82 : 一発ネタその一[] - 2010/12/05 16:18:14.40 a..ezLM0 1/4

美琴「おっす」

当麻「おう」

いつもの学校帰り、見慣れた顔と遭遇する

美琴「今帰り?」

当麻「そんなところ、お前は?」

美琴「私も。ねぇ途中まで一緒に帰らない?」

当麻「別にかまわねぇよ」

二人で並んで歩く
それは、昔からありふれた光景で

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-18冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1291435546/
83 : 一発ネタその2[] - 2010/12/05 16:19:43.24 a..ezLM0 2/4

当麻「しっかし、学園都市に来てもお前と会うとはな」

美琴「何よ、不満なわけ」

当麻「いや、腐れ縁だなと思ってさ」

美琴「腐れ縁じゃなくて、幼馴染でしょ」

当麻「そうともいうな」

返事をしながら、幼馴染を見つめる
子どもの頃は、男勝りで一緒に駆けまわっていたが
だんだんと女の子らしい見た目になったと思う
正直、綺麗だと思う。口が裂けても言う気はないが

美琴「何よ、人の事じろじろ見て。……見惚れてたとか?」

当麻「な、なわけねーだろ、お前みたいな暴力女を」

美琴「はぁん、何ですってぇ! ……いいのよここで、アンタの恥ずかしい秘密をばらしても」

当麻「そ、それだけは勘弁してください! 美琴先生!」

美琴「どーしよっかなー」

当麻「マジすいませんでした!」

じゃれあいながら、歩く帰り道
この街に来ても変わらずにあるもの

84 : 一発ネタその3[] - 2010/12/05 16:20:46.49 a..ezLM0 3/4

当麻「そういやさ、お前の名前の由来ってなんだっけ」

美琴「何よ突然。前に話さなかった?」

当麻「かもな。教えてくれよ」

美琴「しょうがないわね。……伯母さんの名前をもらったの」

「あの御坂美琴の」

そう、美琴――鈴科美琴は答える

当麻「そうだったな。お前は親父さんだけじゃなくて、伯母さんもレベル5だったもんな」

美琴「そういえば、アンタの由来は? 聞いたこと無かったけど」

当麻「父さんの名前」

美琴「? ステイルさんじゃなかっけ? アンタのパパ」

当麻「死んだ実の親父の方」

そう当麻――当麻・マグヌスは言葉にする
銀色のツンツン頭をかきながら

美琴「そうなんだ」

当麻「ああ」

この街に来たのも、本当の父親の事を知りたかったから
育ての父には感謝しているし、尊敬もしている
異父妹もかわいがっている
でも、知りたかった

美琴「ごめん、なんか変な事聞いちゃった」

当麻「いや、いいよ。むしろお前には聞いておいてほしかった」

この街で、実の父を調べる際に
いろんな事件な巻き込まれた
辛いこともあった
悲しい事も、でも

当麻「それより、腹減ってないか。メシでもどうだ」

美琴「いいわね、付き合うわ」

85 : 一発ネタその4[] - 2010/12/05 16:21:13.82 a..ezLM0 4/4

幼馴染が変わらずにいてくれるから、自分も自分でいられる
帰りたいと思うから、生き残れた

君がいるから、僕は大丈夫