823 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/16 10:50:44.72 .Gj4l.AO 1/2

>>811
インスパイアを受けて出来上がりました。時間軸は異なりますが、彼の祈りが届きますよう。
1レスのみです。

関連(>>811)
願わくば我こそが万民の敵とならん
http://toaruss.blog.jp/archives/1009215502.html

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


824 : 救われぬ者に、せめてもの[saga] - 2010/06/16 10:51:50.34 .Gj4l.AO 2/2

「すているー、お茶の時間なんだよ~!!……あれ?お祈りしてるの?」


「『救われぬ者にせめてもの祈りを』、ね。聖職者が言う台詞じゃないけど、生憎と僕は不良神父だから」

「たとえ戒律を守っても、欲を放棄したとしても、神は全ての民に変わらぬ慈悲を与えてはくれない。
じゃあなぜそうしてはくれないのかと神に尋ねたい所だけれど」

「…………」


「どうかしたかい?インデックス」


「すているは優しいんだね」


「……僕は優しいのかな」

「うん、すごく優しいんだよ!」


「…………」

(優しくは無い。力も持ち合わせてはいない。この子を救う『力』を)



「行こうか、インデックス。お茶が冷めてしまう」

「うん!火織の紅茶は天下一品なんだよ! それとねえ、昨日食べたゴーフレットがすごく美味しかったんだよ!……今日もあるかなあ?」

「神裂が昨日、棚に直すのを見たからね。多分、出るんじゃないかな」

「本当!? んっふっふ!楽しみなんだよ~!」




(……神がこの子を救ってくれないのならば)

(この子の人としての幸せさえ奪ってしまうと言うのならば)

(僕はせめてその時に一番近くに居よう)

(この魔法名を架けて)