716 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/09 00:35:11.50 7zLYXADO 1/24

――放課後――

――ガラッ

上条「あれ? 姫神が放課後まで残ってるのって珍しいな」

姫神「うん。委員会の仕事でね」

上条「ふーん、そっか」

姫神「上条君はどうしてここに?」

上条「俺か? 俺はやっと補習から解放されて鞄を取りに来たんだよ」

姫神「そう。お疲れ様」

上条「まぁいつものことだしな。それより姫神の仕事はまだかかりそうなのか?」

姫神「多分。でもなんで?」

上条「忙しそうだから手伝おうと思ってさ」

姫神「……、手伝ってくれるならお願いしようかな」

上条「おうよ。雑用から術式破壊まで難なくこなす上条さんが手伝えば100人力ですよ」

姫神「術式?」

上条「ん? あ、ああこっちの話だ。で、俺はなにをすればいいい?」

姫神「えっとね――」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-5冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1275661269/
718 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/09 00:36:55.75 7zLYXADO 2/24

上条「――よし、これで片付いたな」

姫神「思ったより時間かかったみたい。ごめんね」

上条「俺が勝手に手伝いを申し出たんだし姫神が謝ることないだろ?」

姫神「でも……」

上条「それに俺が手伝わなかったらもっと時間かかってたってことだろ? 最近日が落ちるのも早くなってきたし、女の子を1人で帰すのも危ないしな」

姫神「……、私。存在感ないからきっと大丈夫」

上条「ん? なに言ってんだ姫神? 人の気がつかない所で気配りが出来る人間が存在感ないわけないだろ?」

姫神「そんなことない。私はメインヒロインじゃないモブキャラから……」

上条「……。よし、良いこと考えた!」

姫神「?」

上条「これから俺とデートしようぜ!」

姫神「か、上条、君と?」

上条「そうだ。主役でヒーローは俺で、そのヒロインが姫神だ。俺は姫神とデート出来て存在感をバリバリ感じる。そして姫神はモブキャラじゃなくて俺のメインヒロインだ! どうだ、完璧だろ?」

姫神「……、」

上条「あ、やっぱり俺なんかじゃ駄目でせうねすいません」

姫神「か、上条君とが、いい! 上条君じゃないと、いや……」

上条「ほんとか!? よしじゃあ早速行こうぜ!」

姫神「うんっ」

719 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/09 00:37:52.96 7zLYXADO 3/24

タイトル思いつかなかった。まぁこの後はデート編に続いたり続かなかったりするわけですが

743 : とある学生たちの放課後[sage] - 2010/06/09 02:01:09.95 7zLYXADO 4/24

――学校外――

姫神「上条君。デートって具体的になにをするの?」

上条「へ!? 姫神はしたことないのか?」

姫神「……、うん」

上条「デートって言うのはだな、あー、えーっと、それはだなぁー……うーん、あれ? なにするんだろ?」

姫神「それ。私が聞いたの」

上条「過去を振り返ってみれば上条さんはデートらしいデートをした覚えがないわけで……」

姫神「ほんとに?」

上条「ほんとだって! 女の子と2人で歩く機会があったにしても、なんか振り回されたり巻き込まれたりで落ち着いて歩いた試しがない」

姫神「私とは落ち着ける?」

上条「多分大丈夫だ」

姫神「多分?」

744 : とある学生たちの放課後[sage] - 2010/06/09 02:02:05.72 7zLYXADO 5/24

上条「それはその……若干緊張してるからと言いますか、ドキドキと言いますか……たはは」

姫神「それなら大丈夫。私もドキドキしてるから」

上条「お、おうそうか」

姫神「……」

上条「……」

姫神「……」

上条「……あー、そうだ。今何時か分かるか姫神?」

姫神「5時ちょっと過ぎ」

上条「5時か……それじゃあちょっと早いけど飯食いに行こうぜ」

姫神「いいけど。家の晩御飯がちょっともったいないかな」

上条「腹が減っては噛み付きに勝てないって言うだろ?」

姫神「聞いたことないけど」

上条「……。とにかく俺は姫神と飯を一緒に食べたいんだ。これはきっと立派なデートだと思うぜ」

姫神「うん。分かった。ご飯食べにいこー」

上条「いこー」

745 : とある学生たちの放課後[sage] - 2010/06/09 02:02:56.16 7zLYXADO 6/24

――とあるファミレス――

上条「しっかし、女の子って不思議だよなぁ……」

姫神「なにが?」

上条「一応、腹一杯ご飯食べてさ、その後にそれと同じくらい重いパフェを普通に食べるわけだろ?」

姫神「甘いものは別腹」

上条「ほんとにそう思うくらい不思議だよ。でも美味しそうだし気持ちは分からなくもないけどな」

姫神「……、上条君も食べる?」

上条「いいのか?」

姫神「うん。はい」

上条「ぬっ!? これは俗に言う『あーん』ってやつですな!?」

姫神「口調が変になってるよ。食べないの?」

上条「食べる食べたい食べたいですの三段活用ですの」

姫神「やっぱり変。はい、あーん」

上条「あ、あーん」

746 : とある学生たちの放課後[sage] - 2010/06/09 02:03:42.98 7zLYXADO 7/24

姫神「どう?」

上条「うまい!」テーレッテレー

姫神「良かった」

上条「でもこれって間接キスだよな」

――ガシャン!

上条「お、おい。いきなり肘がテーブルから落ちたけど大丈夫か?」

姫神「へ、平気。少し驚いただけだから」

上条「そうか、気をつけろよ?」

姫神「う、うん。間接、キスもデートっぽくていい、かな」

上条「間接キスって……あ」

姫神「自分で言ってて気がつかなかったの?」

上条「そうみたいだ……」

姫神「酷い男。それで何人の女をたぶらかしたの?」

上条「なっ、(自称)紳士上条さんはそんなことした覚えはありません!」

747 : とある学生たちの放課後[sage] - 2010/06/09 02:05:07.67 7zLYXADO 8/24

姫神「……」ジトー

上条「うっ、たまにさっきみたいに気がつかないで変な誤解を招くようなことを言ったりやったりしてるみたいだけど……」

姫神「自覚。あったんだ」

上条「皆に殴られたり溜め息吐かれたり、白い目で見られたりしてればいくら鈍感な俺でも気付くさ」

姫神「元気出して」

上条「はは、なんだか世の中の理不尽に押しつぶされそうになってきましたよ……」

姫神「そんな時こそ甘いもの。はい、あーん」

上条「あーん」

姫神「アイスの所だったけど少しはスッキリした?」

上条「ああ、嫌なこと全部吹っ飛んだよ」

姫神「良かった。でももうあげない」

上条「え……?」

姫神「後は私の」

上条「そ、そうだよな! 元はといえば姫神のだもんな……」

姫神「冗談。はい、あーん」

上条「あーん。うん、やっぱり美味しいな」

姫神「ふふっ」

764 : とある学生たちの放課後2[sage] - 2010/06/09 03:29:57.56 7zLYXADO 9/24

上条「あー食った食った。さて、次はどこに行きますかねぇ」

姫神「私。夜はあんまり出歩かないから上条君に任せる」

上条「女の子が夜にほいほい出歩いちゃいけません。例えレベル5でも」

姫神「レベル5?」

上条「い、いやこっちの話だ。夜か……そうだ、ゲーセン行ってみないか?」

姫神「ゲーセン? こんな時間に?」

上条「こんな時間だからこそなんだよ。夜のゲーセンは……熱いぜ?」

姫神「……、どんな風に?」

上条「そうだな、猛者より1つ格の下がる強者が集まるんだよ」

姫神「?」

上条「学園都市って基本的にはほとんど学生だろ? だからやっぱり放課後の時間帯に人が集まるんだよ。そこに強者がいるんだ」

姫神「でも。なんで猛者じゃなくて強者?」

上条「猛者ってのは時間帯問わずさっと現れてはすぐ消えるのさ。それに比べて強者は自分を見せるために人の集まる時間帯に現れては陣取るんだよ。そしていずれ強者同士が対戦し、周りのボルテージは最高にハイってやつになるんだ」

姫神「なるほど。よく分からないけど分かった気はする」

上条「行けば分かるさ。ま、弱者の上条さんはそいつらの引き立て役にしかならないから手を出さないんですけどね」

姫神「……」

765 : とある学生たちの放課後2[sage] - 2010/06/09 03:31:32.95 7zLYXADO 10/24

上条「で、でもそれ以外にも色々イベントがあるんだぜ。昼間のゲーセンには行ったことあるだろ?」

姫神「友達と何回かなら。」

上条「そん時なにかしらのイベントやってなかったか?」

姫神「……。あったと思う」

上条「それが平日だと夜にやるんだ。それこそ日替わり月代わり季節代わりで色々やってるぜ」

姫神「上条君。詳しいね」

上条「よく土御門や青ピと遊んでるからな」

姫神「いいな」

上条「なに言ってんだよ。これから姫神も遊ぶんだ。羨ましがってる場合じゃないぞ?」

姫神「うん。そうだね」

上条「よし、じゃあ上条さんに着いてきなさい」

姫神「待って!」

上条「ん、どうした姫神。忘れ物か?」

姫神「手。にぎ、らない? デート、らしく」

上条「お、おう。それもそうだな。ごめんな気がつかなくて」

姫神「ううん。私のわがままだから」

766 : とある学生たちの放課後2[sage] - 2010/06/09 03:33:00.35 7zLYXADO 11/24

上条「そんなわがままの内に入らないって」

姫神「そうなの?」

上条「わがままは女のアクセサリーって言うだろ?」キリッ

姫神「……。それを言うなら。嘘は女のアクセサリー。が正解」

上条「うわっ……かっこわる……」

姫神「ドンマイ」

上条「物凄く消えてなくなりたい気分ですよ……」

姫神「それくらいで消えてたら私なんて空気ですらないものになってしまう」

上条「俺はその空気ですらないものになりたい……」

姫神「そしたら私は空気ですらないものより不確かな粒子になるしかない」

上条「なぁ、これ以上下が見つからないからやめにしないか?」

姫神「私もそう思う」

上条「それじゃ、改めて向かいますか」スッ

姫神「うん。れっつごー」スッ

上条「ごー」

798 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:08:03.91 7zLYXADO 12/24

――とあるゲーセン――

上条「うらっ、うらっ」

姫神「抜かせない」

上条「それっ、それっ」

姫神「そのパターンは見切った」

――You Win

上条「……なぜ勝てない」

姫神「上条君は攻撃がワンパターン」

上条「くっそう。ん? 姫神、これやったことないって言ってなかったか?」

姫神「アーケード版は今日初めてやった」

上条「アーケード版はってことは……」

姫神「ゲーム自体は小萌としばらく一緒にやってた。そこで鍛えられた」

上条「なんと」

姫神「アーケード版でコントローラー持つのとは勝手が違うからどうなるか心配だったけど。意外と大丈夫だったみたい」

上条「小萌先生か……それじゃ俺が勝てるはずないよなぁ」

799 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:08:33.16 7zLYXADO 13/24

姫神「小萌がどうかしたの?」

上条「ん、あぁ。あれは姫神がこっちに転校してくる前に、クラスでこのゲームの一作前が凄い流行ったんだよ」

上条「皆がそれに夢中になってさ、クラスの奴らがずっとピリピリした感じになってて、それを見かねた小萌先生はそのゲームやってる奴を一人一人家に呼び出してフルボッコにしていったんだ」

姫神「フルボッコ?」

上条「そうフルボッコだ。それで自信とやる気を喪失した俺達は自然とそのゲームから離れていった。これでクラス雰囲気は元通りなったとさ、おしまいおしまい」

姫神「小萌。やっぱり凄い人。侮れない」

上条「姫神はその小萌先生に鍛えられたんだ、通りで勝てないわけだよ」

姫神「小萌。そんなに上手いの?」

上条「そうだな、さっき例えに出した猛者に小萌先生は入るんじゃないかな」

姫神「それは。驚き」

上条「小萌先生はかつてオランダ代表やミランで活躍したエドガーダービッツに因んで『学園都市のダイナモ』と呼ばれてるんだぜ」

姫神「なんだかよく分からないけど。とにかく凄いんだね?」

上条「そうだな。今度クラスの奴らに話を聞いてみると貴重なフルボッコ体験談が聞けると思うぜ」

姫神「うん。分かった」

800 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:09:03.83 7zLYXADO 14/24

姫神「そういえば。今日のイベントってなに?」

上条「今日はだな……お、あったあった。えーっと、カナミンのコスプレ衣装貸し出し半額だってさ」

姫神「っ! ついに私の時代が来た。これで勝てる」

上条「姫神、急にどうしたんだ……?」

姫神「乗るしかないこのビックウェーブ」

上条「あのー、姫神さん?」

姫神「皆の者、馬を引け! 丘へ向かうぞ!」

上条「こ、こんな神々しい姫神は初めて見るぞ……! なんか俺、わくわくしてきたぞ!」

姫神「それで。その衣装貸し出しはどこでやってるの?」

上条「え、あ、基本はそのテンションなんすね」

姫神「なんのこと?」

上条「いや、なんでもない。それならこっちの通路だな」

姫神「分かった。早く行こう」グイ

上条「あ、おい引っ張るなよ」

801 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:09:39.20 7zLYXADO 15/24

姫神「これはっ……!!」

上条「ん? これは超機動少女カナミンツインスネーク(勝手に考えた第三期の名前)のマインの衣装か」

姫神「上条君。分かるの?」

上条「インデックスがよく見てるからな。大体のことは分かるぜ」

姫神「そういえば。シスターちゃんはどうしてるの?」

上条「インデックスなら今友達の所だな。補習で遅くなるって言ってるし大丈夫だろ」

姫神「友達さんが可哀想な気がするのはきっと気のせいじゃない」

上条「……。にしても、姫神はこういうのに興味あるんだな」
姫神「魔法少女は全ての女の子の憧れ」

上条「そんなもんかね?」

姫神「絶対にそう。男の子が戦隊物に憧れるようなもの」

上条「お、確かに言われてみればそうだな」

―――

「ねーねー、まだ食べたりないかも」

「はァ? 一体お前の胃袋はどォなってンですかァ?」

「海よりも深く、そして広いんだよ!」

「さすがはシスターさんだね! ってミサカはミサカはその食いっぷりに感心してみる!」

802 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:10:07.83 7zLYXADO 16/24

上条「姫神、そろそろいいか?」

姫神「うん。大丈夫」

上条「じゃ、開けるぞ」

姫神「あ、ごめ、まっ――」

――ガラッ

上条「あ……」

姫神「見ないで!」ゴスッ

上条「ありがとうございます!」フゴッ

―――

姫神「えっち。すけべ。変態」

上条「すいません。ほんとにすいません」

姫神「普通。男が開ける?」

上条「開けません。右手が欲求に素直だったみたいですすいません」

姫神「分かればいい。前を締め忘れてた私も悪かったし……」
上条「色んな意味でありがとうございます」

姫神「ちゃんと反省して」

上条「はい……」

803 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:10:34.99 7zLYXADO 17/24

姫神「その右手。没収しようかな」

上条「うぇ!? はは、なんか嫌な汗が流れてきた……」

姫神「え? ……、その。ごめんなさい」

上条「姫神が謝ることじゃないんだ。それより、その衣装似合ってるな」

姫神「ほんと?」

上条「あぁ、まさに着こなしてるって感じだ。その……可愛いよ」

姫神「あ、ありがと」

上条「おう……」

姫神「……、上条君。こういうの好きなの?」

上条「ぶっ!? 違う! 決してそういう訳じゃないぞ!? いつもの制服姿とは違う格好にトキメキを隠せないと言いますかって当麻は当麻はなにを言ってるんでせうか!?」

姫神「上条君て焦るとなんか変になるんだね」

上条「自覚はあります」

姫神「コスプレ好きも?」

上条「自覚は……って違う! どっかのバニー野郎と一緒にしないで!」

姫神「バニー……?」

―――

「ぶぇっくしょん!」

「はまづら、もしかして風邪?」

「最近寒くなってきたしなぁ」ズズッ

「暖めてあげる」

「た、滝壺ぉ!?」

804 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:11:26.27 7zLYXADO 18/24

上条「それじゃ、せっかくだから写真撮ってもらおうぜ」

姫神「うん。……でもちょっと恥ずかしいかな」

上条「大丈夫だって。ここのカメラマン腕良いからさ」

姫神「私のコスプレ写真とか誰得?」

上条「少なくとも俺得だな」

姫神「……、そうなんだ。楽しみにしてて」

上条「おうよ!」

―――

姫神「うう。やっぱり恥ずかしかった」

上条「それにしては最後の方はノリノリでポーズ取ってたじゃん」

姫神「あれは。カメラマンさんが乗せるのがうまくてつい乗ってしまった」

上条「やっぱりあのカメラマン腕良いな。ほら、見ろよ全部可愛く撮ってくれてるぜ」

姫神「かわ、可愛いって。……、上条君相手に商売したら儲けそう」

上条「うっ、俺の財布の主成分が窒素で超埋まりそうです」

姫神「その写真。非売品だから大事にしてね」

上条「あぁ、大事にするよ。……おっともう結構時間経ってるな。そろそろ帰るか」

姫神「うん」

805 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:12:04.41 7zLYXADO 19/24

――帰り道――

上条「いやー今日は楽しかったな!」

姫神「私も。楽しかった」

上条「どうやら上条さんの『デートで姫神をプレンセスに』作戦は成功したみたいだな」

姫神「……。そんな作戦名いつ考えたの?」

上条「ん? いつって最初からだぞ?」

姫神「そうだったの……(ダサいなんて言えない)」

上条「なぁ、姫神。俺は別に皆のメインヒロインにならなくたっていいと思うんだよ」

姫神「どういうこと?」

上条「『皆の』じゃなくて『誰かの』メインヒロインになればいいんだ」

姫神「私はその『誰か』にもスルーされるエアヒロイン……」
上条「あーもう、なんですぐそうやって卑屈になるんですか姫神さんは」

姫神「え?」

上条「姫神は俺のメインヒロインだ!」

姫神「っ!?」

806 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:12:35.75 7zLYXADO 20/24

姫神「それは。今日の設定じゃないの……?」

上条「今日はそのつもりでいた」

姫神「……、今日、は?」

上条「ほんとはもっとデートして仲良くからだと思ってた。でも今の姫神を見てたらそんなのは幻想だった」

姫神「……」

上条「姫神好きだっ! 俺の、俺だけのメインヒロインになってくれ!」

姫神「っ!!」

上条「皆の、誰かのメインヒロインになるなんて俺は考えられない。もしそんな奴が現れたら右ストレートでぶっ飛ばす!」

姫神「……。それはやり過ぎ」

上条「それくらい俺は本気なんだ」

姫神「……」

上条「返事を聞かせてくれないか?」

姫神「私で。いいの?」

上条「あぁ、姫神がいい。姫神じゃなきゃ、嫌だ」

姫神「……、私。これから上条君のメインヒロインになる」

上条「ほんとか!? ありがとうな姫神!!」

807 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:13:02.02 7zLYXADO 21/24

姫神「あ。もしかして。鞄忘れたのってわざと?」

上条「うぉ! いきなりバレた!?」

姫神「普通は補習にも鞄持って行くよね」

上条「仰る通りで……」

姫神「デートに誘ったのも?」

上条「あれは偶然の産物だな。初めは姫神が委員会の仕事で残ること知ってたから、鞄を口実に2人で話せたらいいなってくらいしか思ってなかったんだけど……」

姫神「けど?」

上条「姫神の卑屈な姿を見たらこのままじゃいけないと思って気がついたら勢い余ってデートに誘ってた」

姫神「卑屈なのもたまには良いんじゃない?」

上条「はは、そうかもしれないな。……あのさ姫神」

姫神「なに?」

上条「俺達、その……恋人同士なんだよな?」

姫神「うん。そう、だね」

上条「だからさ、お互い下の名前で呼ばなないか? 恋人同士なのに名字で呼び合うってなんか変じゃないか?」

姫神「わか、った。とう、ま君」

上条「あ、秋沙」

808 : とある学生たちの放課後3[sage] - 2010/06/09 16:13:39.25 7zLYXADO 22/24

姫神「……」

上条「……好きだぞ」

姫神「私も。好き」

上条「……あー、一緒に帰れる日は一緒に帰ろうな」

姫神「自分から言っといて話題を変えるとは。かみ……当麻君はまず補習にならないように頑張らないとね」

上条「すいません馬鹿ですいません」

姫神「今度は当麻君が卑屈になってる。ダメ。絶対」

上条「はい……」

姫神「勉強は得意だから任せて。これはフラグ。逃したら損」

上条「ははは、頼もしいな秋沙は」

姫神「それほどでも。あ。ここまでくればもう大丈夫だから」

上条「そうか」

姫神「送ってくれてありがと。明日もお願い出来るかな?」

上条「もともとそのつもりだったさ。それじゃあまた明日な秋沙」

姫神「また明日当麻君。おやすみ」

上条「あぁ、おやすみ」

809 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/09 16:15:12.15 7zLYXADO 23/24

エンダアアアアアアアイヤアアアアアアアってことでこれで上姫SSは終わります

ところでこの曲名なんだっけ?喉まできてるんだけど思い出せない……

811 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/09 16:40:14.86 fZTO9lAo 24/24

何これ姫神さんマジかわいい