118 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県)[sage] - 2011/04/16 20:50:47.87 Z+D2PhF0o 1/3

流れを切るようで悪いですが
少し思いついたネタを投下するのに1レス借ります
やっつけで書いたものなので文章がおかしいところがあるかもしれませんが
ご了承ください

119 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県)[sage] - 2011/04/16 20:51:35.34 Z+D2PhF0o 2/3



上条「ん?なんだこの穴?」

そこには今まで見たことがない小さな穴が開いていた

上条「こんな穴なんてあったかな?まったく覚えがないな……」

はてさて、いつの間にやらいつもの不幸のせいでこんな穴でもあけたのかなと
思い返してみてもまったく思い当たる節はなく
特に気になることでもないのでこの件については考えることをやめにした

上条「ちょっと気になるし覗いてみるか。たしか隣は空き部屋だったよな」

と考えてからその穴を覗いてみたが

上条「ん?なんだ?なんか真っ赤になっててよくわかんねえぞ?」

穴を覗いてみても隣の部屋はただ真っ赤なだけで何がどうなっているのかさっぱりわからないのだ

上条「う~ん?どういうことだ?まぁ考えたってわかんねーだろうしほっとくかぁ」

と考えることをやめ普段通りの生活を送ったのだ
そしてそれからというものの毎日毎日その穴を一回は覗いてみるのだが
いつも真っ赤なままで特に変化が起こることもない
そして一週間が過ぎようとしたとき

土御門「あ、そういえば上やん」

上条「ん?なんだ土御門」

土御門「上やんの隣に引っ越してきた人のこと知ってるかにゃー?」

上条「何言ってんだよ土御門。俺の隣はお前だろ?」

土御門「そうじゃないにゃー反対側のほうにゃー」

上条「あれ?誰か引っ越してきてたのか?まったく物音がないしそんな感じもしなかったぞ?」

土御門「そんなはずはないぜよ。隣には一方通行が住んでるはずだぜい」

上条「へぇ~一方通行がねぇ……って、ええ!?」

土御門「ん?上やんどうしたんだにゃー?」

上条「ああ、いやなんでもないんだ……」

土御門「?そうかにゃー?」

この時上条は理解してのだ。いや理解してしまったのだ。
真っ赤な部屋、隣に引っ越してきたのは一方通行
その事実から導き出される真実に……

120 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(岡山県)[sage] - 2011/04/16 20:52:35.74 Z+D2PhF0o 3/3

以上です

既出のネタでしたら申し訳ありません

設定とか全然考えてなかったりするので本当にただの一発ネタです

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-27冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1302720595/