344 : 滝壺「ふぃあんま、髪型マネするのやめて」[sage] - 2010/11/24 02:18:54.83 rNs8ksDO 1/7

―フィアンマの楽屋にて―

フィアンマ「はい?」

滝壺「聞こえなかったの?髪型マネしてるよね。今すぐやめて」

フィア「いや、俺様は別にお前のマネをしているつもりはないんだが」

滝壺「そんなの嘘だよ。どうみても私と似てる。マネしたとしか思えないよ。髪が赤いからって何やっても許されると思ったら大間違いだよ。はやくその髪型どうにかして!」

フィア「いや待て、落ち着け。なんか理不尽だぞ。そんなに似てないだろう。ほら、よく見てみろ、お前は前髪パッツンだが俺様はそんな事ないだろう」

滝壺「ごめん何言ってるか分からない」

フィア「おい!ふざけるな!よく見ろよ!ほら、違うだろ!?」

滝壺「んーと、どの辺が?」

フィア「だーかーらー!毛先だよ」

滝壺「むー、なんかふぃあんま疲れる、もういいよ、百歩譲ってマネしてないにしてあげる」

フィア「そうか。何となく釈然としないが、まぁいいか」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-17冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1290001348/
345 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:20:06.87 rNs8ksDO 2/7

滝壺「でも、それでも私の方が早く登場してるんだから、少し考えれば被っちゃってることには気付けたよね?」

フィア「……いや…まぁそれはそうだな」

滝壺「じゃあどうしてその髪型なの?」

フィア「…あー…その…だなぁ」
滝壺「?…なにか理由があるんなら言ってくれないと分からないよ」

滝壺「まさか……見てなかったの?」

フィア「いやいや俺様に限って自分の登場シーン意外は興味ないから見て無いなんてそんな事がある訳無いだろう!」

滝壺「そのあわてふためく様は逆に肯定しているようなものだよ」
フィア「はっ…!?」

滝壺「ふぃあんま。そういうことだったんだね」

フィア「いや…違うぞ俺様は決して「ふぃあんま」すいませんその通りです!」

346 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:20:57.50 rNs8ksDO 3/7

滝壺「はぁ…これだから新人は。でも大丈夫。そんな、ふぃあんま改めしんじんを、私は応援して……あげようか悩むなぁ」

フィア「………お前も大して変わらんだろうが」ボソッ

滝壺「なんか言ったかな?しんじん君」

フィア「くっ……」

滝壺「だいたい、ふぃあんまはいつも……」


フィア(こいつに言われっぱなしというのも気に喰わん、そもそも髪型マネしてるとか……っ!そうだ)

滝壺「……なんだから、ってふぃあんま聞いてる?」

フィア「おい」

滝壺「無視なんだ……何?」

フィア「お前の髪型だってオリジナルじゃないだろ」

滝壺「え?」

347 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:21:56.19 rNs8ksDO 4/7

フィア「確か、天草式の女の魔術師、五和と言ったか。あいつも似たような髪型だったはずだ」

五和「呼びましたか?」

フィア「……どこから現れたんだ」

五和「私達は周囲の環境に溶け込む事を得意とする一派なので」

滝壺「でも周りには特に何も無いけど」

五和「問題ありません。他の皆さんもいますよ。何なら呼んでみましょうか。建宮さん」

建宮「よんだのよな?」

フィア「本当にいやがった」

滝壺「くわがた……」

五和「信じてもらえましたか?あ、建宮さんは用事ないので帰ってもらって構いませんよ」

建宮「え、それはあんまりな「帰って下さい」はい」

348 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:23:08.07 rNs8ksDO 5/7

五和「さて、それでどうして私を呼んだんですか?」

フィア「いやな、そいつが俺様の髪型は自分のマネだと言ってきたんでお前も天草式の奴のマネじゃないかと言っていた所だ」

五和「はぁ…?」

フィア「で、どうだ、こいつを見てどう思った」

滝壺「……似てる…かも」

フィア「だろう!ほら見ろ結局お前も俺様と変わらんじゃないか」
滝壺「むー…いつわって言ったっけ、その髪型似合ってないよ。今すぐ変えたほうがいいんじゃない?」

五和「え?ちょっと何なんですか?この人は。急に人の髪型に文句を言って来ましたよ!?」

フィア「さあな。取り敢えず自分と同じ髪型なのが嫌らしい」

349 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:24:35.63 rNs8ksDO 6/7

五和「どういう事ですか?えぇと確かあなたは滝壺さんでしたね、どうして髪型が同じなのが嫌なんですか?」

滝壺「何と言うか……キャラが被っちゃってるような…気がする所が……」

フィア「おいおい!それは無いだろう。この三人でキャラが被るとか想像出来んぞ」

五和「ですねぇ…滝壺さん、少し考えすぎですよ。髪型程度でこの『と魔禁』に出て来る個性的な人達とキャラが被る事はありませんて」

滝壺「うん。分かってるつもりなんだけど……」

五和「不安ですか?でしたらもっともっと努力して私とキャラが被れる奴なんている訳無い!と思えるくらいになればいいんです」

350 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[sage] - 2010/11/24 02:27:27.09 rNs8ksDO 7/7

滝壺「でもそんな簡単じゃないよ」

五和「だからいいんじゃないですか。立ちはだかる山が大きければ大きいほど乗り越えるのが楽しいですからね。今の私は、いつ大精霊チラメイドを着ることになるのかが大きな問題ですけどね」

滝壺「確かにそうかも。私も浜面にキスするのは恥ずかしかったけど終わった後は達成感で気持ち良かった」

五和「でしょ?だからもう髪型でとやかく言うのはやめましょうね」

滝壺「うん。有り難ういつわ」

五和「いえいえどういたしまして。それでは帰りましょうか」

滝壺「うん」


そうして出ていく二人。
部屋には静寂が戻った。


フィア「」
建宮「」