935 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga] - 2011/06/11 18:16:21.54 R+DTjvBg0 1/5

人間の思い違いとすれ違いによる悲しい戦争と、大切な物を捧げるだけの覚悟に至る葛藤に纏わるお話です。
3レスほど頂きますが、特に一方通行さんがとてもシリアヌスなのでご注意ください。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-29冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1305991024/
936 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga] - 2011/06/11 18:19:04.17 R+DTjvBg0 2/5

インデックス「ああもうっ、私は限界なんだよ!」

上条「どうしたんだよ帰宅早々」

インデックス「私がこもえのウチでお掃除のお手伝いしてるの、とうま知ってるでしょ?」

上条「ああ、生活ギリギリの上条さん家を思い遣っての小萌先生の支援バイトな」

インデックス「そこで居候のあわきからセッ○スチェックを受けたんだよ!!」

上条「―――――は?セ……?」

インデックス「セ ッ ク ス チ ェ ッ ク !!」

インデックス「女性スポーツ選手なんかが女性であるか確かめる為に受ける検査、別名『フェミニティテスト』!あわきは私を女性かどうか疑ったんだよ!」

上条「なんでまたインデックスを……シスターの格好してるしどう見ても女の子だろうに」

インデックス「あわき曰く『汗掻きながら家の為にと一緒に奉公に勤めるのがショタなら凄く美味しい展開なのに……いえ、まだ諦めきれないわ。ちょっと脱いで確認させなさい』」

インデックス「そう言って薄らと唇を吊り上げた彼女は持ち得る才能を私欲と暴行に費やし、嫌がる修道女の衣服を一瞬にして剥ぎ取ると酷く冷淡な笑みでこう言ったのだ」

インデックス「『はっ……ショタじゃないどころか只のマナ板の生娘なんて、何の価値もないわ』―――――とうまっ、私はもう限界なんだよ!耐えきれないかも!!」

上条「結標のヤツ……歪みねえな……」

インデックス「そもそも!とうまや私みたいなこんな年端のいかない子供達がせくせく働いてもまだ生活が厳しいようなシステムしかない学園都市がおかしいんだよ!!」

上条「いや生活厳しいのは俺の不幸体質とお前の暴食の所為なんだが。そもそもお前学園都市の正式な住人じゃないし」

インデックス「奨学金制度がレベルに準じているのもおかしいかも!一生無能力者は虐げられていろっていうの!?」

上条「でも御坂や一方通行みたいな高位能力者はその分危ない実験にもかなり付き合わされてるしなあ……」

インデックス「今こそアナルコサンジカリスムの時なんだよ、とうまっ!!」

上条「いやアナ――――なんでせうか?」

インデックス「アナルコサンジカリスムだよ!!」

インデックス「労働組合を中心とした革命を起こして、革命後の新社会の産業管理は労働組合によるとする19世紀末から20世紀初頭に唱えられたフランスの思想なんだよ」

インデックス「学園都市に所属する学生達は全て研究対象とされているはずなのに、お給金代わりの奨学金がこんなに差別されるのはおかしい!!」

上条「いやだからそれは参加する研究の内容によって優劣付いてるだけですから!企業の質とポジションと仕事量によって給料変わるサラリーマンと同じですから!」

インデックス「今こそ労働者たる我々による革命の時なんだよ!!」

上条「お前能力開発受けてねえだろォおおおおおおお!!!!!」

インデックス「学園都市上層部との戦争になるかもしれない――――かおりとステイルも呼ぶんだよ」

上条「シスターなら少しは平和的解決とか目指せよ!武力行使は最終手段にしてくれよ!!」

インデックス「十字教の歴史……それは悲しくも他民族との争いも含む血を纏ったものだった。ですが神よ!弱き子羊を救う為、今一度我らが赤く穢れる事をお許しください!」

上条「人の話を聞いてェえええええええええええ!!!!」

937 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga] - 2011/06/11 18:21:11.28 R+DTjvBg0 3/5



上条「飛び出したインデックスを追って外へ出てみたものの、途中不幸にもマンホールに落ちた所為で見失ってしまった……」

上条「やばいやばいやばいやばい」

上条「聖人なんて呼ばれて暴動起こされてみろ、科学サイドと魔術サイドのバランスが崩れちまう……事が大きくなる前になんとかインデックスを止めねえと……」

上条「でも神裂一人でも相手がキツイのにステイルや――――もし仮にアニェーゼ部隊なんかまで参戦されちまったら力的にも数的にもマズイ」

上条「俺一人じゃ無理だ、なんとか味方を増やさないと」

上条「本当はあいつらが騒ぎを起こしたとしても暫く誤魔化せるようなコネを持ったヤツがいいんだが、土御門はタイミング悪くイギリス行っちまってるし………」

上条「他に、他にそーゆー事に長けたヤツは――――――アレ、一方通行?」



上条「おーい、一方通行!」

一方通行「……チッ、三下か。わざわざ引き止めやがって何の用だ?」

上条「ちょうど良い所に!頼みたい事があるんだ!」                             ○≡≡≡≡≡

一方通行「出会い頭で他人様に厄介事持ち込むのがヒーローのやる事ですかァ?」

上条「お前に迷惑かけちまうのは悪いと思ってる。でも、俺にはお前が必要なんだ……頼む」        ○≡≡≡≡≡

一方通行「(ヒーローが俺を頼って―――)な、ンだよ……」

上条「実は……(ハッ!高い能力の所為で嫌な目にも遭って来た一方通行に『力を貸せ』なんて言うのは意外にナイーブなコイツを傷つけるかも!オブラートに包んで……)」            ○≡≡≡≡≡

上条「じ、実は、貸して欲しいものがあってな。それというのもアナル、ゥブウッ!!!!」○≡≡≡≡≡ゴワッシャアァ!! ← 超剛球

上条「」チーン



一方通行(あ、アアアアアアアアアアアアアナルだとォおおおおおおお!!!!!)



938 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga] - 2011/06/11 18:23:52.58 R+DTjvBg0 4/5

一方通行(アナルを貸せ、だとォおおおおおおお!!いや、だが男同士でシたって何の生産性も……ハッ!考えてみろ一方通行、果たしてコンドームとはなンの為に有りやがる!? ガキが出来るのを避ける為だ!子孫繁栄を目的としない性交が世間一般に常識として広まっているなら、それに生産性が伴うか否かは何の測りにもなりはしねェ!!)


上条「痛てて……急にボールが打つかるなんてやっぱり不幸だ……」                            ☆≡≡≡≡≡

上条「つーか何言おうとしてたんだっけ? あ、そうそう。そもそもインデックスがアナルコサンジカリスムとか言い出してっつー所からだ」         ☆≡≡≡≡≡


一方通行(つまりはヒーローの願いを聞き入れるかどうかは俺次第っつー訳だ……無論俺は男に興味はねェしケツ掘られる趣味もねェ。だが、ヒーローだってそんな事分かってる筈だ。分かっている上で恥を忍んで俺に頼んでいる筈だ。あれだけ世話になったヒーローを俺は無下に扱っていいのか? 初めては大切にしたいなンて生娘みてェな事は言わねェ。でも、ア、アナル、はっ―――――!)ブツブツ


上条「あの、一方通行さん……?俺の話聞いてます……?」                          ☆≡≡≡≡≡

一方通行「あ、あァ問題ねェ。(ヤベェ聞いてなかった。しかし恐らく全てを振り絞って告白してきただろうコイツにそんな事言えねェ……)」

上条「なら良いんだ。……まあ、要は協力して欲しいんだよ。インデックスとのセッ○ス、ゥブルチッ!!」☆≡≡≡≡≡ゴワッシャアァ!! ← 謎の小隕石



一方通行(アナルを貸す相手が、シスターだとォおおおおおおおおお!!!!)



上条「あー死ぬかと思った、今度は隕石かよ全く。……えーと何処まで話したっけ?ああそうだ。『協力して欲しいんだ。インデックスとの、セッ○スチェックによって始まった悲しき戦争を止める為に!』からだ」

一方通行(男のケツを、女に使わせるだと……!?しかもあのシスターの相手を、ヒーローが必死になって探している……一体コイツら何に巻き込まれているっつーんだ!? いやそれともペニバンで男を掘る事を趣味とする処女シスターの淫靡な姿を眺めるのがヒーローの趣味でしたなンて展開じゃねェだろォな! 男に掘られるのも抵抗アリまくりだってェのに、女相手なンか冗談じゃねェぞ!!)ブツブツ

上条「と言う訳でインデックスの暴走阻止を手伝って欲しいんだが………おーい、一方通行さーん聞いてますかー?」

一方通行(――――――ハッ、何言ってやがる。オマエは散々ヒーローとあのシスターに世話ンなったじゃねェか。木原ン時も、ロシアでも、アイツらが居なかったら俺も打ち止めも………覚悟を決めろ一方通行、今こそ報いる時が来たンだ!!)

一方通行「上等じゃねェか俺も腹を括る!協力するぜ、この三下がァ!!」

上条「その気になってくれたか一方通行!お前が居ると心強いぜ!!」

一方通行「こうなったらもうどンなサービスだってしてやるよ!ただ………」

上条「ただ?」



一方通行「――――――はじめては、ベットだからな /// 」ポッ



一時間後、作戦会議にと連れ込んだ俺の自室で一方通行がシャワーを浴びようとした事から互いに噛み合っていなかった事が漸く判明。
諸悪の根源たるインデックスはいつの間にやら小萌先生主催・結標提供の豪華絢爛焼肉パーティーで機嫌を取られ、学園都市は殆どの住人がその事実を知らぬまま、アナルコサンジカリスムの危機を乗り越えたのであった。

939 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[saga] - 2011/06/11 18:24:54.38 R+DTjvBg0 5/5

以上です。
大切な仲間の為に自分の身を犠牲に出来る一方通行さんはとてもカッコイイと思います。
弱者を護ろうとするインデックスさんのシスターらしさも上手く表現出来たと思います。
コミュニケーションって難しいですね。