541 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州)[] - 2011/04/07 00:49:30.35 2u0s72CAO 1/10

少しレスかります

タイトルは「とある暗部の超電磁砲」です。


乱文かつ駄文かつ恥文にして堕文ではございますが失礼させていただきます。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-26冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301325535/
542 : とある暗部の超電磁砲 1/7[] - 2011/04/07 00:53:59.02 2u0s72CAO 2/10

~とある車内にて~


麦野「あぁっ!?今日の仕事は中止だぁ?ふざけんなよこのクサレ×××!!!!」

『アンタらが仕事が遅いからこうなったんでしょ!何回アイツらに仕事横取りされてんのよ!?』

麦野「チッ……なんだまたアイツらかよ……」

『そうよ!暗部同士で仕事奪い合うなんてことするバカは決まってるじゃない!だいt』

麦野「胸糞悪りぃから電話切るわよ?仕事が入ったら連絡しろ××××」

『あ…ちょっと待ちなs』ブチッ



滝壺「どうしたのむぎの?」

麦野「今日の仕事は中止だって」フゥ

絹旗「それは……ひょっとして超またもや『アイツら』ですか?」

麦野「……あぁ」

フレンダ「結局、もう仕事奪われたのが何回目なのかわからない訳よ」ハァ





麦野「……クソッタレが」ギリッ

543 : とある暗部の超電磁砲 2/7[] - 2011/04/07 00:55:18.24 2u0s72CAO 3/10

~とある研究所にてⅠ~


美琴「これであらかた終わりかしら?」フー

御坂妹「そのようですお姉様、とミサカは辺りを確認しつつ肯定します」キョロキョロ


『御坂さん聞こえますか~?インカム聞こえてたら返事して下さ~い』

美琴「ん?聞こえてるわよ?」

『あ、良かったです~』エヘヘ

『戦闘で近くのカメラが全部ダメになったみたいで……インカムも戦闘中はつながらないんで心配してたんですよ~』

御坂妹「とか言いつつまた甘いものでも喰ってたんだろこの花頭、とミサカは心中でひっそりと罵ります」

『それ全然心中じゃないですよね!?ひっそりしてないですよね!?』ガーン


美琴「ハイハイ喧嘩しないの。それで、標的の居場所はどこなのかわかるかしら?」

『標的はそこの通路の突き当たりを左に曲がり、正面の扉を抜けた部屋にいます』

美琴「ありがと」ニコッ









美琴「それじゃちゃっちゃと殺っちゃって仕事終わらせよっか」バチバチ

御坂妹「はいお姉様、とミサカは銃を構えて前進開始します」チャキッ

544 : とある暗部の超電磁砲 3/7[] - 2011/04/07 00:56:45.66 2u0s72CAO 4/10

~とあるファミレスにてⅠ~


麦野「……アイツらの組織何て呼ばれてるんだっけ?」

絹旗「はい?」

麦野「だから第三位の組織の名前だよナ・マ・エ」

滝壺「『しすたー』だよむぎの」

フレンダ「そういやこの間現場にアイツらが乱入して来た時も、超電磁砲とソックリな子が居た訳よ!双子なのか知らないけど、結局姉妹2人で動くから『シスター』って訳ね!」

絹旗「それがどうも超バックアップ要員にもう1人いるみたいなんですよね」

絹旗「なんでも情報戦に関しては超敵ナシの元スゴ腕超ハッカーらしくて、私らの仕事が超横取りされるのもコイツのせいかと……」




麦野(双子の片割れはきっと例の『第一位のやらされてた実験』で使ってた『妹達』の個体よね……あともう1人のハッカーは一体?)

545 : とある暗部の超電磁砲 4/7[] - 2011/04/07 00:58:13.29 2u0s72CAO 5/10

~とある研究所にてⅡ~



御坂妹「標的の死亡を確認しました、とミサカは腰を上げつつお姉様に報告をします」

美琴「ん、りょーかい。インカムは私のせいでまだ一時は使えないだろうから監視カメラ使って連絡してちょうだい」

御坂妹「わかりました、とミサカはお姉様の能力の強さに辟易しつつまだ生きてる監視カメラを探しに行きます」テクテク





美琴(……私はまた人を殺したのね)

美琴(こんなに堕ちた私達を見たら黒子や佐天さんはどう思うかな……)



美琴(またみんなと会いたいよ……)

美琴(……どうして暗部なんかに堕ちちゃったんだろう)




美琴(ごめんなさい……)

美琴(    )

546 : とある暗部の超電磁砲 5/7[] - 2011/04/07 00:59:31.95 2u0s72CAO 6/10

~とあるファミレスにてⅡ~


麦野(そもそも何故超電磁砲が暗部なんかに堕ちてきた?)

絹旗「飲み物超取りに行って来ますけど皆さん何が超良いですかー?」

滝壺「わたしはまだ良いよきぬはた。ありがとね」

フレンダ「結局絹旗独りじゃ寂しいだろうから、私も一緒に行ってあげるって訳よ」

絹旗「えー……フレンダと一緒とか超邪魔くさいんですけど」ハァ

フレンダ「にゃ!?にゃにおー!??」ガーン

絹旗「ハイハイ超冗談ですから。麦野は何が良いですか?」

麦野(……そもそもやりあった時はアイツはまだ暗部の人間じゃなかったはず)

絹旗「麦野ー?」

麦野(この短い期間に一体何が?)

フレンダ「おーい麦野?」

麦野(しかも他組織の仕事を奪ってまで活動するあの行動力……やっぱり報酬目当て?)

絹旗「……麦野in超自分の世界」アセアセ

フレンダ(ハッ!?これは麦野にあんな事やこんな事、はたまた××××とか×××する大チャンスなんじゃ?」ハァハァジュルジュルペロペロ


絹旗「途中から超声に出てますよ。麦野飲み物は何が良いですか?」

麦野「アイスティーをお願いするわ。あとフレンダはオ・シ・オ・キ・カ・ク・テ・イ・ネ」ニタァ



フレ「 」

547 : とある暗部の超電磁砲 6/7[] - 2011/04/07 01:00:47.06 2u0s72CAO 7/10

~とある研究所にてⅢ~



御坂妹「通路にて監視カメラを見つけました。おそらくあの花頭はこちらを見ているはずですし、とミサカはブツブツ言いながらも、カメラの向こうの(主に頭が)花畑に向かって某ライダーばりのサムズアップをかまします」bグッ

御坂妹「さて、お姉様の所に戻りますか、とミサカは踵を返します」




美琴(……いつまでも悩んでてもしょうがないわよね)ハァ

美琴(私は私の目的の為ならどんな罪も、どんな罰も、どんな犠牲も……飲み込んでみせる)

美琴(……あの時にそう誓ったはず)


『御坂さん、妹さん、聞こえますかー?』

『こちらミサカ10032号、通信状態良好です』

美琴「こちらも良好よ」

『回収に既に来てますので、2人は合流したら裏口の方から出てきて下さい』

『お待ちしてまーす』

『了解しました。ミサカはこのまま通路にて待機してお姉様をお待ちします』

美琴「わかったわ。すぐそっちに行くから待ってて」







美琴(……どんなに血塗れの世界に堕ちようとも構わない。私は、私の目的の為だけに生きる)


美琴(……待っててね   )

548 : とある暗部の超電磁砲 7/7[] - 2011/04/07 01:01:49.48 2u0s72CAO 8/10

~とあるファミレスにてⅢ~



麦野「この変態金髪鯖が」ハァ

フレンダ「     」チーン


滝壺「……ねぇむぎの?」

麦野「ん?」

滝壺「さっきはれーるがんの事考えてた?」

麦野「……まぁ、そんな感じ、かな?」

滝壺「あの子のこと心配?」



麦野「……そんなんじゃねぇーよ」


絹旗「お待たせしm……麦野どうしたんですか?そんなこw……難しい顔して」ビクビク

麦野「ん?いや……雑用が1人ぐらい欲しいなぁとか考えてただけよ」ニコッ

絹旗「雑用?」

麦野「そ、雑用よ。ドリンクバー係兼運転手兼荷物持ち兼ストレス解消係ってとこかしらね」

絹旗(最後が超おかしいです……)

フレンダ「それなら結局下部組織から1人吸い上げれば良いって訳よ」

滝壺「よかった。ふれんだちゃんと生きてた」

フレンダ「生きてるわよ!勝手にフレ/ンダにされてたまるかっての!」キーッ

麦野「下部組織からね……ま、それで良いかしら。今度あの××××女に言っておくわ」

麦野「それじゃ今日はもうお開きにしましょうか」

滝壺「りょーかい」

フレンダ「了解って訳よ」

絹旗「超了解です」








麦野「それじゃ、またね」ニコッ

549 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(九州)[] - 2011/04/07 01:08:36.96 2u0s72CAO 9/10

以上でした。ありがとうございます。
いわゆるifにより原作から分岐した物語のイメージです。

というかこんな一場面じゃ状況がさっぱり判らないかと思いますが、実はコレ長編で書きためしてる物を切り貼りした物です。


長編の方の参考にしたいので、良かったら感想を頂けたら大変ありがたいです。




あと、>>539かぶってしまってすみませんでした

551 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] - 2011/04/07 01:10:14.15 KETnk06lo 10/10

御坂と初春(?)って電子系には最強の組み合わせだな・・・