681 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/11/29 22:54:51.89 kLdM0hIo 1/5

毎度の例のアレを投下させて頂きます
この際アニメの進行とかシカトして原作に追い付く位の勢いで

関連

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 1巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016739569.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 2巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016759073.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 3巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016759212.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 4巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016760017.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 5巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016768456.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 6巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1016769701.html

とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 7巻
http://toaruss.blog.jp/archives/1017049426.html

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-17冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1290001348/
682 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 8巻[] - 2010/11/29 22:56:11.06 kLdM0hIo 2/5


黒子「黒子ですの! 今回は私が主役ですの!」

黒子「と、聞いてやって来たのですが……」

システムメッセージ『難易度はどうしますか? ・イージー ・ノーマル ・ハード ・ベリーハード ・ナイトメア ・ヘル』

黒子「これは一体なんなんですの?」

システムメッセージ『難易度はどうしますか? ・イージー ・ノーマル ・ハーd(ry』

黒子「……『ノーマル』で」

システムメッセージ『ノーマル? ごめんねー、ノーマルは昨日売り切れちゃったの』

黒子「なんでですの!? じゃあ『ハード』ですの!」

システムメッセージ『ハード以上だと御坂美琴さんが死んでる設定で始まりますけどいいですか?』

黒子「良くないですのおおおおおッ!!!?」

システムメッセージ『じゃ、イージーでいいですね? んじゃ始めますねー』

黒子「なんだかハメられた気分しかしないですの……」

683 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 8巻[] - 2010/11/29 22:57:42.49 kLdM0hIo 3/5

~シャワールーム~


御坂「えー? 黒子の教室にまで届いてたの?」

黒子「そうですのよ。流石はお姉様は常盤台のエースですの!」

御坂「も、もう黒子ったら! ……ほ、褒めたって何もでないわよ///」

黒子「あれ。お姉様にしては芳しい反応が返ってきましたの」

御坂「よっしゃ、美琴センセーは機嫌がいいのでこの後黒子に何か奢っちゃおう! 何がいいー?」

黒子「マジですの! 黒子はお姉様に奢ってもらわなくても一緒に買い物してくれるだけで幸せですのよ!」

御坂「黒子ったら、遠慮しなくてもいいのにぃ。でもそう言ってくれて嬉しい、ありがとね♪」

黒子「こ、これがもしやイージーモードの効力というものですの……?」ワナワナ

御坂「? 黒子ー? 聞いてるのー?」

黒子「という事は……ああっ、黒子のタオルが誤ってお姉様の方へー!」

御坂「あら? もう、何やってるのよ黒子ってばぁ」

黒子「し、失礼しましたわ! 直ちにそちらに取りに参りますの!」シュンッ

御坂「きゃっ、いきなり入ってこないでよ黒子ぉ。恥ずかしいじゃない///」

黒子「ま、間違いありませんわ……お姉様がちっとも拒みませんの! イージーモードの効力恐るべし!」

御坂「さっきから何言ってんのよ黒子。はい、黒子のタオルでしょこれ」ヒョイ

黒子「お゙ねえさば……」ガシッ

御坂「ん? なによ人の手掴んで? あ、黒子の体洗ったげようか?」

黒子「それは非常に嬉しい申し出ですが……それより黒子は、黒子は……!」

黒子「もう我慢出来ませんのおおおおおおおおッ!!!」ガバッ

御坂「きゃあっ! くく黒子だめよこんな皆が見てる前でー!///」

684 : とある禁書の超楽勝版(イージーモード) 8巻[] - 2010/11/29 22:59:08.61 kLdM0hIo 4/5


黒子「イージーモード最高ですのぉ……」ツヤツヤ

御坂「うう、黒子のどすけべ……こういうのは二人っきりの時だけって言ったじゃない///」

黒子「う、も、申し訳ありませんお姉様……黒子は、つい……」シュン

御坂「い、いいのよ。だけど、あんまり頻繁だと疲れちゃうから、ほどほどに、ね?」

黒子「はいですの!」

御坂「そういえば、黒子は風紀委員の仕事はお休み?」

黒子「今日はお休みですの……って、そういえば本筋であればここらで初春から連絡が来るはz」 PiPiPi!

黒子「って来ましたの! もしもし初春、事件でも起こったんですの?」

初春『あ、白井さーん。仕事暇なんで思わず連絡しちゃいましたぁ』

黒子「紛らわしいですのぉぉぉおおお!!!」

初春『あ、でも23学区の方でなんか事件が起こったみたいでして』

黒子「! 原作通りですの! その事件こそが今回の……」

初春『良く分からないトランクケースが奪われる事件が発生したと思ったら白髪のコワモテお兄さんが飛来してトランクを破壊して去っていったそうです』

黒子「……事件はもう終わってましたのね」

初春『それくらいで後はひたすら暇なんですー。ねえ白井さん、良かったら暇潰しに支部まであそb『Pi!』 ブツッ ツーツー

御坂「黒子ー? 何かあったのー?」

黒子「何でもないですの。それよりお姉様ぁ~ん、こちらの下着などお姉様にピッタリだと思いますの~」

御坂「ばっ! そ、そんな大胆なの駄目よ! は、恥ずかしいじゃない……もう///」

黒子「あぁ~ん、お姉様のいけずぅ~」

御坂「しょ、しょうがないわね……で、でも、ちょっとだけだからね!///」

黒子「ああ、イージーモード最高ですのぉ……」



結標「……あれ、私の出番は?」


~つづく?~

686 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/11/29 23:01:18.74 kLdM0hIo 5/5

以上です
8巻は黒子の正義感が心を揺さぶる熱い展開に思い入れがある為いつもより力が入りました
美琴との絆も感じられていい話ですよね、8巻

ありがとうございました