359 : 一方通行「女怖い」[sage] - 2010/06/19 08:48:31.35 FUvltzs0 1/6

一方通行さんが女にいろえろされて怯えるって実は良いんじゃないか
と言うわけで試験的に3レスお借りします

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/
360 : 一方通行「女怖い」1/3[sage] - 2010/06/19 08:49:14.70 FUvltzs0 2/6

某ファミレスにて


上条「……え?」

一方「最近さァ……クソガキとかが怖いンだけどォ……」

上条「……は?いやいやいや良い子だよな?後とかって何?」

一方「いやそうじゃねェンだよ、こう、最近性的な被害を被ってる」

上条「……は?え逆レイ◯?」

一方「入るわけねェだろ、後立つわけねェだろ相手は子供だぞォ?」

上条「(ロリコンじゃなかったのか)えー?例えば……そうだな具体的には?」

一方「部屋で寝てるとする、すると部屋に入ってきて俺のズボンを脱がしに掛かる」

上条「……え、打ち止めちゃんはえてるの?クラインフェルター?」

一方「ちゃンと女の子だよォ!話聞けよォ!エェ!?」

上条「すまんすまん」

一方「ズボン脱がすのに気づいて起きようとするだろォ、すると使用制限で全身が麻痺る」

上条「何それ怖い」

一方「ンで意識はあるけど、何もできない中両手足をベットに縛って、エネマグラ……って知ってるかァ?」

上条「……あー、知識は知ってる……」

一方「アレをおしゃぶりみてェに銜えてから、ゆっくり俺の尻にいれてくンだよ……」

上条「Oh……」

一方「俺も最初はさァ、ああ恨みもあるだろうしとか思ってたンだけどさァ、違うンだわ明らかに開発目的で襲い来るンだわ」

上条「どうして分かったんだ?」

一方「顔がさァ……スッゲェサドっぽい顔で、此処が気持ちイインだよね、とか明らかに脳波を受信しながらやってるンだわ」

上条「ウゲッ……誰にも相談しなかったの?」

一方「最初はよォ、恥ずかしくって出来なかったンだけどォ、諦めて芳川に相談したンだわ」

上条「……?其れじゃあもう解決してるはずじゃあ……」

361 : 一方通行「女怖い」2/3[sage] - 2010/06/19 08:49:55.68 FUvltzs0 3/6

一方「だがよォ、その芳川はどうしたと思う?」

上条「……まさか」

一方「あのアマ俺を押し倒して、両腕縛って逆レ◯プしやがった……」

上条「うわぁ……」

一方「無理無理って言ってンのによォ……俺のケツに指突っ込ンで無理矢理搾り取りやがった……」

上条「お前サドだもんなぁ……そりゃあキツイわ」

一方「ンでそンな昼間は芳川、夜はチビガキの爛れた生活が1週間続いたわけだ」

上条「お前もよく耐えたな……」

一方「ンで次は流石に黄泉川だわなァ?順当に考えれば」

上条「ああ、あの先生か、んでどうなった?」

一方「アイツどういう顔したと思う?鴨がネギ背負ってきたみたいな顔しやがった……」

上条「……Oh……」

一方「俺の両腕を掴み上げてさァ……アイツ馬鹿みたいな力で両腕掴み上げて……」

上条「……ゴクリ……」

一方「ンで俺を持ち上げて……何を取り出したと思う?」

上条「……綿棒とか?」

一方「そンな生ぬるいもンじゃねェ、ペニバンを箪笥から取り出しやがった……」

上条「」

一方「ンでよォ、入れるとき痛くねェよォにって俺にしゃぶらせてから、其れを腰に巻いてガッツリ掘られた訳だァな」

上条「お前……」

一方「もうそンな事ばっかだからよォ、座ってると微妙に前立腺刺激されて妙な気分になるもンだからよォ今薬で止めてンだよ……」

上条「もうなんて言うか実話で聞くと凄まじいな……」

362 : 一方通行「女怖い」3/3[sage] - 2010/06/19 08:50:42.25 FUvltzs0 4/6

一方「ンで、次は誰だと思う?」

上条「……んー、誰だ?」

一方「あー……コイツはお前は知らないかァ、結標つー女なンだけどなァ」

上条(……どっかで聞いたような……)

一方「あのアマ此の話したら、笑顔で私に任せなさいって言いやがってよォ、あン時は信じた俺が馬鹿だった」

上条「でどうなった?」

一方「気がついたら、両手両足縛られて密室に監禁されてた」

上条「」

一方「ンでよォ、ニヤニヤしながらあのアマ俺の尻に軍用懐中電灯を突っ込ンでよォ、アレ微妙に尖ってるから切れ痔になっちまってよ……」

一方「ンで血が出てるの見て、綺麗とか馬鹿じゃねェかと、[ピーーー]よもゥ……」

上条「……ボラギノール塗れたか……?」

一方「あのアマが最後にニヤニヤしながら、双頭◯イブでグチャグチャになるまでごてェねェに塗りたくってくれたぜェ……」

上条「ハハハ……」

一方「監禁合わせて一月だぜェ?最近やっと逃げてこれた訳だァ」

上条「ああ通りでお前セーラー服だもんな……」

一方「さっき入れっぱなしだった拘束◯イブも、路地裏に捨ててきたらお前が見えたらから相談に来たンだわ」

上条「わざわざ殴られた相手に助けを求めるとは……切羽詰ってんだなぁ……」

一方「頼むよォ……マジで、匿って下さィ……」

上条「まあ俺もソコまで言われちゃあ鬼じゃないし、まあいいぜ」

一方「そ、そうか!ありがてェ……カエル顔の医者に特製の打ち止め無しでも大丈夫仕様のチョーカーも充電出来るし、恩に着るぜェ」

上条「其れじゃあ此の店出て俺の家に行こうぜ」

一方「あ、あァ……気をつけろよ、奴ら何処にいるか分かったもンじゃねェ」

上条「ハハハ、そんな大げさな……」

一方「……」

打ち止め(店の外でニヤニヤしながら一方通行を見ている)

上条「……」

一方「……ヒッ……嫌だァァあああ!」

上条「俺を掴んで能力全開で走るなぁあああああああちくしょおおおお!不幸だぁああああああああ!」

363 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/19 08:51:43.60 FUvltzs0 5/6

投下終了です

誰かこのネタ作って書いてくれねぇかな…

365 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] - 2010/06/19 09:00:48.77 2C//pUco 6/6

最後上条さんもセーラー一通に下種な考えを抱いてるのかと思ったら