571 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:01:32.11 T5XXRDWDO 1/8

黒夜「一方通行ってウサギに似てるよなぁ」

一方通行「はァ?」

絹旗「ひぃ?」

黒夜「うっせぉぞ絹旗ちゃん、ヒィヒィ鳴かされたいの?」

絹旗「さすが一方通行の演算パターンを受け継いだ女、口の悪さの格が違った」

黒夜「……きィぬ旗ちゃン後で私の部屋な」
黒夜「例えばさぁ、その真っ白の髪と肌。あと真っ赤な眼」

絹旗「満貫ですね」

一方通行「しょォがねェだろォが、オマエらとは能力の強さが違うンですゥ」

黒夜「それに、寂しがりやで性欲絶倫」

絹旗「おぉっと、超役満ですね!」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-26冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301325535/
572 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:02:24.28 T5XXRDWDO 2/8

一方通行「はァァ!? ちょっ、はァァァァァァ!!!!!?」

黒夜「知ってるんだぜ一方通行、私の幼い体躯に夜な夜な欲情して……」

絹旗「ついでに、私達が帰りが遅くなる度に不安になって、あまつさえ枕を濡らしてることも……」

一方通行「死ね、氏ねじゃなく死ね」

黒夜「あれぇー? 言い返せないのか第一位サマ」

絹旗「キモッ! 超キモッ! 今すぐ出ていってください!」

一方通行「」ブチッ



窒素「」ピクピク

一方通行「あンまりふざけたこと言ってっとぶン殴っぞ」

黒夜「……もう……殴ってるじゃ、ねぇか………」パタッ

一方通行「あ、次は追い出すからな」

絹旗「すみませんでした! 超すみませんでした! 一方通行超かっこいいです!」ペコペコ

一方通行(どォしてこンなひン曲がった性格になっちまったのかなァ……どこで間違ったっけなァ……)

573 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:03:28.22 T5XXRDWDO 3/8

黒夜「女を殴るなんて……だから女が寄ってこねぇんだよ一方ちゃんは」サスサス

一方通行「ゲンコツで済ませてやっただけでも感謝しやがれ。あと、口で言ってもわからねェ犬には叩いて躾たほォがいいンだよ。それとも鞭がお好みですかァ?」

黒夜「怖ぇよ絹旗ちゃん! くそ真面目にとんでもねぇこと口走ってるよ!」



一方通行「だいたいよォ、俺がウサギっつゥなら、オマエは犬だよ。それもとびっきりの駄犬だ」

黒夜「はぁ!? 誰が犬だぁこの真っ白白助!」

一方通行「言うこと聞かねェくせに、褒美やったらすぐ尻尾降りやがって。誘ってンですかァ?」

黒夜「さ、誘って……!? ば、馬鹿じゃねェの! キメェンだよロリコン!」

一方通行「それに、ちょっとイイモン見せたら一生懸命ご奉仕してご機嫌取りやがる。これを犬と言わずになンっつゥンだよ」

黒夜「死ね! 今すぐ死ね! 骨まで砕けろォ!」



……………………………
…………………
………

574 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:05:02.60 T5XXRDWDO 4/8

『……ったく、愉しそォにケツ降りやがって。誘ってンですかァ?』

『ち、違ぇし……! なに勘違いしてんだよクソ野郎……!』

一方通行の言葉に、目を潤ませながら黒夜は反論する。
顔は真っ赤で、羞恥心で心がいっぱいであろうことが手に取れた。

『ン? 犬が喋ったか? こりゃすげェ、ご近所さンに自慢しねェとなァ。勿論、この格好でな』

リードをグイグイと引っ張る一方通行、それを必死に堪える黒夜。

それも当然だ。
たった今、黒夜は一糸纏わぬ姿であり、唯一身に付けているものといえば、臀部から生える、犬の尻尾のようなモノ。
多少観察力が優れている者が見れば、その尻尾が、微妙に、そして小刻みに震えていることに気がつくであろう。


575 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:06:17.12 T5XXRDWDO 5/8

『……わ、わンっ!』

黒夜は、プライドも何もかも投げ捨て、鳴いた。

まだ中学生になったばかりであろうその少女が、身体に幾つもの鞭で叩かれたであろう傷痕と、
首輪とリードを付け四つん這いになっているその姿は、実に犯罪的なエロさを放っていた。

一方通行『そォだ、それでいいンだよ駄犬』

黒夜の鳴き声に、満足気な顔をする一方通行。
だが、彼のサディスティックな願望はまだ冷めてはいない、いや、まだ序の口にも到達してはいなかった。

『せっかくだからご褒美をやろォって思ったが、まだ足りねェよなァ……。つゥことでよ、オネダリだ、分かるな?』

あろうことか、この超変態は、さらなる超変態的行為を求めた。

『わ、わン………』

だが、変態具合は黒夜も負けてはいなかった。
コイツ、あんなに口が悪いクセにマゾっ気が……というか、ただの超ドMである。
ドMの目はとろんと惚けており、その筋の人が見たら射精すること間違いなしであろう。

そして、ドMの行動は加速する。

コロッとベッドの上に転がり、仰向けになる。
そして、そのエロチックなな瞳で上目遣いをして。

その細い足を、大きく開きながら。

『…………ご褒美ください、わン』

576 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:07:20.32 T5XXRDWDO 6/8

そして、一方通行はその言葉で完全に壊れてしまい、

超最後までヤっちまうのでした……。

めでたしめでたし」

一方黒夜「」

絹旗「我ながらナイスな文ですね、将来は官能小説家にでもなりましょうかね……え?」


ガッシ! ボカッ!


絹旗「」ピクピクスイーツ


一方通行「ったく、汚物は消毒しねェとなァ……」

黒夜「まったくだぜェ……」

577 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:08:02.10 T5XXRDWDO 7/8

絹旗「超酷いめにあいました……」ボロッ

一方通行「これ程自業自得って言葉がピッタリなのも珍しい」

黒夜「因果ほーおーってヤツもな」

絹旗「あ、そう言えば」

一方通行「ン?」

絹旗「一方通行がウサギ、黒夜が犬なら、私は超なんなのでしょうか?」
絹旗「可愛い子猫ですかねぇ、見た目的に。いやいや、妖艶な狐ってのもアリですね」

一方通行「あァー……、オマエはタヌキだな」

黒夜「あぁー、それわかるわ」

絹旗「タヌキですかぁ、タヌキも超可愛いですよね。皆に愛されてるって感じがします」
絹旗「けど、理由は?」

一方通行「そりゃアレだろ」

黒夜「もちろんアレだ」

絹旗「…………?」



一方黒夜「「その丸々っとしたお腹周り」」


絹旗「……超殺ォォォォォォォォォす!!!!!!!!!!!」




おわる

578 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/07 22:09:07.22 T5XXRDWDO 8/8

黒夜ちゃんは間違いなくMだよね、ひしひしと伝わってくるわ

んじゃ、お疲れ様でした。