868 : とある暗部の超遭遇[] - 2010/07/15 10:23:25.21 4RZXXHc0 1/2

1レスだけ投下させてください

原作無視につき注意


絹旗「あれ?私以外にお客がいるとは超めずらしいですね」

小萌「…?は、はじめましてなのです」

絹旗「このB級映画、パイレーツオブバタリアンに目を付けるとは超やるじゃないですか」

小萌「いえ実は、飲み会の景品でこの映画のチケットが当ったのですよ」

絹旗「(飲み会?)」

小萌「あ、映画が始まるみたいです」


上映終了後


絹旗「まさか主人公が最初からゾンビだったとは…超騙されました」

小萌「先生は絹旗ちゃんと違って、しっかり予想していたのですよ!」

絹旗「(先生?)じゃあ、私は超帰ります。また会えると良いですね」

小萌「そうですねー。では絹旗ちゃん、寄り道せずまっすぐお家まで帰るのですよ!」

絹旗「はいはい。小萌ちゃんこそ超気を付けてください」


別れた後


小萌(いやあ、まさかあんなトコで遭遇するとは思わなかったわ)

プルルル…ガチャ

小萌「携帯が…。はい。…はい。分かりました。すぐに対応させます」

小萌(やれやれ、お仕事の時間ですか)

小萌「あ、麦野?1コ仕事が…は?イヤ?」

小萌「全く!文句を言うな!コイツときたらー!」


終わり

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-9冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1278232855/
869 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] - 2010/07/15 10:56:24.62 X8tyfnM0 2/2

小萌先生が電話の人だと…その発想はなかった