979 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/14 02:30:02.79 HztVA8iDO 1/3

1レスもらいます

980 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/14 02:31:11.12 HztVA8iDO 2/3



見るからに幸の薄そうなウニヘッドの少年、上条当麻はいつものようにスーパーからの帰路に立たされていた。袋から覗くは、とても一人では食べきれないほどの大量の食料。上条はちらりとそれを横目で見ると、はぁと大きな溜息をついた。

上条「もし、インデックスが俺と同い年だったらなぁ……」

家事の手伝いだってしてくれて、噛みつくなんてこともしなくなるんだろうなぁ……とありえもしない幻想を思い描く。いやしかし、こんな考え方も出来るのではないか? 買い物袋を握る右手に目線を落とした。

上条「こっちの世界が幻想なんてことも? それなら――」

上条「そげぶ!」パリンッ
ってそんなこと、あるわけないか」テクテク

上条「ただいまーっ」キィ

「おかえりなさいなんだよ、とうま」ニコニコ

上条「」

「お洗濯ものなら畳んでおいたから、確認してほしいかも」ニコニコ

修道服の上からでもわかる出るとこが出て引っ込むところは引っ込んだ抜群のプロポーション。すっとした鼻筋に、ちょこんとした桃色の唇。大きな瞳。
一度見たら間違えようのない、美女。
知らない、こんな知り合いはいない。
しかし彼女の光を織り込んだかのような銀髪に、見覚えがあった。

上条「インデックス……?」

イン「なに言ってるの? とうま、あたりまえじゃない」クスクス


―――


上条「という夢を見たんだ」キリッ

イン「……今のわたしは不満ってことかな?」ニコリ

上条「」

イン「ちょっと許せないかも! 覚悟するんだよ!」

ガブーッ

上条「ふ、不幸だああああああ!」



981 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] - 2011/04/14 02:34:29.19 HztVA8iDO 3/3

おわり
一方通行が男という幻想をそげぶしたかった
お目汚し失礼しました

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-26冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1301325535/