964 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/02/18 20:29:23.83 dK9Y0vPAO 1/12

お勧めSSスレで「通行止めステイルに見えた」のレスを拝見し、そこから着想を得たSSを投下させていただきます。9レス程。

一方通行と打ち止めのふれあいの場面、そこにステイル達が偶然加わってきます。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-23冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1297083486/
965 : Sweetness and bitter1/9[saga] - 2011/02/18 20:31:51.83 dK9Y0vPAO 2/12

とあるデパート


打ち止め「ワーイワーイ!! ってミサカはミサカはスキップターンしながらはしゃいでみたり!!」

一方通行「うっせェぞクソガキ、とっとと進め」


打ち止め「ヘへ~、そんな事言われても、今のミサカが進み出したらマッハで駆け出しちゃって、あなたを置いてっちゃいそう!
ってミサカはミサカは意地の悪い結果を予測分析してみたり!」

一方通行「チッ」





――――――――
デパート・フードコート


打ち止め「うわーい! いっぱい買っちゃったね~ってミサカはミサカは買い物袋2つを持って互いを見比べてみる!」


一方通行(芳川の奴……美容院行ってくっから買いもンして待ってろなンざ、だりィ時間の過ごし方押し付けやがって)


打ち止め「あ! ねえねえあなた、あそこに入ってみたい! ってミサカはミサカは一服休憩をお願いしてみたり!」

一方通行「あァン?」



⇒TELLY'S COFFEE




一方通行(……コーヒーチェーンか………ちょォどイイか)スタスタ


打ち止め「! やったあ! ってミサカはミサカはスキップスキップ」
一方通行「すンな」

打ち止め「は~い……ってミサカはミサカは小声で反省してみる」




店員「いらっしゃいませ、こ…」

一方通行「……」スタスタ

打ち止め「こんにちは! ってミサカはミサカは店員さんに向かって丁寧にお辞儀してみたり!」

女店員(フフっ)「ありがとうございます、こちらでお召し上がりですね?」

打ち止め「うん! ってミサカはミサカは肯定してみたり。そしてすかさず先に席にドッカリ座っちゃってるあの人を追いかけてみるけどアレ?
メニューが置いてないってミサカはミサカは困惑してみたり」

女店員「メニューでございますね、こちらをどうぞ」

打ち止め「うわーい! これだよこれーってミサカはミサカは感謝してみる!」

女店員「お決まりになりましたら、お呼び下さいね」

打ち止め「ハーイ! ってミサカはミサカは可愛くお返事してみたり!!」

966 : Sweetness and bitter2/9[sagasage] - 2011/02/18 20:33:30.86 dK9Y0vPAO 3/12

――――――――
同TELLY'S COFFEE


ステイル(やれやれ、騒がしい事だね。まあ、子供は元気でいるのが一番だけれども。
それにしても土御門。こんな人気の多い場所で仕事の待ち合わせとは、いったいどういうつもりだ)

ピッ ピピ ピ

From:桜井8.2
To:Edward93
Sub:済まないにゃー

いやーすまないEdward、ちょいっと急用ができちゃってな

16:00には終わるから、二越の一階に有るTELLY'S COFFEEで時間潰しててくれ


ピッ


ステイル「まったく……」


――――――――


打ち止め「おおおお……色んなメニューがあってヨリドリミドリだねってミサカはミサカは驚いてみたり」

一方通行「そりゃァ店だからな。客を飽きさせねェよォ、何度も来るよォ罠を仕組ンでンだよ」


打ち止め「なるほどなるほどってミサカはミサカはお店とあなたの腹黒さに仰天してみたり。ねえねえ、ミサカはこれ…と、これーと……」

一方通行「ン…」



……………


一方通行「…おい、選びすぎだ」

打ち止め「う~ん……」



…………



一方通行「3、4時間後に黄泉川の炊飯器料理を腹ン中入れる算段をしろ」

打ち止め「…うん、そうだねってミサカはミサカはお利口さんパワーを覚醒させてみたり。すみませ~ん!
って、ミサカはミサカは元気な声でさっきの店員さんを呼んでみる!」



………………
…………
……



女店員「畏まりました、ご注文を繰り返します。アメリカーノをGrandeでエスプレッソショットを2つ追加、こちらをHOTで。
ティラミスラテをShortでキャラメルフレーバーのシロップを追加、こちらをHOTで。

ベジピッツァ・トマトシーフードをおひとつ。
T'sシューストロベリー&ラズベリーをおひとつ。以上でよろしいでしょうか?」

打ち止め「ハイッてミサカはミサカは肯定してみるっ!」

女店員 クスッ「はい、しばらくお待ち下さい」




打ち止め「はーやーくーこーなーいーかーなー♪」

一方通行(チッ……妙な時間だ……)

967 : Sweetness and bitter3/9[sagasage] - 2011/02/18 20:35:57.14 dK9Y0vPAO 4/12

――――――――
ステイル(…………16時03分か……遅いね。まったく不本意ではあるけれど、追加のオーダーでも頼もうかな)


…………

女店員「………おひとつですね、しばらくお待ち下さいませ」


――――――――


打ち止め「そうだ、お料理運ばれて来る前にお手洗いに行って来るって、ミサカはミサカは了承を得るためにレディにも拘わらず切り出してみたり!」

一方通行「…行って来い、あっちだ」

打ち止め「ハーイ!」

一方通行「何かあったら大声で叫べ。無理なら放電で知らせろ。それもできなかったら潔く諦めろ」

打ち止め「ひっヒドイ……ってミサカはミサカはあなたの思いやりと発言終盤の落差に泣き真似してみる……」




――――――――
手洗い後


打ち止め「ふふんふ~ん♪ ん?」

打ち止め「この甘くない香ばしい香りはきっとあの人が頼んだ美味しそうなパンの匂い! ってミサカはミサカはあの席めがけて猛ダッシュしてみたり!!」


女店員「えっ?」
ステイル「ん?」
打ち止め「はっ!?」




   ドカッ 

       パシャンッ




一方通行「……あァ?」





打ち止め「うあああ……イタタタタタってミサカはミサカは……じゃなくて! お姉さん大丈夫!? ってミサカはミサカは傍に駆け寄って助け起こそうとお姉さんの左手を掴んでみたり!」

女店員「…えぇ……大丈夫です……おチビちゃん…いえお子さんこそ御怪我は有りませんか?」

打ち止め「ミサカは全然平気だよってミサカはミサカは元気な声で無事をアピールしてみる。
そんな事より、ごめんなさい、ミサカのせいでお姉さんが運んで来たコーヒー溢しちゃった……ってミサカはミサカは反省してみたり……」



ステイル「君、早く着替えておいで」

女店員「…あっ! も、申し訳ありません! 只今新し」

ステイル「いま優先すべきなのは僕への謝罪ではなく、君の安否だ!」

女店員「は、はい! すみません!」

ステイル「火傷はしていないね?」

女店員「はい、無事です」

ステイル「それならいい。着替えて来る間に、別の店員に拭くものを持って来させるんだ」


一方通行「必要ねェよ」

ステイル「?」女店員「あ」打ち止め(あ―――!♪)

968 : Sweetness and bitter4/9[sagasage] - 2011/02/18 20:38:31.76 dK9Y0vPAO 5/12

一方通行「おい女。オマエはさっさと行ってこい。上着だけならともかく、俺が触れるワケにゃァいかねェだろ。火傷してねェなら尚更だ。……悪かったな」

女店員「え?い、いえ、それでは失礼致します…」

一方通行(チッ……柄でもねェ……)

打ち止め「ありがとうあな((ギュウゥウゥ))いだだだだだだっ」

一方通行「ったく……手間掛けさせやがる。オマエ……」

ステイル「うん? 僕の事かい?」

一方通行「あァ。追加のコーヒーをクソガキが無駄にしちまった。俺の今来たやつでよけりゃァくれてやる。ガキのは甘くて飲めねェだろ」


ステイル「有り難い申し出だね。だがいずれ、代わりの店員が淹れ直しを持ってくるだろうし。御構い無く、と言った所かな。
それより……その溢れたコーヒーを床から弾く様にカップに戻せる君の能力に興味が有るんだけど?」

一方通行「……水流を操る能力だ。レベルは強能力者、珍しくもねェだろ」
(つってもこの赤黒スモーカー、どォ見ても外部の人間だな。服装がありえねェ。怪しィ野郎ォだが)


ステイル「強能力者ね……(どこまで本当かは判らないけれど)
あまり能力という物をこの目で見た事が無くてね。ご覧の通り、学園都市住まいでは無いものだからさ」

一方通行「そォか」(俺達が店に入ったのは偶然、クソガキが店員にぶつかったのも偶然。だったらこれ以上深入りする必要はねェな)


打ち止め「ううう~~っ! さっきから何だかミサカが忘れ去られてる気がする~!
ってミサカはミサカは引っ張られた頬を擦りながら自己の存在をアピールしてみた((ギュウゥウゥウ))いやややや~っ!!」

一方通行「オマエのアピールタイムは一遍、こいつに頭下げてからだ」

打ち止め「反対の頬っぺたまでつねらないでーっ!! ((パッ))
   ううぅぅ…ごえんあはい、イヒャファはおみふぇのおねぇさんにぶつかっちゃってパニックスランプ引き起こしちゃってたの、ってミサカはミサカは言い訳してみたり。
ごめんなさい、若くてイケメンな神父さんって、ミサカはミサカは褒め倒しを活用しながら深々と頭を下げてみる!」


一方通行(…こいつの謝罪っつったらせェぜェこンなもンか。
……なるほどあいつ、神父に見えなくもねェな)

969 : Sweetness and bitter5/9[sagasage] - 2011/02/18 20:40:04.87 dK9Y0vPAO 6/12

ステイル「気にしていないよ。むしろ気にしているのは」
土御門「オレの事なら幸せですたい♪」
ステイル「なっ!!?」

一方通行「土御門!?」

打ち止め(パイナップルジュースが飲みたくなる容姿かも、ってミサカはミサカはきっとあの人に怒られちゃうから、心の中で呟いてみたり)


ステイル「……どういう事だい土御門!!」

一方通行「そいつとの関わりを説明しろ土御門」



土御門「いやいやいやいや、偶然とは面白いもんだぜい。
まーっさかイギリス随一のイケメンさんと、学園都市随一のイケメンさんが一堂に会すとは、これは一流ブランドのファッションショーが開催されるとしか思えないにゃー♪」

一方通行「うぜェぞ」

ステイル(……さっきからだけど、誉められてる気がしないね)

土御門「おっ、そちらには可愛らしいお嬢ちゃんか。 学園都市最強カップルでデートかにゃー?」

一方通行「…」
打ち止め「!」



打ち止め「エヘヘヘヘヘ……ってミサカはミサカは顔を赤くしてスカートの裾掴んでユラユラ揺れながら照れてみたりぃ……」


一方通行(……クソガキの警戒心陥落か。もっとも、砦相当の備えも成っちゃいねェが)

970 : Sweetness and bitter6/9[sagasage] - 2011/02/18 20:42:03.28 dK9Y0vPAO 7/12

――――――――
団体席



打ち止め・食べてる「ふんふんふ~ん♪」


土御門「……と、言う訳だ。ステイルは『必要悪の教会』の一員として魔術を使い、学園都市でその力を振るう際にはこのオレが、主に案内役を任されるって手筈になってる」

一方通行「……」(こいつ、『魔術使い(ワケ有り)』か。どォりで人を掴ませねェ振る舞いしやがる)

一方通行「さっきのまじないは、オマエのお喋りが周りに洩れない様にするトリックか」

土御門「そういう事♪」

ステイル「ポピュラーな術式さ。周りからは僕らが楽しげに振る舞っていれば、一般人が集まって取るに足らぬ雑談をしている風にしか取らなくなる。
君だって、興味の無い会話は聞き取る気もしないだろう?
僕が今使ったのは、それに輪を掛けて関心を持たせないよう働きかける。いわば無関心の加速装置だね」


一方通行「……ポピュラーな魔術っつゥのも妙ォな話だ」

打ち止め・詰まった「! んぐ、けほっこほっ」

背中はたいてやった子守「チッ」


ステイル「もっとも」

ステイル「こんなところに呼び出されさえしなければ、術式を使う必要も無かったんだけどね」ギロッ

土御門「いやー、たまには日本の喧騒にも触れて欲しかったんだぜよ」
(舞夏とここで買い物してたなんてバレたら炙り焼きにされそうだにゃー……
今ならもれなく一方通行から干物にもして貰えそうだぜい)


一方通行「……ンで? これから大事な話が始まりそォだってのに、このまま俺らが首突っ込ンでてイインかよ」

打ち止め「んー…ちょっと苦いなーってミサカはミサカはミサカが頼んだホニャラララテに手こずってみたり」

一方通行「あそこに砂糖だのミルクだの置いてあンだろォが。取ってこい」

打ち止め「おお! さっすがあなた、目の付け所が違うねって、ミサカはミサカは感謝しながら取りに行ってみる!」

971 : Sweetness and bitter7/9[sagasage] - 2011/02/18 20:43:34.59 dK9Y0vPAO 8/12

土御門「いやー微笑ましい光景ですたい♪」

一方通行「見せもンじゃねェぞ」


土御門「……一方通行。お前があの子を守る様に」

一方通行「……」

土御門「ステイルにも守りたい人物が居る」

ステイル「!っ……土御門!!」

土御門「言わばオレ達は三者三様ながら似た者同士。隠しだてをする必要は無いだろう」

一方通行「……」

一方通行「オマエらしくもねェスっカスカの言い分だ。そいつが守る奴があのガキに害を及ぼす存在だったとしたらどォする。
オマエは俺が利用できそォだから、これ幸いと抱き込みに掛かってるだけじゃねェのか」


土御門「御名察。オレは全てを利用する。そうする事で舞夏を守る事ができるなら、どんな存在でもだ」

一方通行「……」



ステイル「……やれやれ」


ステイル「自らの核となる者の名を差し出すと言うことは、この取り合わせにはそれだけの価値がある。

……そう考えて良いのかな」


土御門「その積もりだぜい」


一方通行「……チッ……」

972 : Sweetness and bitter8/9[sagasage] - 2011/02/18 20:45:53.35 dK9Y0vPAO 9/12

――――――――


一方通行「ラストオーダー。芳川から連絡が来た。帰るぞ」

打ち止め「わーい、芳川がキレイになって再登場だねって、ミサカはミサカは再会を楽しみにしてみたり!」

一方通行「大袈裟だっつゥの」

打ち止め「ところであなた、今の金髪赤髪盛り沢山な人達との話はもう良いの? って、ミサカはミサカは疑問を投げ掛けてみる」


一方通行「今日はな」



打ち止め「……」




一方通行「どォした」






打ち止め「危険な匂いがするってミサカはミサカは勘づいてみたり。良い人達だったけど、あなたと2人は心の間合いを測ってた。ミサカはうびゃっ」クシャクシャクシャクシャッ

一方通行「心配すンなら夕メシが入るかどォかが先だ。それと芳川の髪型が反応し辛いザマに変わってやがった場合に備えとけ」

打ち止め「う……それは確かに憂慮すべき可能性かも……ってミサカはミサカは頷いてみたり。


……でも、約束だよ。ミサカは一方通行と、離れたりしないんだから。って、ミサカはミサカはあなたの手をギュッと握ってみる」


一方通行「……」







  あァ。『約束』する


打ち止め「ヘへ」



  良かった、ってミサカはミサカは腕を組んでみたり







973 : Sweetness and bitter9/9[sagasage] - 2011/02/18 20:48:20.91 dK9Y0vPAO 10/12

――――――――


ステイル「……僕としては、巻き込む者を増やすのはあまり好みじゃあないんだけれど」

土御門「ステイル。さっきは偶然だったが、知ってて欲しかったんだぜよ。不条理と戦ってるのはお前さんだけじゃないって事を」

ステイル「…………」

ステイル(不条理か)


ステイル(不条理の足枷からあの子を解き放った上条当麻。
……いったい何をしているんだい。血ヘドを吐いてでも、這ってでも姿を見せたらどうだ。
貴様が宣ったプロローグの幕開けとやらは、ハッピーエンドに繋がる代物じゃあ無かったのかい)


土御門(一寸先は闇、鬼が出るか蛇が出るか……いや、)

土御門(天使が統べるか、人間が出し抜くか)




土御門(……カミやん。お前はこの構図さえその右腕で壊そうとしたのか)

――――――――


打ち止め「♪」

一方通行(学園都市のクソ野郎ォ共に手出しされンのは御免だが)

一方通行(このままイチ抜けたで終わらすつもりもねェ)





一方通行(反撃だ)

974 : Sweetness and bitterEX[sagasage] - 2011/02/18 20:49:33.52 dK9Y0vPAO 11/12

――――――――
ひと月程前


インデックス「とうま! 今日は私も一緒に買い物に付いていくんだよ!」

上条「ん、なんだ、珍しいなインデックス」

インデックス「今日は日曜日だし、学校からとうまが帰るのを待ってる必要が無いからかも!」

上条「そうだな、……それもそうか。
よし、んーじゃあ留守番はスフィンクスに任せて、2人で持てるだけ沢山買い込むとするか!」

インデックス「了解なんだよとうま! あ、でも……」

上条「どうした? インデックス」


インデックス「おかずにさんまはもう飽きちゃったかも」


上条「あ~……そういやここ最近安かったからそればっかり食ってたな……、よぅし、今日は安売りの豚肉狙ってみるか!」

インデックス「うん!」



――――――――
ロンドン・聖ジョージ大聖堂



インデックス「ん……私、寝てたかも……」


インデックス「…………」




    「とうま……」




      終

975 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/02/18 20:51:14.68 dK9Y0vPAO 12/12

改行数トチって10レスに伸びてしまいました……

以上です、ありがとうございました!