800 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:19:45.35 Bv2l2RRF0 1/7

5レス程頂きます。
上条ハーレムものです。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-37冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334385245/
801 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:20:44.23 Bv2l2RRF0 2/7



――学生寮



上条「あー……狭くて悪いな」

神裂「私はかまいませんよ。そのほうがくっついていられますし……」

御坂「ちょっとアンタ退きなさいよコイツの隣は私の席なんだから!」

禁書「短髪がどくんだよ!」

上条「ほら喧嘩するんじゃない」

禁書「あ、とうま。私お腹が減ったんだよ」

上条「あ? あー。じゃあ何か作るよ」

禁書「おいしいのを作ってね!」

上条「あんまり我侭言うものじゃないぞ」ナデナデ

禁書「わっ/// いきなり撫でられるとびっくりするんだよ!」

802 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:21:41.14 Bv2l2RRF0 3/7



上条「はい、どうぞ上条さん特性オムライスですよ」

オルソラ「はい、あーんなのでございますよ」

上条「あーん……うん美味しいよ」

オルソラ「ふふ、照れてしまうのでございますよ///」

上条「上条さんが作ったんですけどね」

御坂妹「ミサカも負けていられませんね。はいあーんと自分の使用したスプーンを差し出します」

上条「あーん……うん美味しいな」

御坂妹「しかし本当に料理がお上手ですねとミサカは上条当麻の料理スキルを再確認します」

禁書「とうまの料理は本当美味しいんだよ!」

上条「はいはい、どーも」

803 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:22:41.95 Bv2l2RRF0 4/7



上条「二人はあーんしてくれないのか?」モゾモゾ

禁書「ひぁ!? とうっ、ん、やぁ……そんなとこ触らないで欲しいかも」

神裂「そ、そういうのは食事が終わってからにしましょう……///」

上条「あぁ、うん。その方が良いな」

御坂「こ、今度はアンタがあーんしなさいよ!」

上条「勿論いいぞ。ほら、あーん」

御坂「あ、あーん」

オルソラ「私にもして欲しいのでございますよ」

神裂「わ、私も!」

禁書「私もして欲しいかも!」

上条「あんまり叫ぶと近所迷惑になるんでやめて下さいねー」

804 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:24:24.83 Bv2l2RRF0 5/7



上条「そんなに騒がなくても全員にしてやるさ。お? お前はあんまり食べてないな?」

神裂「おや、本当ですね体調でも悪いんですか?」

御坂「え、そうなの?」

禁書「気がつかなかったんだよ」

オルソラ「熱があるのでございますか?」

御坂妹「呼吸、体温共に正常だと思いますがとミサカは分析します」

上条「……」

805 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:25:55.78 Bv2l2RRF0 6/7



刀夜「みんな心配してるじゃないか。どうなんだ? 当麻」

当麻「自分の父親がハーレム築いてる前で普通に飯食える息子なんかいねぇよ……」

刀夜「なんだ当麻、お前そんな事気にしてたのか?」

当麻「そんな事じゃねぇよ! 学生寮に大群で押し寄せられて親のハーレムを見ながら俺は全員の飯を作る!」

当麻「しかも誰一人疑問に思ってないんだぞ!?」

刀夜「混ざりたかったなら言ってくれればいいじゃないか」

禁書「そうなんだよ! とうやは優しいから混ぜてくれるんだよ!」

刀夜「あぁ、母さんには内緒だぞ?」

当麻「そんな不健全なハーレムに混ざれるか!」

刀夜「大丈夫、大丈夫。父さん自分の息子でもイけるから」

当麻「うわあああ! 不幸だぁあああああああああああ!」

806 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2012/09/02 23:27:33.31 Bv2l2RRF0 7/7

終わりです
お目汚し失礼しました