267 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国)[sage] - 2011/05/28 22:35:38.57 u0KxD4ZAO 1/11

10レス前後もらいます
超電磁砲組のMMRネタです

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-29冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1305991024/
268 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:36:52.86 u0KxD4ZAO 2/11

第一七七支部

佐天「何してんの初春ー?」

初春「新しい都市伝説を発見したんです」

《学園都市には吸血鬼退治の専門家、吸血殺しがいる》

黒子「吸血鬼~?ハッ、この科学最先端の学園都市でオカルトなんて」

初春「信じてないんですねナワヤさん」

ナワヤ「誰がナワヤですの!?って何で名前がナワヤになってますの!!」

美琴「みんなおはよー」

佐天「あ、御坂さんおはようございます」

初春「あれ?御坂さんがもう1人?」

御坂妹「初めまして、お姉様のDNAから作られた」

美琴「実は私双子の妹がいたのよ!」

佐天「御坂さんに双子の妹!?」

黒子「黒子は聞いておりませんわどういう事ですのお姉様!?」

初春「なんか怪しいですね」

美琴「初春さん頭の花なんだけど」初春「なんのことです?」

美琴「そういう事よ」

佐天「そういう事ですか」

黒子「そういう事なら仕方ありませんの」

御坂妹「これからよろしくお願いします、とミサカはお姉様達の輪に入れて嬉しい事を表現します」

初春「そんな事より御坂さんこれを見てください」

美琴「吸血鬼?…ってドラキュラとかの?」

269 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:37:57.13 u0KxD4ZAO 3/11

御坂妹「吸血殺し…聞いた事がある、とミサカは呟きます」

佐天「知っているのか雷電!?」

御坂妹「雷電といえば吸血鬼とも戦ったFOXHOUNDの隊員です、とミサカは賢雄ボイスに憧れつつもいつかは無限バンダナを現実に手に入れたいと」

黒子「脱線しまくりですの!!」

御坂妹「まあ吸血鬼退治するには十字架ですよ、とミサカは手で十字を切ります」

初春(自由だなあ…)

美琴「じゃあ早速探すわよ!」

―こうして彼女達MMR(ミコトミステリールポルタージュ)は吸血殺し探索に出動した!

270 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:38:54.71 u0KxD4ZAO 4/11

とある研究所

木山「やあ、よく来たね」

初春「木山先生は吸血殺しについて何か知っていますか?」

木山「吸血殺しか…どんな能力だと思う?」

美琴「やっぱり吸血鬼を殺す能力なんじゃないかと」

木山「ふむ、しかしそんな汎用性のない能力者というのも…原石ならあり得るな」

佐天「原石?」

木山「簡単に言うと生まれつきの能力者。能力は唯一無二、汎用性がなくてなんだかよくわからない能力が多い」

黒子「なんですのその説明は?」

木山「仕方ないだろう本当によくわからない能力なんだから、ちなみに第七位も原石だ」

美琴「第七位もかどうりで…まさかアイツも原石!?」

御坂妹「あの方は単純に原石と言えるかどうか、とミサカはあの方にもらったペンダントをじっと見つめます」

木山「まあ学園都市は広い、案外ばったりと出会うかもしれないぞ」


とある街角

初春「結局大した情報は獲られませんでしたね」

佐天「そうだねえ、しかし生まれつき唯一無二の能力かぁ」

271 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:39:30.11 u0KxD4ZAO 5/11

御坂妹「第七位以外のレベル5は有用性が高いですから原石ではありませんね、とミサカはお姉様に買ってもらったクレープをナワヤさんから守りつつ自己の考えを述べます」

ナワヤ「妹様お願いですから半分こしましょう!ってまた名前がナワヤになってますのぉぉぉぉ!!」

美琴「本当にいるのかしら吸血殺し」


『吸血殺しの紅十字!!』


『いたー!!』

272 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:42:37.04 u0KxD4ZAO 6/11

とある路地裏

ステイル「灰は灰に、塵は塵に…吸血殺しの紅十字!!」

魔術師「ひ、ひげー」

ステイル「片付いたか、あの子を狙うなんてこの僕が見逃すとでも」

美琴「うわー灰になってるわこれ」

魔術師だったもの「」

佐天「吸血鬼って死んだら灰になるんですねー」

黒子「吸血殺し、本当にいましたのね…」

初春「吸血殺しは炎を武器にするか…パイロキネシス系なら私も…」

ステイル「な、なんなんだ君達は!?」

御坂妹「はじめまして、ミサカ達はミコトミステリールポタージュ略してMMRのメンバーです、とミサカは説明します」

美琴「貴方が噂の吸血殺しね?で、そこのは吸血鬼だったものと」

魔術師だったもの「」

ステイル(僕が吸血殺しで吸血鬼を倒した?何を言ってるんだ彼女達は?)

美琴「自己紹介が遅れたわね。私は御坂美琴、超電磁砲って言った方がわかりやすいかしら?」

ステイル(超電磁砲!?土御門が言っていた超能力者か!くっ、レベル5に加えて能力のわからない相手が四人、対してこっちは一人、分が悪すぎる!)

ステイル(ここは適当に話を合わせて戦略的撤退をするか)


273 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:43:39.55 u0KxD4ZAO 7/11

美琴「あの…?」

ステイル「ああ、すまない何せいきなりだったからね。で、僕に何の用かな?」

美琴「はい、実は…あれ?」

黒子「どうなさいましたのお姉様?」

美琴「いや、見付けた後の事を考えてなかったわ。佐天さん何か考えてる?」

佐天「え?いやー私も何も、初春?」

初春「私も何もないですね」

御坂妹「ミサカも特に聞きたい事はありません、とミサカはその場のノリと勢いの恐ろしさを実感します」

ステイル「…用がないなら僕はこれで失礼するよ」

黒子「申し訳ありませんの、ところでその顔のバーコードは何ですの?」

美琴「!?」

ステイル「これかい?まあオシャレの一環かな」

黒子「そうですか、お引き止めして申し訳ありませんでしたの」

ステイル「じゃあ僕はこれで…何だったんだ彼女達は?」

美琴「……」


一七七支部

黒子「まったく皆さん無計画にも程がありますわ」

初春「白井さんだってノリノリだったじゃないですか」

御坂妹「でも吸血殺しが本当にいた事は収穫です、とミサカは結果に満足します」

佐天「御坂さん、さっきから無言ですけど何か引っ掛かるんですか?」

274 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:45:48.14 u0KxD4ZAO 8/11

美琴「…さっきの吸血殺しにはバーコードがあったわよね?」

佐天「はい、それがどうしたんですか?」

美琴「初春さん、都市伝説のサイトを開いて!」

初春「は、はい!…開きました」

美琴「そうか…そういう事だったのね!」

黒子「どういう事ですのお姉様!?」

美琴「これを見て」

〈人体に表示されているバーコードは獣の数字が登録されている〉

美琴「つまり…吸血殺しは悪魔だったのよ!!」

『な、なんだってーーー!!??』

初春「待って下さいキバヤシさん、じゃなかった御坂さん!悪魔が十字架を切るんですか!?」

御坂妹「確かに彼は吸血殺しの紅十字と言っていました、とミサカは過去ログを参照します」

美琴「それも説明が付くわ、十字架は悪魔の力を封じる物。あの吸血殺しは強力過ぎる力を封じて活動しているのよ、彼が本気を出せば…」


美琴「人類は滅亡する!!」



『な、なんだってーーー!!??』




275 : 美琴「吸血殺し、かぁ」[] - 2011/05/28 22:47:47.75 u0KxD4ZAO 9/11

美琴「こうして我々MMRは人類滅亡に繋がる恐ろしい真実にたどり着いてしまった、我々に出来る事は赤髪の吸血殺しの矛先が人類に向かない事を祈るばかりである……まる」

黒子「…お姉様、それは一体どういうツッコミ待ちですの?」

佐天「…御坂さん、御坂さんの目には本当に何が映っているんですか?」

初春「お茶が入りましたよー」

御坂妹「結構なお手前で、とミサカは厨二なんてこんなものだからもっと気楽にいきましょうと友達を激励します」


とあるスーパー

姫神「私のアイデンティティー。崩壊」

上条「どうした姫神?もしかして買い物に付き合わせて迷惑だったか?」

姫神「ううん。私は貴方と一緒ならそれでいい」

上条「今日は姫神も家で晩飯食おうぜ、インデックスも喜ぶし」

姫神「私の時代。到来」


276 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国)[sage] - 2011/05/28 22:50:10.21 u0KxD4ZAO 10/11

以上です

グダグダなのは認める、が仕方ないんだよ!!
ネタがもう一本あったりするから困ったものだw

277 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] - 2011/05/29 00:15:52.14 trDPI7LC0 11/11

乙ん
このタイトルで出番のほとんどない姫神ェ……