994 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/08/30 18:03:26.03 wBHXgm/DO 1/6

埋め代わりに時間が出来次第書きたいネタ



「私と一緒に地獄の底までついてきてくれる?」

「キミと一緒なら地獄のわけないやろ
……ついていくで、途中で断ったって知らんからな」


青髪ピアス×禁書目録


「あの子は、禁書目録は……一年ごとに記憶を消す必要がある」

「それって」

「あの子のためを思うなら、僕たちに渡してくれないか」


少年は少女に恋をする
少年漫画の主人公のように、ラノベの主人公のように
唐突として現れた非日常に
――少年は勘違いをしていたのかもしれない


「だけど、それが諦める理由になんてならへん」

「惚れた女の子一人守れないで何が男や!」


少年は吼える
何ら特別な力などないその拳を握って


「あなた、辛そうな顔をしてるけど……大丈夫?」

「キミは……」


小ネタスレ向きだったかな
まぁいいか人いないし

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-32冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1311847989/
995 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国)[sage] - 2011/08/30 19:18:23.53 E372q/4AO 2/6


では俺も埋め1レス


「私と一緒に地獄の底までついてきてくれる?」

サーシャ「第一の解答ですが、地獄には行きたくないので地獄の底から貴女を引き摺り上げます」


神裂「戦う前に問います、彼女を渡してもらえませんか?」

ワシリーサ「だが断る。このワシリーサの好きな事の一つはサーシャちゃんに萌えとエロのギリギリの衣装を着せて恥ずかしがる様子を実況スレにグハァ!」

サーシャ「第一の質問ですが、話の続きはこの変態にトドメを刺してからでいいでしょうか?」

神裂「いやあの殺すのはやりすぎじゃ」


ステイル「あの女狐め!あの子にこんな呪いを!」

神裂「あれは竜王の息吹!」

ワシリーサ「大丈夫よ、今のサーシャちゃんは大天使の加護を受けているわ」

ミーシャ「問一、汝は敵か?」

ペンデックス「目標の優先順位を変更」


正教と清教が交差する時、物語は始まる!

996 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage] - 2011/08/30 19:26:06.52 D2lxwGg/o 3/6

ばかもーん、ロシアは成教だ!

997 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(中国・四国)[sage] - 2011/08/30 19:45:29.92 E372q/4AO 4/6

まーちーがーえーたー!!

不幸だ

998 : まずは、そのふざけた幻想を……[saga] - 2011/08/30 20:24:57.78 R4Juz59p0 5/6

「私と一緒に地獄まで来てくれる?」

「いいわよ。お姉さんが地獄までイカせてあげるわ」

「私の事を守ってくれないの?」

「お姉さんは責めることしか能がないの」

「わかった。元気にするんだよ」

スレ埋め用に一つ

999 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/08/30 20:56:33.59 wBHXgm/DO 6/6

さて埋めるか