903 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/01/16 03:25:07.32 0vpdldyP0 1/4

2レス。小ネタ。

インデックスさんが料理をはじめたので、ちょろっと知り合いに振舞ってみるようです。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-21冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1294925147/
904 : 18歳と14歳 1/2[sage] - 2011/01/16 03:27:03.70 0vpdldyP0 2/4


禁書「出来たんだよ~」

上条「お、きたきた」

五和「わあ、肉じゃがですか」

禁書「得意料理なんだよ!」フンッ

上条「まあそれ以外は野菜炒めとかだしな」

禁書「そ、それはまだチャレンジしてないだけで、練習すればすぐかも!」

五和「なんなら私からも何かお教えしましょうか?」

禁書「ほんと? 五和の料理は美味しいからお願いしたいな!」

上条「まあ、そういう話は食いながらでいいから、さっさと食おうぜ」

五和「そうですね、冷めちゃいますし」

イタダキマース

上条「……ん、美味い。ところで五和が得意なのって、やっぱ和食か?」

五和「ええ、和食中心に色々と。和食といえば女教皇様もお上手ですよね?」

神裂「……ええ、ええ。とても美味しいですよ、インデックス」グスッ

上条「……、……神裂サン。なんで泣いているのでせう?」

905 : 18歳と14歳 2/2[sage] - 2011/01/16 03:28:03.04 0vpdldyP0 3/4


五和「ぷ、女教皇様?」

神裂「いえ、インデックスの作った料理を食べられる日が来るとは思わなくて……」スンスン

禁書「そんなに感動されると複雑かも……」

上条「なんかお母さんみたいだな……」

神裂「あ゛あ゛ん ?」ギロッ

上条「いえなんでもないですはい」

五和「……ああ、それでさっきから」

ステイル「……ううっ、ぐすん、ぉう…………」グスグス

上条「(号泣しとる……)」

五和「(まあ、複雑な事情がおありなんでしょうけど……)」

神裂「(分かります、分かりますよステイル……)」スン

禁書「……そ、そんなに不味かったかな?」

ステイル「違うんだ。美味しい、とても美味しいよインデックス」グスッ

ステイル「……ああ、でも少し塩味が濃いな」

禁書「あ、あれ? お醤油入れすぎ?」

ステイル「違うんだ、君の肉じゃがは最高だよ……最高なんだ……」グスグス

上条「(……色々考慮してみたが、やっぱ普通にキモイ)」

906 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/01/16 03:29:58.92 0vpdldyP0 4/4

いじょ。

ステイルは言わずもがなねーちんもインデックスにはとことん甘くすればいいさ。