38 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:07:29.83 20EiDMDO 1/9

ウィーン

一方通行「チッ、全然美味そうな珈琲置いてねェじゃねェか…」

一方通行「仕方ねェ…向こうのコンビニに行くとすっか」クルッ

10033「ばぁっ!」

一方通行「ぎゃああああああァァァァァッ!!!」

10033「な、なんですかその反応…とミサカはショックを受けたようで実はゾクゾクしてます…! と心中を明かします」

一方通行「……」クルッ

10033「あれ、今こっち向いたってのに何故またそちら側を向いてしまうんですか、とミサカは一方通行に訊ねます」

一方通行「何もいなかった。何もみなかった」スタスタ

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-9冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1278232855/
39 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:08:06.00 20EiDMDO 2/9

10033「放置プレイ…えへへ、初心に戻るのもいいものですね♪ とミサカは一方通行に着いていきます」トテトテ

一方通行「憑いていくの間違いだろォが」

10033「ちなみにミサカは乱暴に突いてもらうのが…きゃっ! とミサカは恥じらいつつも一方通行の腕に腕を絡ませていきます…///」

一方通行「もうほら、飴やっからどっか行け、割りとマジで」

10033「飴? わーい、ありがとうございます! とミヒャカは…ごくんっ」

10033「飴は貰いました。で、鞭はまだですか? とミサカは問います」

一方通行「お前本当に絶好調だなァ!」

40 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:08:34.10 20EiDMDO 3/9

10033「……」ぎゅっ

一方通行「なンだよ…」

10033「最近、会えなくて寂しかったんですからね…とミサカは俯きながら言葉を漏らします」

一方通行「……」

10033「まぁ、その間に色々準備しましたけど…」ボソッ

10033「あっそうだ! これからちょっとミサカの家に寄って行きませんか? とミサカは首を傾げてみます」

一方通行「オイ! 前半部分にンな事言われたら行く気ドベ失せンだろうが! 大体準備ってなンだよ!」

41 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:09:46.33 20EiDMDO 4/9

10033「はぅっ…み、ミサカに言わせる気ですか? とミサカは赤面します…」

一方通行「あ、言わなくていい。本気で言わなくていいからな」

10033「あぅ……その、ミサカ20000号の作った媚薬(パワーアップバージョン)と…短鞭と…え、エネマグラと…食パンと…ローションと…大量のろ、ロータ…や、やぁ…! やっぱり恥ずかしいですよぅ…っ、とミサカはモジモジしながら…ぅうっ」

一方通行「オレ、キケン、ハンダン。オレ、ニゲル、ハンダン」ダッ

10033「そうはい神裂、とミサカは一方通行の肩を掴みます」

42 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:10:13.88 20EiDMDO 5/9

一方通行「離せ! はーなーせェー! 明らかに嫌な予感がすンだよ!」

10033「そんなに来たがらなくなくてもいいじゃないですかぁ、とミサカは一方通行をグイグイしますっ」

一方通行「行きたくねーもンは行きたくねーンだよ!」

10033「…そうですか、とミサカは肩から手を離します」パッ

一方通行「えっ? あ、おォ…」

10033「……ごめんなさい、調子に乗りすぎました。別に嫌がらせようって訳じゃなかったんです…では、とミサカは顔を伏せたまま後ろを向き走り去ります」

一方通行「あ、オイ!」

43 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:10:45.90 20EiDMDO 6/9

タッタッタッ

10033「ハァ…ハァ…」

一方通行「オイ、止まれ!」

10033「! ……」シュタタッ

一方通行「スピード速めゃがって…! オラッ!」ガシッ

10033「あっ…」

一方通行「……」

10033「……」

一方通行「あー…さっきは言い過ぎたかもしンねェ、悪かったなァ。その…別にお前の家にそンなに行きたくなかったって訳でもなくて……あー…それに、寂しいってならその事も考える。だから……あァもう、いいからとにかく顔上げろ!」

44 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:11:17.40 20EiDMDO 7/9

10033「……今の言葉、本当ですよね? とミサカはにんまりしながらゆっくりと顔を上げます」

一方通行「…………ァ?」

10033「あっ! 気が付いたらいつの間にかミサカの家の前でした! すっごい偶然です! では早速入りましょう、とミサカは一方通行の腕を引っ張りますっ」

一方通行「おま、なンだその棒読み! しかもオマエいつから誘導して…」

10033「なんの事ですか? とミサカはシラを切ってみます」

45 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:11:43.04 20EiDMDO 8/9

一方通行「ンな…」

10033「さっきの言葉、嬉しかったです。だからさっきの言葉は、守ってくださいね?」

一方通行「…おォ」ワシャワシャ

10033「えへへ…ミサカはもう一方通行と糖分さえあれば生きていけます、とミサカは一方通行にすり寄ります」

一方通行「糖分もかよ…」

10033「さて、今日は何プレイがいいですか? とミサカは問います」

一方通行「何プレイもしねェーからな!?」

46 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/07/04 22:12:09.85 20EiDMDO 9/9

これでおしまいです

これは前に書いたSSの続きなんですが、それ読まないとわかんないだすね…しかも今更だし特定してくれって感じでうぜぇwwとか思うかもしれないし、ああ本当に何か色々とごめんなさい抉ってください
最近書いてたSSが終わって、暇でつい書いてみちゃって、そんでスレがちょっと過疎ってたし、もったいないからえーい投下しちゃえ☆って感じでやっちまったさ

そういえばついったーに10033号いたんだな!びっくりしたぞ!

じゃあ食パン愛でてくるわ



※関連作(前に書いたSS)

一方通行「あは、ぎゃはっ!」ミサカ10033「ああ、もっと蹴ってぇ…とミ(ry」
http://ayamevip.com/archives/37664657.html

一方通行「……変態」ミサカ10033号「あぅ、もっと言ってください…とミ(ry」
http://ayamevip.com/archives/37666738.html
http://ayamevip.com/archives/37666765.html