392 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード)[] - 2010/11/25 13:53:05.97 ex5AgLgo 1/9


上条「どうも、上条当麻です。ちょっぴり不幸だけど普通の高校生やってます」

上条「不幸って言っても財布から一円玉ドブに落としたり、テストのケアレスミスで3点ほど損したりした程度ですけどね」

上条「今日、いつもの通り小萌先生に補習を受けさせられてとぼとぼと夜の街を歩いて帰ってましてね」

上条「そしたらなんか女の子が不良に絡まれてたんで持ち前のお節介発動して助けに入ったんですよ」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-17冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1290001348/
393 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード)[] - 2010/11/25 13:53:56.52 ex5AgLgo 2/9

――――――――
――――
――

上条「いやー、こんな所にいたのか、探しましたよー」

御坂「アンタ、誰?」

上条「ちょっ! お前知り合いのフリしてさりげなく連れ出す作戦を!」

御坂「は? なんでそんな面倒な事しなきゃならないのよ?」

不良「お前ら茶番もいい加減にしろよ!」

御坂「うっさいわね、あんた等は黙ってなさい!」バリバリバリ

不良s「「「ぎゃー!」」」

上条「あっぶね!」パキーン

御坂「え? なんでアンタ無事なの?」

上条「い、いや上条さんはですね……」

御坂「私の能力が効かない? 凄い! 強い人って素敵!」

上条「え?」

394 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード)[] - 2010/11/25 13:54:46.38 ex5AgLgo 3/9

――――――――
――――
――


上条「で、何故か美少女の彼女が出来ました」

御坂「ごろにゃ~ん」スリスリ

上条「不幸……じゃあないよなぁ……なんだこれ?」


~つづく?~

395 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/11/25 13:56:12.47 ex5AgLgo 4/9

本編があまりにハードモードなのでイージーモードを妄想してみました
先の展開思いついたらこのまま22巻まで行ってみたくもあり、
そんな展開みたくもないようでもあり

400 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 1巻[] - 2010/11/25 14:07:41.87 ex5AgLgo 5/9


小萌『上条ちゃんは馬鹿だから補習でーす』

上条「という素敵コールと共に起こされた私上条当麻です」

上条「……いい天気だし布団でも干すか」ガラ

禁書「」ブラーン

上条「…………」

禁書「おなかすいた」

上条「は?」

禁書「おなかすいたって言ってるんだよ?」

上条「えーと、この賞味期限切れの焼きそばパンでよければ……」スッ

禁書「いっただきまーす!」ガブ

上条「いってえええええええ!?」

禁書「」パキーン

上条「え?」

401 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 1巻[] - 2010/11/25 14:08:19.70 ex5AgLgo 6/9


ペンデックス「禁書目録の『首輪』の全破壊を確認。再生は不可能、これより10万3000冊の保護のため、侵入者の迎撃を――」

上条「え? え? 何?」

ペンデックス「――しようとしましたが破壊され過ぎてヨハネのペンモードの起動も失敗。再生も不可能と判断。諦めます、お休みなさいませ」プシュン

上条「…………」

ステイル「ちょっと待て! 今お前何をした!」バターン!

上条「うわっ! だ、誰!?」

神裂「インデックスから魔力が……? そんな馬鹿な、この子は魔法を使えないはずです!」

上条「いやだから誰ですかあんたら!?」

ステイル「この魔術式は……そうか、あの女狐め、僕達を騙していたんだな! 少年ありがとう、お前のおかげでこの子は一年周期で記憶を消す必要がなくなった!」

上条「え? あ、ど、どういたしまし……て?」

神裂「感謝してもしきれません、重ねてお願いですが、この子は学園都市にいる方が安全です。つきましては――」


402 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 1巻[] - 2010/11/25 14:08:57.56 ex5AgLgo 7/9

――――――――
――――
――


上条「というわけで、この子の面倒をみることになったんだが」

御坂「そうなんだ! でも貴方がそうしたいってんなら私も協力するわ!」

禁書「ごはんーごはんー」

上条「なんか困ってるみたいだし面倒見るのは構わないんだが……この子すげえ食事量なんだよね」

御坂「私はアンタの彼女なのよ? 校則で一緒に住んで面倒は見れないけど、資金面だけでも協力させて欲しいわ」

上条「そ、そうか……まあ、情けないけど、ちょっとだけ頼むな」

御坂「任せて! ほらインデックス、今日はアンタを歓迎するためちょっと豪勢に作るから手伝いなさい!」

禁書「なんでも手伝うんだよ! 完全記憶能力に不可能はないかも!」

403 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 1巻[] - 2010/11/25 14:09:26.82 ex5AgLgo 8/9

――――――――
――――
――


禁書「ほら起きてとうま! 遅刻するんだよ!」

御坂「おはよう当麻! 朝食出来てるわよ! お弁当と、インデックスの昼食も作っておくわね!」

上条「なんかインデックスも原作と違って甲斐甲斐しいので生活が食費以外非常に楽になりました」

上条「幸福……か?」


~つづくの?~

404 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/11/25 14:10:18.84 ex5AgLgo 9/9

4レスで終わりました
続きが浮かべば2巻以降も書きたくもあり
そんな世界みたくなくもあり

ありがとうございました