【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレまとめ」【超電磁砲】

『とあるシリーズSS総合スレ』で書かれた作品を紹介します。SSまとめサイト『あやめ速報』の姉妹サイトです。

RSS はてブ Facebookに投稿
ヘッドライン

ショタフィアンマ「今日はらっきーでいだ!」

587 : ショタフィアンマ「今日はらっきーでいだ!」 1[] - 2010/05/07 20:36:22.50 Eh3M5RMo 1/4

フィアンマ「きょうはらっきーでいだ!あれをとりにきてみたら、いまじんぶれーかーまできたんだからな!」

上条「…………誰だよこいつ」ジリッ

キャーリサ「神の右席の一人、右方のフィアンマだし」

フィアンマ「おいおい、じこしょーかいぐらいじぶんでやらせろよ」

上条「………何!?」

上条(……そんな、馬鹿な!いくらなんでもそれはないだろ…!)

上条「………なぁ、もう一度聞いていいか?」

キャ「どーした?手早くすませろだし」

上条「………こいつが、神の右席なのか?」

フィア「なんだよしんじられないのか?」

上条「………いやだってねぇ」


上条「こいつ、絶対インデックスより年下だろ?こんな奴が右席な訳がないだろ?」


フィア「…………」

フィア「………おれさまをばかにしたな?いまじんぶれーかー!」グワン!!

見た目小学生のフィアンマの背中から不自然なほど大きな爬虫類の腕が生える。

上条「ッ!?……」バチィイ!!

反射的に右腕を伸ばす。気付いた時には上条は右手で何かを消したようだった。
しかし、その消した「何か」は何だったのかすぐ知る事になる。

フィア「おおおおおゥゥゥゥあああああああああああああッッッ!?
    おっ、おれっ、おれさまの『せいなるみぎ』がっ!?
    このよにふたつとないおれさまスペシャルカスタムが―っ!」

そう叫びながらあわてる姿はまるで年相応の子供だ。

上条「……キャーリサ、もう一度いいか?」

キャ「………何だし?」

上条「………こいつ本当に右席なのか?」

キャ「……自信がもてなくなった。一回諜報部隊を解体してやりなおそーかと考えてる所だし。」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

ミサカ19696「この生活、他のミサカには味わえまい・・・。」

576 : ミサカ19696「この生活、他のミサカには味わえまい・・・。」[] - 2010/05/07 19:40:53.65 wV7ji6Uo 1/4

1以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19696
サバイバル生活早半年。そろそろこの生活にも慣れてきました。

2以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:14612


3以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:18745
サバイバル生活・・・?ってどんな生活してるんだ?

4以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13247
ちょっと、感覚共有してみたいかもしれん・・・。

5以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19696
了解。解放します。

6以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:14612
え、うお・・・なんだこれ、お前河川敷に住んでるのかよ・・・。

7以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:16457
つーか、ここドコだよ!河川敷って事は都内だろうけど・・・なんだこりゃ、ホームレスみてぇじゃんか。

8以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19696
ご察しの通り、ホームレスです。他のミサカとは違い家なんて温室じみた物なんてありません。

9以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:13247
すげー!河川敷に家がある!行ってみてぇ!これ、どこ!!

10以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12475
>>9
>>1も変わってるが、お前も相当変わってるな・・・。

11以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:19696
場所は言えませんが・・・まぁ、感覚共有していけば分かるのではないでしょうか?

12以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:17485
生活保護受けろよ・・・研究員に言えば保護されるぞ、これ・・・。

13以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:12456
うわぁ、感覚共有した瞬間 お前虫潰しやがったな・・・うげぇ。

14以下、名無しに変わりましてミサカがお送りしますID:11574
警告 この感覚共有はそれなりの耐性を持ったミサカのみ共有しなさい。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

美琴「イ、インデックス?///」

543 : 美琴「イ、インデックス?///」 0/23[sage] - 2010/05/06 23:39:53.32 V6l67RMo 1/25


【!百合・キャラ崩壊注意!】



美琴「イ、インデックス?///」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272970404/
の続きになります。

あらすじ
とある日曜日、美琴とインデックスはデートをすることになりました。
第四学区でご飯を食べて、第三学区地下街でスイーツを食べて……。
後ろから上条に見守られているとは知る由もなく、二人はそのまま地下街を歩きまわります。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

一方通行「リップクリームだぁ?」

530 : 一方通行「リップクリームだぁ?」[sage] - 2010/05/06 22:44:04.84 W5zcoYAO 1/5

一方通行「おい、打ち止めァ?」

打ち止め「なに~?ってミサカはミサカは鏡を見ながら答えてみたり」ヌリヌリ

一方通行「ちょっくらコンビニ行って……なにやってンだぁ?」

打ち止め「リップクリーム塗ってるの!ってミサカはミサカは最近空気が乾燥してることに不満を感じてたり」

一方通行「リップクリームゥ?そンなもン別にいねェだろ?」

打ち止め「乾燥は乙女の敵なの!ってミサカはミサカはカサカサにあれてるあなたの唇を気にしてみたり!」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

とある休日の黄泉川家

439 : とある休日の黄泉川家(1/6)[saga] - 2010/05/05 22:20:12.07 /sHk.Y.0 1/6


 まさか、自分がピクニックなどというふざけたイベントに参加するはめになるとは思わなかった。
 一方通行は重いため息とともに、その体をシートに預ける。
 隣ではしゃぐ打ち止めはシートベルトを装着していなかったので、横目で見やって彼は仕方なしに、
 「おいガキ、シートベルトつけろボケ」と注意した。
 いそいそとシートベルトを引っ張る打ち止めを確認しながら、
 一方通行はどうしてこんなことになってしまったのかと思案に暮れる。
 そもそも、こういうイベントは自分にはまったく似つかわしくない。
 たとえるなら死神が結婚式に出るようなものであって、彼からしてみれば、

 なぜ自分のような闇の住人が華々しい光の行事に参加するのだろう、
 
 と疑問を抱かずには入られないのである。

 ――ねえねえ、今日はピクニック日和だねってミサカはミサカはみんなに提案してみる!

 たしか、朝起きてリビングに行った矢先に打ち止めがそう宣言しているのを聞いたのだった。
 ああそうですか、となおざりに返した一方通行だったが、その他の皆さん――、
 つまりは黄泉川と芳川が打ち止めの提案に賛成したことでピクニックに狩り出される運びとなった。
 彼は芳川の微笑みを思い出し、ぎり、と奥歯を噛む。あれは完全に遊ばれていたと思う。

 運転手である黄泉川は鼻歌まじりでスピードを上げた。楽しくて仕方がないらしい。
 数分ごとに「いやあ、この年になってピクニックに行くとは思わなかったじゃん」だの、
 「義務付けられてる学校行事とはまた違ったゆるい楽しさがあるね」だの、
 挙句の果てには「実はこの車、ピクニック用のレジャーシートもばっちり装備してるんだよなあ」と言い始めている。
 とどのつまり、彼女は嬉しくてたまらないのだろう。
 ここまでくると、空気を壊すように「俺を途中で降ろせ、歩いて帰る」だなんて言えるわけがない。

「ずっとだんまりしてるけど、もしかして嫌だった? ってミサカはミサカは無言を貫いているあなたを気遣ってみる」

 打ち止めが一方通行を見つめて言った。気遣ってみる、という言葉のわりに、彼女の顔は明るい。
 一方通行がここで嫌だと言わないであろうことを、彼女はちゃんと理解している。
 チッ、と一方通行は小さく舌打ちをした。壊せるわけがない、こんなおだやかでやさしい日常を。
 そこに自分が組み込まれていることを除けば、一方通行が望んだものに違いないのだから。

「嫌じゃねェ。眠ィだけだ」

 一方通行の返答に満足した様子で、打ち止めがぱあっと笑った。やり込められたな、と思ってしまう自分が情けない。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

垣根×麦野

422 : 垣根×麦野 1/6[saga] - 2010/05/05 21:48:26.66 00slXHU0 1/7


突如、麦野の周囲に現れた青白く輝く光線は、空気中に放たれた拡散支援半導体(シリコンバーン)にぶつかり四散した。
垣根は能力で発現させた白い翼で自身を包み込む。超高速で宙を駆ける無数の細い光線が白い翼へ容赦なく降り注ぐ。

ドガガガガガッ!!

人の手から離れて幾年も放置されていた廃工場の中に凄まじい轟音が鳴り響いた。
床に蓄積されていた埃が風にまう。麦野は鼻をむず痒くさせる空気に思わず舌打ちをした。
白い翼と粒機波形高速砲の衝突で生まれた煙が辺りに広まり、やがて薄れていく。


「あっぶねえな。突然襲ってくるなんて、フェアプレーって言葉知らないのか? 原子崩し」


煙の中からゆらりと1つの影が動いたのが見えて、麦野が眉をしかめる。
白い翼にぶつかって進路を強制的に変えられた光線は、廃工場の壁にいくつもの穴を作っていた。
それらの穴から、轟っ、と強い風が廃工場の中に流れてくる。
煙も埃も一瞬にして風に攫われて、麦野と垣根の視界は急にクリアなものとなった。


「チッ、殺り損ねたか」


取り逃がした獲物が姿を現したことを確認した麦野は、鋭い眼光を垣根へと突き付けた。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

「もう駄目だ告白する」

420 : 1/1[sage] - 2010/05/05 21:39:04.34 /s8bVNoo 1/1

「もう駄目だ告白する」

1以下、名無しに変わりましてミサカがお送りします ID:Misaka10764
好きだ>>2

2以下、名無しに変わりましてミサカがお送りします ID:Misaka17777
上条は俺の……




えっ

3以下、名無しに変わりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
もうやめて俺は異端なんでしょそっとしておいてよ俺と一方通行のじゃましないでよ……





あれ?

4以下、名無しに変わりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
抜け駆けは許さない





はっ?

5以下、名無しに変わりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
修羅場と聞いてネクタイと靴下……





わっ///



以上、お粗末さまでした

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/

流浪人

385 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/05/05 19:08:42.71 PPlbhVwo 1/21

――東京都多摩地方を中心に埼玉、神奈川、山梨を拠点に学園都市という閉鎖された空間があった。

だが5年前――学園都市にて内乱が勃発、絶対的な力を誇っていた科学の敗北は不可思議な力や魔術、核兵器といった類ではなく

人間の絶望から歩みを進める『意志』によって打ち砕かれた。

学園都市崩壊後、瓦礫の山から芽生えた息吹は『学術都市』と名を変え、以前より外界との交流が盛んな巨大都市として姿を変えていった。

当時の蜂起した学生は学術都市の要職に就きその殆どが能力を使わずに暮らしている。

能力開発も殆ど無くなり…いつしか人々は『異能の力』を忘れていった…

5年前の動乱――比類なき強さを誇り、動乱の終わりと同時に姿を消した第一位の伝説を残して……



「一方通行!!」


とうに日の暮れた学術都市の外れ――閑静な住宅街に声が響く

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

『超能力者だぞえ!美琴ちゃん』

380 : 『超能力者だぞえ!美琴ちゃん』1[sage] - 2010/05/05 17:50:07.40 WkHunMk0 1/4

常盤台中学2年の美琴ちゃんは超能力者だよ!ひとたび事件が起きれば得意の超電磁砲で大活躍!
事件が無い時はゲコ太やその他のことを考えてるから大丈夫だよ!

『美琴ちゃん、朝から事件解決!

「最近事件が無くて暇ったらないわぁ~。ちょろっとー、舌でも噛みきりなさいよ黒子~」

「ご、ごめんですの!平凡な毎日を享受しましょうお姉さま!」ガーン

「ん?何か皆さん盛り上がってますのお姉さま」

「何かあったのかしら?」

「初春、何がありましたの?」

「今日、新しいルームメイトがやってくるんですよ。それで佐天さんと噂してたんです」

「ルームメイトだそうですわお姉さ(シュピーン!)あっ!お姉さまの目が急に鋭くなりましたわ!」

「こわっ!あ、あの目はお姉さまが事件で大活躍する時の目ですの!」ドキドキ

「この特徴からお姉さまは別名『何その目、こわっ!』の異名を持つんですの!」ドキドキ

「でもまだ事件は起きてませんわ!まさか新たなルームメイトに事件の匂いを感じ取ったんですの!?」ドキドキ

「いったいどんな事件が起こるっていうんですの―――!?」」ヌギヌギ





「違いますの、変態じゃありませんの」ピッ

「ちょっ、通報しようとしないでくださいですの!携帯をおしまいになって!」プルルル

「わたくしはただ、お姉さまの前で下半身を露出させてると何か興奮することに気がついただけなんですの」プルルル

「変態じゃありませんの!仮に変態だとしても変態という名の淑女ですの!!」プルルル

「もうしませんから、通報はやめてくださいまし」プルルル

「でも私、通報するのが好きで超能力者やってるとこあるから……」プルルル

「お願いですの!やめてくださいませ!こんな事でいちいち警備員を呼ばれてたらわたくしもう寮やトイレでしかパンツ脱げないじゃありませんの!」プルルル

「じゃあそうねぇ、今日一日、アンタの生活態度を見て真面目におとなしくしてたら寮監に引き渡すのは止めてあげるわ」

「りょ、寮監!?警備員では!?」ガーン

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

魔神になれなかった男は(ry

359 : 魔神になれなかった男は(ry 1[saga] - 2010/05/05 09:25:50.07 1WRZ9X2o 1/4

魔神になるはずだった男、オッレルスが学園都市から戻ってきた。


ただし、その肩には今回の目標であった最大の原石を抱えていた。

それを玄関で確認したシルビアがした事は単純。
香港映画よろしく思い切り股間めがけてけり上げた。
「また連れてきたかああああああ!!」ゴッ

「ぐおああああああああああ!!」カキーーン!!

「五月頃だったかな?あんたが100名近くの子供を連れてきたのは?」

悶絶して床を転がるオッレルスを見下ろしながらシルビアは言う。

「あんたがそういう奴だって事はわかってたつもりだったけど……。」

「…………ただでさえショタコンにロリコンなのに…………今度はガチホモ?」

「………………ち、ちっがああああう!!」ガバッ

シルビアがボソリといった不穏な?単語の羅列に自分が誤解されてるのではないのかと思ったので、全力で否定する魔神(仮)。

「いやだからですね最大の原石が学園都市に何されてるか分からないからとりあえずこちらでかくまって様子を見ようというですね!」

「お前がナニしてるんだよ!!これただの誘拐だからな!?」ガバッ

「ひぃ!?」ビク!

シルビアが再び蹴り上げようとするフェイントを行った。それだけだがオッレルスが反応して思い切り身体を縮めた。
もう蹴られるのはごめんだ、と話を逸らそうと苦し紛れにオッレルスは声を出す。

「と、とりあえず第七位は……?もう連れてきたし…?ねぇ?」

対してシルビアが下した判断は単純明快。

「捨ててきなさい!」

「ひいいいいい!冷血女ああああ!!?」

オッレルスはこれ以上何か反抗したら死ぬんじゃないかと本気で感じた

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

佐天「私は小説家!!」

365 : 佐天「私は小説家!!」 1/3[] - 2010/05/05 11:13:13.98 GhPYyyIo 1/3

佐天「小説家になる!」

初春「はい?」

佐天「時代は小説だよ!初春!」

初春「何言ってるんですかー、佐天さんって文字書きとかしましたっけ?」

佐天「これから書くんだよ!昨日ね、『できる!文字書き 小説マスター』っていう本を読んだら、創作意欲沸いちゃってねー。」

初春「はぁ、まぁ止めませんけど。頑張ってください。」

佐天「うん!応援してね、初春!!」

初春(大丈夫かなぁ・・・。)


佐天「そうと決まれば、早速ネタ探し!学園都市なんてネタの宝庫だもんね!」


第七学区第三公園。

佐天「うーん、なんか面白い出来事無いかなぁ。」

打ち止め「ミサカはミサカはアレが欲しいの!!」

一方通行「はァ!?ふざけんな!どこに5000円もするクレープを買う奴が居るんだよ!?」

打ち止め「むー、金額なんて関係ないんだよって、ミサカはミサカは上目遣いをして貴方を誘惑してみたり。」キラキラキラッ

一方通行「う・・・。」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

19072号「どうしてこんなものが……」

124 : 19072号「どうしてこんなものが……」[sage] - 2010/05/03 17:35:14.30 iZs633A0 1/59

19072号「……」

じぃー

19072号「……」

…つんつん

19072号「……おおぅ」

……ふにゃ

19072号「///」

………くりくり、ふに
シャキーン

19072号「 」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

ショタ一方「木原くゥゥン!」木原「あぁ?」

231 : ショタ一方「木原くゥゥン!」木原「あぁ?」1/10[sage] - 2010/05/04 07:36:57.15 oVNyb6AO 1/10

ショタ一方「木原くン、今日何の日か分かってンの?」

木原「あぁ? 25日じゃねえの?」

ショタ一方「……木原くンのバァカ!」

木原「なーんてなあ! ほぉら、誕生日プレゼントだ!」

ショタ一方「木原くゥゥゥゥゥンだァい好きィィ!」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/


続きを読む

ちょっと会話置いていきますよ

222 : ちょっと会話置いていきますよ[sage] - 2010/05/04 01:45:44.58 NlwC.4Uo 1/7

上条「麻雀・・・?」

美琴「そうよ!もうあんたと能力で勝負してもしょうがないから、麻雀で勝負よ!!」

黒子「はぁ・・・なんで私まで・・・。」

美琴「面子足りないんだから、しょうがないでしょ!」

上条「はぁ・・・何故こんな事に。」



美琴「来たわ!ロン」ビリビリバリーン(感覚的には麻雀格闘倶楽部)

上条「上がるたびに雷落とすのやめろ!!」


もちろん、上条さんはあがる所か、赤ドラすら配牌に来る事ありませんでしたとさ。
黒子はイカサマしたい放題っぽいけど・・・。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/


続きを読む

とある禁書の昔噺し~桃太郎~

207 : とある禁書の昔噺し~桃太郎~ 1/8[saga] - 2010/05/04 00:44:11.55 F52c/eAo 1/8

 むかしむかし、あるところに。

 ほんの一時期スキルアウトを束ねていた不良と、暴走状態でしかまともに能力使えない上に壊れそうになった馬鹿な少女がいました、とミサカはミサカは説明してみたり。

浜面「おいてめぇ!ナレーター!表出ろ!」

 キャーこわーいっ!ってミサカはミサカはナレーションに怒鳴ってくる人形をからかってみたり。

滝壺「はまづら?誰に向かって叫んでるの?」

浜面「い、いやなんでもねぇ……」

 ぷっ、てミサカはミサカは無能な浜面に対して嘲笑してみたり。

浜面「…………」ピクピク

滝壺「はまづら、眉間をピクピク動かして、どうしたの?」

浜面「……なんでもねぇよ…………!」

 と、こんな風に村の外れで二人は仲良く暮らしていました、とミサカはミサカは説明してみる。

 そんなこんなで、浜面は山へ芝刈りと、市へ食料の調達と、川へ洗濯と、『六枚羽』の破壊と……

浜面「多っ!?っていうか昔話なのになんで『六枚羽』の破壊をしなくちゃいけねぇんだよ!?」

 まぁまぁ面倒だから、とミサカはミサカは浜面の説明請求を断ってみる。

滝壺「……はまづら、大丈夫」

浜面「ああ……滝壺、お前も手伝って――」

滝壺「大丈夫、はまづら。もし死んでも、路線的にはあまり関係はないから。でも、そんなはまづらを応援してる」

浜面「……どうも…………」

 そうして浜面はまず、川へ洗濯しにいくのでした。とミサカはミサカはとりあえずの路線に満足してみたり。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/


続きを読む

こども天長

196 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] - 2010/05/03 23:42:19.28 f8vwaIMo 1/2

なんかふと思いついて書きなぐった一発ネタを投下

「こども・・・天長?」

上条は言葉の意味を理解できないといった表情で神裂の顔を見返す。
一瞬ふざけているのかとも思ったが、神裂はそんな上条の視線を一切無視し加藤清史郎を眼前に捕らえたまま逃がそうとはしない。

「そのままの意味です。天長・・・天とはすなわち天使を指します。天使の長。それが目の前の子供の正体です」

神裂は七天七刀に手をかけ今にも清史郎に切りかかりそうな常態だった。
否、彼女は清史郎を目視したときからすでに幾度と無く刀を抜こうと試みている。
それをいまだに実行できずくすぶっているにいること自体が彼女に目の前の少年が天使長であることを嫌というほど認識させる。

「おかしいとは思いませんか?あのようにどこでもいるようなただの子供がなぜ今のようにもてはやされているのか」

神裂はあくまで清史郎から目を離さずに口を開く。

「いやっ、つっても子役なんて普通そんなもんじゃ・・・」

「確かに何の特徴も無い子役がもてはやされること自体はそうかもしれません。しかし、目の前の彼はむしろ人をイライラさせる。それなのにもてはやされることに対して疑問を持たないんですか?」

上条はハッとした。確かにCMでこども店長を見るたびにどこかで悪意のようなものが目覚めるような気持ちになることがある。
気づいたときにはチャンネルを変えようとリモコンに手を伸ばすこともしばしばだ。

「そんな子供が今の地位にいる・・・答えは簡単です。天使の長ほどの天使の力を直に当てられて周りの人間が正気を保てると思いますか?」

「つまり、正常な思考を失った周りの人間をうまくコントロールしていたってのか?」

「そうなりますね・・・。それならテレビ越しに見ているだけの私達が彼を見て苛立ちを感じるのも納得できます。天使の力とはいえテレビ越しに届くようなことはありませんから」

「そこまでばれているのでは仕方がありませんね・・・」

清史郎が初めて口を開いた。 と、同時に清史郎の背が我そこから光が当たり一面にあふれる。
あまりの光に目を開けていることができない。いや、あけていられてもこの光の中ではその行為自体が無駄だろう。
瞼越しに眼球を刺激する光がだんだんと弱くなり、おそるおそる上条は目を開く、するとそこには目を閉じる前と同じ位置に神裂と清史郎がいた。
違うこと問いえっば、清史郎の割れた背から六枚の羽が生えていることだけだ。

「まさかこんなに早く私の存在に気づく人間がいるとは。だが、まだこのことを公にされては困るんだ・・・悪いが君達にはおpwぷらて貰おうか」

清史郎の言葉が一部モザイクを書けたように聞き取れない言葉となり鼓膜を揺らす。
ふむ、こんな情報も地上の言葉では表現できないのか。と清史郎は少し悩み再び口を開く

「いや、すまないね。君達に分かりやすく伝える言葉を探したんだが、君達の言葉では一番しっくり来るのはこれだろう・・・」

そういうと清史郎の六枚の羽がすべて後ろに大きく羽ばたき力強く空を仰ぐ。 するとそこにいたはずの清史郎の姿が消えいつの間にか上条と神裂の間辺りに姿を現した。

「減税対象だ・・・」

自転に置き去りにされたように上条の体が背後に飛んだ。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

9969+1

99 : 9969+1 (1/12)[saga] - 2010/05/03 13:14:37.96 14./Jzs0 1/12


(映画館…ですか、とミサカ10032号は上位個体の突然の質問に首を傾げます)

(そう。ミサカ10032号は行った事ある?ってミサカはミサカは重ねて質問してみる)

(残念ながらこのミサカには経験がありません、とミサカ10032号は回答します)

(そっかあ。ミサカ達の中だったら10032号が一番可能性があるかなって思ったんだけど、ってミサカはミサカは残念に思ってみたり。

 他のミサカはどうかなぁ?ってミサカはミサカは下位個体達に質問してみるんだけど…)

(ミサカも行った事はありませんが、研究所の前に映画館があるので宣伝画像は毎日見れていますよ、とミサカ18022号は自慢します)

(何ですかそれは18022号。スイスの研究施設はそんな素晴らしい立地条件なのですか、とミサカ17009号は憤慨します)

(ズルイです感覚共有すべきです、と同オーストラリア在住のミサカ17010号も訴えます)

(見渡す限りの牧草地帯と羊まみれのミサカ17009号と17010号にはお気の毒だけれど、

 それより実際に映画館に行ったことある個体は居ないのかな、ってミサカはミサカは再度質問してみるよ!)

(………)

(………)

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

御坂妹16542号「はぁ……上条当麻に会いたいです、とミサカは……」

77 : 御坂妹16542号「はぁ……上条当麻に会いたいです、とミサカは……」1/7[] - 2010/05/03 03:03:29.10 ZKLZ4u2o 1/7

御坂妹16542号「はぁ……上条当麻に会いたいです、とミサカはセンチメンタルに陥ります」


16542号「とはいえミサカはドイツの研究所にいるわけですから
      そう簡単に会えるはずもありませんよね……とミサカはため息をつきます」 ハァ

16542号「休日の申請もことごとく却下されていきますし……
      理由:『里帰り』のどこがいけないんでしょう、とミサカは首をひねります」

16542号(はぁ……会いたいです、上条当麻) トボトボ

16542号(気晴らしにミサカネットワークでものぞきましょうかね)

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

一方通行「あれから一年か......」美琴「早いもんね......」番外編

49 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] - 2010/05/03 01:41:33.86 8xubnwQ0 1/6

いきなり投下ァ!舞台は自分のスレ(※)で新しく始まった物語の約二、三年後。
※一方通行「あれから一年か......」美琴「早いもんね......」


朝、七時


「ほら!サッサと起きなさい!」


「う~、お姉様の意地悪って、ミサカはミサカは布団にもぐりこみながらアタッ!?」


ズビシ!と布団に潜り込もうとした打ち止めに、美琴によるチョップが繰り出された。
頭に直撃し、頭を抑えながら涙目になる打ち止め。
その間に打ち止めの友たる布団はとっぱられていた。


「ほら!学校間に合わなくなるわよ!」


「むぅー、仕方ないから着替えるってミサカはミサカはパジャマを脱いでみたり......」


お気に入りのゲコ太パジャマ(ちなみにあの人はダサいと言っていた)を脱ぎ、常盤台の制服に身をつつむ。

打ち止め、十三歳。
常盤台中学ニ年生である。


 

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む

垣根「……なんで生きてんだ、俺」

27 : 垣根「……なんで生きてんだ、俺」[] - 2010/05/03 00:43:15.51 Ia9Kyzk0 1/16

初めに言っておく――期待はするな。
未完成だし、マジで最初しか書いてないヤツだから。
それでも良いなら、時間つぶしにヨロシク。
ちなみにメインは垣根ね。それでは、どうぞ。




 ――衝撃が、世界を蹂躙していた。

 吹き荒れる暴虐の嵐は地を裂き、天を別つ。
 比喩ではない。少なくとも、地下街という閉鎖された空間に於いては。
 地に向けて放たれた打撃は各階層を隔てる地盤を割り、天に伸びた斬撃は天井に裂傷を刻む。
 
 無骨な棍棒が。流麗な白翼が。

 交差する度。破壊の爪痕は徐々に範囲を拡大していく。

「オラァ!!」

「むん!!」

 気勢と共に振るわれた棍棒と白翼は、一際強烈な衝撃波を辺りに撒き散らした。
 僅かな均衡の後、それを担う者達は互いを振り払うかのように距離を取った。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ2冊目」【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1272803763/
続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文