりする。

先ほどからカップを手際よく拭いている一方通行もそんな客の一人だ。
暇さえあれば喫茶店に顔を出しカウンター席で珈琲をすするのが日課となっている。

ただし、今ばかりはそんな立場がまったく逆になっている。
佐天涙子はカウンター席に腕を組んで突っ伏したまま一方通行を眺め、その一方通行はカウンター内で洗物に勤しんでおり、
首からは黒のエプロンが下げられている。

もちろんそのエプロンの裾の端のほうには白い糸で店の名前と珈琲カップの刺繍入りだ。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ≪3冊目≫」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1273677472/
続きを読む

ミサカ19696「師匠・・・!?」

896 : ミサカ19696「師匠・・・!?」[] - 2010/05/11 22:03:19.28 cVlOZ4Yo 1/5

前回の19696のミサカネットワークの後日談みたいなの。
つーか、この子使いやすい・・・。

ミサカ19696「どうぞどうぞ、あがってください。」

ミサカ13876「ミサカは正直言って信じられません、こんな所で生活しているなんて。」

96「いえいえ、住めば都と言った物です、とミサカは13876号に座るのを勧めます。」

76(石に座るのか・・・。)


96「所で今日は何故ここに?とミサカは理由を聞きます。」

76「いえ、以前ミサカネットワークで流れた情報を耳にして気になって来てみました。」

96「なるほど、あれは数週間前の事でしたね、とミサカは思い出します。」

76「一番気になったのですが、13247は・・・?」

96「どうやら、学園都市内には住んでおらず、別の地域に住んでいるようなのでまだ会った事もありません、とミサカは説明します。」

76「なるほど・・・。」


96「ん・・・?」

「な、なんだこれ。同じ人が二人いる・・・。」

76「来客のようですね。とミサカは少年を見ます。」

「うわぁ・・・えっと、夢じゃない?」

96「頬をつねってはどうですか?とミサカは勧めます。」

「いたたた、痛かったよ。」

76「とりあえず、貴方もここに来てみては?とミサカは席を空けます。」

「う、うん。」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

とある修道女と通行止め

890 : とある修道女と通行止め 1/2[sage] - 2010/05/11 19:57:20.80 qLqxIxUo 1/3

とある路地裏の入口。
確かに昨日はなかったはずのもの。
明らかに手描きの文字で、女の子らしく、そう書いてあった。

  「ここからは先は通行止め!」

「あれ?昨日こんなのあったけ?」
例えば、とある幻想殺しの少年。彼はそれを見つけたが、ささいな事だと思った。

「……何だこりャ?」
例えば、とある超能力者の一人。すぐさま実験中だという事を思い出し、その場を離れ、「実験場」に向かう。

「一体誰がこんなのたてたんだ?」

「まったく、警備員がきたら俺らの計画もパーなのになぁ…」

例えば、とある無能力者の少年。いずれ幻想殺しと邂逅する少年は、それを邪魔だと思いつつ立ち去った。



??「いきましたか?とミサカは確認をとります」

??「うん、もう大丈夫だよ。さっ出してあげよう!」

ニャーニャー

禁書「ほら!とうまの家からもってきたちくわだよ!」
ニャーニャー カプッ

「ほら、ねこじゃらしですよ、とミサカはわざとらしく目の前でふってみます」ポンポン
ニャーニャーニャー 

(……本当に、一時はどうなるかと思いました。)

(まだ実験中なミサカ達にとって、猫を飼う事は難しいのです、とミサカは再度確認しつつ…)チラッ

禁書「ほら、みて!この子スフィンクスと遊んでるよ!」

(ミサカ達がいない間に世話をしてくれるこのシスターに感謝をしなければいけませんね、とミサカはお礼を考えときましょう)

コツコツ…
禁書「……あれ、何か音が聞こえるよ?」

(…………、もうきましたか。)

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

とある白衣の一方通行

882 : とある白衣の一方通行(1/4)[saga] - 2010/05/11 18:55:45.30 Pk3xZs20 1/5


(上位個体、こちらは無事に標的を確保しました、とミサカは答えます)
(りょーかい! それじゃあミサカも行くねってミサカはミサカは待合室で待機中!)

 打ち止めは手足をぶらつかせながら、待合室の二人掛けソファを一人で優雅に陣取っていた。
 今日は定期調整の日であり、学園都市に在住の妹達は皆この病院に集合している。
 上位個体の打ち止めも例外ではない。
 彼女の場合、調整が他の妹達とは異なるためにこうして後回しにされているのである。

 ぶらんぶらんと足を揺らし、打ち止めは想像に浸る。
 少女を病院まで連れてきた少年は、今頃白衣を着用しているに違いなかった。
 そう仕組んだのは打ち止めなのだが、彼女の順番は最後であるために、まだ彼の白衣姿を拝めない。
 十数分前、ネットワークを介して知りえた彼の様子を思い出して、少女は口元に笑みを浮かべた。

(白衣似合ってるかなー、どうなんだろうなーってミサカはミサカは胸の高鳴りが止まらなかったり!)

 そもそも彼女の付添い人である一方通行は、打ち止めを病院まで連れてきたらそのままふらりとどこかへ立ち寄るつもりだった。
 どこへ行こうというはっきりとした予定を組んでいなかったせいで、彼はまんまと打ち止めに出し抜かれ、カエル顔の医者の手伝いをさせられている。

 ――君も僕の患者だけど、僕には少しやることがあってね?
 ――なに、君に任せようとしているのは妹達の定期調整の仕事だけだから、赤の他人というわけでもないだろう?
 ――頼まれてくれるね?

 矢継ぎ早に言うでもなく、言い聞かせるような口調で提案されてしまっては、さしもの一方通行も断りきれなかったのだろう。
 まして、彼には妹達に対する負い目がある。そこにつけ込んだ、と言えばなるほどその通り。打ち止めは彼の良心につけ入ったのだ。

 それもこれも、最近のミサカネットワークの話題がとある医療ドラマで持ちきりだったからに他ならない。
 学園都市在住のミサカ13577号が、ひょんなことから医療ドラマにハマってしまった。
 妹達は彼女ら特有の感覚共有をもって、全員がものの見事にその医療ドラマにハマりまくり、八割の妹達が「白衣萌え」を口癖にするまでに伝染した。

 下位個体がハマっているものに興味を抱かないほど、打ち止めは大人ではない。
 どちらかといえば感受性豊かなこの少女は、案の定他の妹達同様に医療ドラマにハマりだし、
 今ではすっかり昼のアニメタイム終了と同時にレンタルしてきてもらったDVDを観る始末だ。

 もちろん、レンタルを頼まれたのも一方通行である。
 彼は少女が医療ドラマを熱心に見つめる傍らで「なンでいきなりこンなドラマにハマってンだ」とぶつくさぼやいていた。
 彼から言わせてもらえば、こんなドラマの医療方法はいちいち間違っているし、くだらないとも思うのだが、
 隣で目を輝かせて食い入るように観続ける少女に言い出せるはずがない。

 まあ、そのうち飽きるだろう。
 そう結論を下し、借りてきてと言われるたびに文句を言いながらも律儀にレンタルしてきてやったのにも関わらず――
 こんなことになるとは、と一方通行は診察室でうなだれていた。
 彼の手元にある数枚のカルテはすでに終わったもの。
 そして、最後の一枚が最難関だった。

「ンだよ……、このカッコでクソガキの診察しろってかァ!?」

 医者になるならまずは白衣から、とカエル顔の医者に言われてあれやこれやと着替えさせられた現在の彼は、
 普段の服装にそのまま白衣を着用し、さらに一体何のオプションなのか、伊達眼鏡をかけていた。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

小ネタ『通行止め』

880 : 小ネタ[] - 2010/05/11 18:34:26.59 1JQPoako 1/1

上条「なあ、お前って『一方通行(いっぽうつうこう)』って書いてアクセラレータって読むんだよな?」

一方通行「あァ? それがどうしたってンだ三下」

上条「んで、『打ち止め(うちどめ)』って書いてラストオーダーか」

打ち止め「そうだよヒーローさん、ってミサカはミサカは肯定しつつも
      今更どうしたんだろうって首を捻ってみる」

上条「つまり、二人合わせて『通行止め』ってわけか。おおっ、なんかカッコいいな!
   これだけ相性のいい名前も、そうそうないんじゃないか?」

一方通行打ち止め「「!」」

上条「決め台詞は……『こっから先は通行止めだ』なんてどうだ」

一方通行「……侵入は禁止、ってかァ?」

打ち止め「わあ、素敵! あなたも結構ノリノリだね、ってミサカはミサカは喜んでみる!!」

一方通行(前にその場の勢いで
      「悪りィが……こっから先は一方通行だ。侵入は禁止ってなァ!!」
      とか言っちまったことがあるが。
      打ち止めと二人で『通行止め』……いいじゃネェか!!!)

上条「んでそうすっと、読みはどうなるんだ……?
   アクセラレータとラストオーダーだから……」

一方通行打ち止め「「!」」

三人「「「アクセラオーダー!!!」」」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/

とある首輪の充電時間

825 : とある首輪の充電時間 1/7[] - 2010/05/10 20:54:26.08 N3drD0Io 1/7

ピンポーン

一方通行「どちらさンだァ?鍵開いてるからそのまま入れ」

ガチャッ

上条「悪い、一方通行。ちょっと遅くなったが上条さんの到着ですよー」

一方通行「あァ、やっときたか三下ァ。悪ィが勝手に入ってくれ。今ちょっと手が話せねェ」

上条「それじゃお言葉に甘えて……って、手が離せねえって何もしてねぇじゃねえか」

一方通行「よく見ろ。首だ首」

上条「首?なんかコードがコンセントに……充電中か?」

一方通行「ちょっとバッテリーが切れかかってたンでなァ」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

一方通行にドッキリ

797 : 援護屋(1/3) ◆KTf4C3OcoM[sage] - 2010/05/10 14:06:18.97 RgdaEWMo 1/4

元ネタ様 一方通行「あれから一年か....」美琴「早いもんね....」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271668612/

一方「……zzZ」

美琴「あら、まだ寝てんの?」

打ち止め「うん、あの人は基本お昼まで起きないよってミサカはミサカはあの人のダラけた私生活を暴露してみたり」

美琴「ふーん……あ、いい事思い付いた」

打ち止め「?」

美琴「ちょっと耳貸して、ゴニョゴニョ」

打ち止め「ふんふん……なるほどぉ、それは面白そう! ってミサカはミサカはあの人の慌てふためく姿を思い浮かべてニヤニヤしてみたり!」

美琴「それじゃちょっとこっちに。準備するわよ!」

一方「そォげェぶゥ? むにゃむにゃ……Zzz」

~~~~

~~

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

御坂「―――うん、実はね」

783 : 御坂「―――うん、実はね」1/6[sage] - 2010/05/10 12:53:52.73 g14jfXw0 1/6


はじまりがあれば、いつか必ず終りが訪れる。
酸いも甘いも永遠には続かない。


(誰がか言ってたわね)


さよならだけが人生か。


(別に、本当に『お別れする』ってわけじゃないけど)


きっと、明日も、明後日も。
お互いが学園都市にいるまでは、私と彼は笑顔で挨拶を交わすだろう。
腹を抱えて一緒に笑うこともあるだろうし、罵声を挙げながら喧嘩をすることもあるだろう。


(……けど)


彼が未来を一緒に歩む人を決めたのだから、私の恋はここまでだ。
幸せな夢をみせてくる恋を眠らせたくない。
これほど愛しい少年を諦めたくなんかない。
本当は、彼の隣に居る未来を、無邪気に信じていたかった。


「もう、終わりにしないと、ね」


けれど、もう、全部お終い。
美琴がどんなに望んでも願っても、覆る答えはどこにもない。
自分の手で終わらせるのは怖いけど。胸が張り裂けそうになるくらい痛いけど。

ちゃんとこの気持ちに『さよなら』を告げよう。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

最終信号ですが、下位個体に追われています

761 : 最終信号ですが、下位個体に追われています[1/?][] - 2010/05/10 00:00:46.82 YjEGrego 1/13

 事の発端は些細なことだった。

 平日だろうと休日だろうとあまり人気のない通りだ。
 路肩に二人の少女が立っていた。見た目の年齢を除けば、彼女たちは不自然なほどによく似た顔立ちをしている。

「ねえ一〇〇三二号、ちょっと屈んでみて、ってミサカはミサカはお願いしてみたり」

 突然自分の後ろに回りこんでそんなことを言い出した上位固体に対し、御坂妹は振り返らずに、

「何故そのようなことをする必要があるのですか、とミサカは疑問を述べます」

 以前ゴーグルを奪われたことのある御坂妹は、目の前の少女が再びそれを狙っているのではないかと考えた。
 そんな下位固体を他所に、打ち止めは御坂妹の背中を見上げたまま、

「ゴミがついてるよ、ってミサカはミサカはお知らせしてみたり」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

口論

749 : 口論[1/7][] - 2010/05/09 23:27:38.39 TMUzzFgo 1/7

垣根「いいや、冷蔵庫だ!」

神裂「何を言ってるんです! 洗濯機に決まっています!」

上条「何やってんだあいつら……」

一通「知らねェよ……」

土御門「ふむ。要するにどちらの家電が優れているかという議論でもめてるみたいだにゃー」

上条「どうでもよくね?」

一通「どォでもいいな」

土御門「だにゃー」

神裂「私たちだけで論じていても仕方がありません」

垣根「どうすんだ」

神裂「第三者を交えましょう」

上条「え? なんか嫌な予感がする」

神裂「上条当麻! それに土御門! こっちに来てください」

一通「って、俺は?」

神裂「よく知らない人なんでスルーします」

一通「そォか……」

垣根「……いや。奇数にしとこう」

垣根「テメェもこい、一方通行」

一通「そォか!」

土御門「嬉しそうだにゃー」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

寮監……ですか──7日目

675 : 寮監……ですか──7日目[0/24][] - 2010/05/09 02:24:37.77 TMUzzFgo 1/26

改めて、これから投下するのは、vipにて
 上条「寮監……ですか」
というスレを乗っ取って書いたSS(7日間)の後日談、というより朝の場面だけで終わった「7日目」の補完的なお話です。
本編同様に涙が出るほどヤマナシ進行でごめんなさい。

◆本編の簡単なあらすじ

ロシアとの戦争も終わってきっと平和な冬休みの日常。新年2日目の日曜日。
極度の金欠からアルバイトに応募した上条だったが、任された仕事は常盤台中学学生寮の寮監代理だった。
任期である1週間、野郎趣味の料理長に怯えたりドタバタしながらも職務を全うする。
そして7日目の朝、寮監が帰ってきたことで代理のお仕事は無事終了を迎えた。尚、給料は未払い。

※インデックスさんはフィアンマからの干渉による負荷が深刻だったためイギリスで治療中。
 でも4日目に『そろそろ終わるよ』という連絡がありましたとさ。

そんなわけでむしろこれは、インデックスさんお帰りなさい、っていうお話です。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

ききょうたんと一方通行と時々黄泉川

638 : ききょうたんと一方通行と時々黄泉川1/4[] - 2010/05/08 18:42:30.07 6Uz71oSO 1/4




~芳川さんが一方通行さんを起こすそうです~




ガチャ

芳川「おはよう愛穂、いい朝ね」フワァ

黄泉川「桔梗、起きてすぐのところ悪いけどもうすぐ朝ご飯できるから、一方通行を起こしてきて欲しいじゃんよ」

芳川「あら、打ち止めは?」

黄泉川「ついさっき、「お花のお姉ちゃんと出かけて来るー」、って言って朝ご飯も早々に出かけて言ったじゃんよ」

芳川「こんな朝早くから元気に出かけれるなんて、子どもって羨ましいわねぇ……」

黄泉川「だから、頼むじゃんよー」

芳川「面倒だけどしょうがないわね、分かったわ、起こしてくる、あ、今日の朝ご飯は何かしら?」テクテク、ピタ

黄泉川「今日は和風に焼き魚じゃん」



~廊下~



芳川(焼き魚、って言ってもどうやって焼くのかしら……?)テクテク

芳川(生のまま魚を炊飯器の中に入れてスイッチを……?)テクテク

芳川(となると、炊飯器の中が生臭い、って事にも?……)テクテク

芳川(大体、調理時間の微調整がでk、あらいけない、通り過ぎちゃったわ)テクテ、ピタ、クル、テクテクテクテク

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

「……なンだァ? はちみつパック?」

620 : 「……なンだァ? はちみつパック?」1/7[saga] - 2010/05/08 13:01:54.32 n8cQH/go 1/7


その日。
一方通行は少々苛立っていた。
別に深刻な事情があるわけではない。ないのだが、初めて体験する“これ”は、どうにも鬱陶しくて仕方ない。

「どうかしたの、一方通行。……あらあなた、ひょっとして唇荒れてる?」
「……あァ」

声をかけてきた芳川に、唸るように応える。
なるほど、これが『唇が荒れている』という状態なのか。
未体験の事態について、一方通行はようやく把握した。

それと同時、唇のカサつきがさらに増したような気がしてやけにカンに障る。
乾燥しているからには湿らせればよいはずなのに、先ほどから舐めても舐めても治らないのだ。
それどころか、余計ひどくなっている気さえする。

「以前のような『反射』ができなくなってる影響が、こんなところにも出ているのね」
「……うるせェ」
「あら怖い」

その件について、他人にあれこれ言及されたくはない。……色々な意味で。
じろりと睨み付けると、芳川はわざとらしく肩を竦めた。
どうも最近、この元研究者の女から舐められている気がしてならない一方通行である。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

昼寝と添い寝と昼下がり

606 : 昼寝と添い寝と昼下がり 1/7[] - 2010/05/08 01:01:24.66 /b4PDP.o 1/7

「もう寝たかな? ってミサカはミサカは二人に確認してみたり」

「アイツは普段からそんなに活発に動かないから良く分からないじゃんよー」

「あら、でも少し寝息みたいな音が聞こえるわよ?」

部屋のドアを少しだけ開いた隙間から三つの目が一方通行を覗き込む。
一方通行が寝ていると確信したのかドアを静かに開き三人の同居人が室内に侵入してきた。

「ヨミカワ、ちゃんと準備は抜かりない?ってミサカはミサカは念を押してみる」

「ばっちりじゃんよ!」

そういう黄泉川の手にはデジカメが握られており、
打ち止めにレンズを向け予告なしにシャッターを切る。

「ッ!? ちょっとヨミカワいきなり撮るのは反則だよ! ってミサカはミサカは写真写りを気にしてみる!」

「大丈夫だって。ほら、可愛く取れているじゃん?」

何のためにわざわざ物音を立てずに慎重に部屋に入ったのか。
横でギャーギャー騒ぐ二人に目を向け、芳川は溜息をもらす。

「2人とも五月蝿いわよ・・・・・・。一方通行が起きたらどうするの?」

「おーおー、最初はなんだかんだ言ってたのに桔梗が一番ノリノリじゃん?」

注意されたことを棚に上げ、黄泉川はニヤニヤした表情を浮かべそういいはなった。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文