786 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/12/10 23:58:12.13 1aOK02Y0 1/4

美琴「はぁ!? 管理人?」

美鈴「そ、管理人」

そう言って美鈴は紅茶に口を付ける

日曜日、美琴は母親に呼び出されていた
久しぶりに会った母、美鈴は挨拶もそこそこに
美琴を一軒のアパートの管理人室に連れ込んだ

美琴「何を突然言い出すのよ」

美鈴「うん、うちの大学が学園都市に移転する事になってね」

通学の為にね、と母は付け加える

美琴「で、なんで管理人なの?」

美鈴「面白そうだったから」

美琴「をい!」

美鈴「いいじゃない、結構楽しいのよ。美琴ちゃんも遊びに来てね」

美琴「それは別にいいけど」

そこで、ガチャッと扉が開く
のっそりと一人の少年が入ってくる

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-18冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1291435546/
787 : ママは管理人その2[] - 2010/12/10 23:59:07.35 1aOK02Y0 2/4

上条「すみませーん。今月分の家賃の支払い、ちょっとだけ待ってくれませんか」

美琴「な、何でアンタが!」

上条「おう、御坂か。悪いな、親子団欒を邪魔しちゃって」

美鈴「上条君も入居してるの。びっくりした?」

美琴「ななななな」

上条「で、家賃なんですけど……」

美鈴「うちも慈善事業じゃないからねー」

上条「お願いします! 何でもしますから!」

美鈴「何でもね―。じゃ、体で払ってもらおうかなー」

美琴「か、体ですって!」

上条「はい、わかりました。それで待っていたただけるんなら」

美琴「かかかか、体……」

美鈴「じゃ、共有部の掃除お願いね。雑巾がけもよろしくぅ!」

美琴「へ?」

上条「任せてください! ピッカピカにしてみせます!」

上条が備えつきの掃除道具を手にして、
管理人室を出ていく。妙に手馴れている

788 : ママは管理人その3[] - 2010/12/10 23:59:55.49 1aOK02Y0 3/4

美琴「体って、そういう事かぁ」

美鈴「うーん。そういう事って美琴ちゃんは、どう言う事を想像したのかなぁ?」

美琴「な、何でもないわよ! うるさいわね!」

美鈴「それにしても、聞いてないのかしら?」

美琴「何を?」

美鈴「詩菜さんから、数カ月分の家賃をもう貰ってるの」

美琴「え?」

美鈴「別に払う必要はないのよ。面白いから掃除させてるけど」

美琴「ひど!」

美鈴「そうかしら? あ、美琴ちゃん手伝ってあげれば?」

美琴「何で私が」

美鈴「管理人の娘とアパートの掃除って結構来る展開だとおもうけどなー」

美琴「……し、しかたないわね。でも勘違いしないでよ! ここもウチの財産だから綺麗にするだけなんだから!」

そう言って美琴も掃除道具を手に管理人室を出ていく

美鈴「かわいいなぁ、二人とも」

美鈴は残りの紅茶を飲みほす

さて、子どもたちの為にお菓子でも準備しておこうか
掃除で疲れるだろうし
ご褒美くらい、用意してあげよう


789 : 以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします[] - 2010/12/11 00:00:57.14 1BQ6RIk0 4/4

以上です

管理人さんとその娘って萌えとの思いつきでかきました

お目汚し失礼しました