210 : 恐怖 1/4[] - 2011/02/09 21:13:37.35 MbkDeJJG0 1/5

番外個体「食べないの? ならミサカがもらっちゃうけど」

打ち止め「待って! ミサカも欲しいってミサカはミサカは立候補!」

一方「好きにしろォ……」

番外個体「じゃ、もらっちゃうけど。……どうかしたの?」

打ち止め「残すなんて珍しいよねってミサカはミサカは顔色をうかがってみたり」

一方「甘いもン苦手なだけだ」

番外個体「ふーん」

打ち止め「じゃ、遠慮なく!」

一方「……ちょっと電話してくらァ」

――――――

『では、ご予約承りました』

一方「はい、本当に痛くないンですか」

『当歯科医院には、優秀なスタッフが揃っていますのでご安心ください』

一方「は、はいィ……」

――――――

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-23冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1297083486/
211 : 恐怖 2/4[] - 2011/02/09 21:14:12.74 MbkDeJJG0 2/5

一方「すいませーン。五時に予約した一方通行ですけどォ」

「はいはい、ちょっとお待ちくださいなんだよ」

一方「……あ、間違えました」

看護士「ちょ、ちょっと待つんだよ! 顔を見るなり帰るなんてひどいかも!」

一方「うるせェェェ!! オマエと関わるとロクな事ねェンだよ! つか、シスターじゃなかったのかよ!」

看護士「バイトなんだよ! 生活の為かも」

一方「白から白へとチェンジしやがってェ! 紛らわしいンだよォ!」

看護士「人の事言える白さなのかな!」

一方「帰らせてもらうからな!」

看護士「あ、逃げるんだ」

一方「あ?」

看護士「まぁ、ウチは痛くない歯医者さんだけど、怖いんなら仕方ないかも」

一方「……」

看護士「じゃ、さよならなんだよ」

一方「いや、全然怖くねェし。余裕だし。いくらでも治療受けてやンよォ!」

看護士「じゃ、どうぞ」

一方「う、うン」

看護士「……ちょろいんだよ」

――――――

212 : 恐怖 3/4[] - 2011/02/09 21:15:25.74 MbkDeJJG0 3/5

一方「失礼しますゥ……」

医者「はい、今日はどうされましたか」

一方「……お姉さん。何でダメージジーンズなンですか」

医者「そこに座って、口開けて下さい」

一方「あ、無視ですかァ」

医者「ああ、結構ありますね。斬りますね」

一方「え、切る? むしろ斬る? 普通削るンじゃ……」

医者「喋ると危ないですよ」

一方「いやァァァァ!! な、何でこの人日本刀取り出してンのォ!!」

医者「へぇ、お客さん土御門の知り合いなんですか。世間は狭いですね」

一方「何事も無かったかのように世間話しないでェェェェ!!」

医者「あと溶かすコースもありますけど。通称『いのけんこーす』どうしますか?」

一方「ど、どうやって溶かすンですか」

医者「ええと、炎で。別スタッフが担当します」

一方「いやっァァァァ!!!」

――――

213 : 恐怖 4/4[] - 2011/02/09 21:16:08.40 MbkDeJJG0 4/5

番外個体「おやすみー」

打ち止め「あ、歯磨きしなきゃだめだよってミサカはミサカはお姉さん風を吹かせてみたり」

番外個体「眠いし、今日はパスー」

一方「ダメだ。磨け」

番外個体「えー、でもー」

一方「磨け。絶対に磨け」

「後で絶対に後悔するから」



214 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/02/09 21:17:21.61 MbkDeJJG0 5/5

以上です。

虫歯、無視してるとトンデモない事になりますよね

お目汚し失礼しました