882 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/10/24 00:08:32.52 B/dhGciB0 1/3

1レス失礼します

むしゃくしゃして書いた

通行止めです

883 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/10/24 00:09:14.86 B/dhGciB0 2/3

ちゅっと小さな水音。

なるほど本当にこんな音がするのかとあほ毛の少女は頭の片隅で思う。
生後数カ月、ファーストキスである。

少女からキスをされた白い少年。
目を丸くし数秒固まった。
そして見事に赤く顔が染め上がる。

「なっなっンあにしやがる!!!クソガキッ!!!!!バカか!バカ!」

「あっあっあかわああいいいあなた!!!ってミサカはミサカは思わずあなたに頬ずりしたり!!」

「ふざけっ…ちょっまてっ、おま、まだする気か!……っまて」

「もっともっとってミサカはミサカはちゅっちゅしてみたり!」

三人掛けのソファーに二人きり。
少年と少女の攻防はどちらかが折れるまで続く。




が!そんなその時!ベランダに謎のシルエット!
ガラガラ!と窓を開ける音と共にババーン!と登場!

「もうお前ら結婚しろ!このリア充が!とミサカは全ミサカを代表して床に唾を吐きかけます」

堂々と現れたのはごついゴーグルを身に付けた可憐な少女!

「っぺ!末永く爆発してろ!とミサカは颯爽と立ち去ります」

「あ、もう?ばいばーいってミサカはミサカは手を振ったみたり!」

「……え?……え?えええェェ!!!」

「あれはあの子たちなりの祝福だよってミサカはミサカは・・・・・隙ありいぃっ!」

「やめンかあああァァ!!!……っいたるところにするなっそこっばか、クソガキィィ……!!」

少年と少女の攻防は続く。

884 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/10/24 00:15:48.08 B/dhGciB0 3/3

頬染め一方通行がマイブーム

今日、いやもう昨日か……本買いに行きたかったよ、本当、うん

失礼しました



元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-33冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1314623016/