137 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:46:43.24 D6faxM/SO 1/9


七レス貰います。

>>54に捧げます。砂皿×ステファニーです。

キャラの口調練習を兼ねてますのでクオリティは目を瞑ってやってください。


※>>54
とある病室の面会時間
http://toaruss.blog.jp/archives/1046201007.html

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-40冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379543420/
138 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:47:44.74 D6faxM/SO 2/9


ステファニー「トリック・オア・トリート!」

砂皿「……」

ステファニー「トリック・オア・トリート!」

砂皿「……」イラッ

ステファニー「トリ~ックオアトリ~ト~」

砂皿「……」イライライラ

ステファニー「トリック! オア! トリート!」

砂皿「…………」イライライライライライラ

ステファニー「ト! リ! ッ! ク! オ! ア――――」

砂皿「うるさいっ!!」チャキッ!

ステファニー「ぎゃあ!? ちょっと砂皿さん、銃口向ける相手はこっちじゃありませんよ!? あっち! あっち!」アセアセ

砂皿「いやこれでいい。今日こそは貴様のその空気の読めないふざけた性格を叩き直してやる」パシュン

ステファニー「危ねえっ!! 砂皿さん! 今日の依頼狙撃ですよね!? 何故室内用の小型サイレンサー銃持ってるんですか!?」

砂皿「決まっている。目の前のクソガキを撃ち殺すためだ」パシュッ パシュッ

ステファニー「すみません! 集中しているところ大声で邪魔しちゃって本当にすみません! だから銃を下ろしてくださーい!」ヒイイイ!

139 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:48:44.14 D6faxM/SO 3/9



5分後。


砂皿「……弾切れか」チッ

ステファニー「ぜぇ、ぜぇ……た、助かった……?」チラ

砂皿「たまにはマシンガンの使い心地を試してみるか」ガシャッ

ステファニー「やめてください! 砂皿さんがマシンガンを使ったら私100パー死にますから!」ダキッ

砂皿「おい何抱き着いているんだ! 離れろこのバカ!」グググ…!

ステファニー「残念ながらこれは罰なのでその話はきけません!」ギュウウウ

砂皿「罰だと?」グググ…!

ステファニー「トリック・オア・トリート! って、さっきから言ってるじゃないですか」
砂皿「……つまりあれか? 私からお菓子を貰うまで貴様はそうしているつもりなのか?」

ステファニー「はい! なんでしたらこのままでいても私は一向に構いませんよ?」ニコッ

砂皿「貴様に引っ付かれても煩わしいだけだと改めて認識したからパスだ」

ステファニー「……」ムス

砂皿「どうした、急に不機嫌そうな顔をして?」

ステファニー「……トリック・オア・トリート! 引っ付かれるのが嫌ならお菓子下さい!」

砂皿「……貴様、何か怒っているのか?」

ステファニー「怒ってません!」プイッ

140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:49:48.76 D6faxM/SO 4/9


砂皿「変な奴め……、いや元から変人ではあるが」

ステファニー「砂皿さん? 言っときますけど私のライフごりごり削れてますからね? 平然としてるようで心では大泣きしてますからね?」

砂皿「だったらさっさと離れろ」スッ

ステファニー「……これ、何ですか?」

砂皿「さっき町中で試供品だと言って配っていた歌舞伎揚げだ」

ステファニー「カブキアゲ?」キョトン

砂皿「煎餅の一種だ。この前食べたあられと同じ、米を用いて作った菓子だ」

ステファニー「あーあのサクサクで美味しいお菓子! あれと同じ物なんですかこれ?」

砂皿「使っている米は別だから食感は違うな。これはボリボリと食べる」

ステファニー「ほほう、砂皿さん、早速これ食べてみてもいいですか?」

砂皿「貴様にやったのだからいちいち私の許可を取る必要などない。好きにしろ」

ステファニー「じゃあ遠慮なく……。いただきまーす」ザクッ

ステファニー「……」ボリボリ

ステファニー「……」ザクザク ボリボリ

砂皿(気に入ったか……)

141 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:51:26.42 D6faxM/SO 5/9


ステファニー「――――って、そうじゃなくて! トリック・オア・トリートですってば!」

砂皿「今渡しただろ」

ステファニー「えー? ハロウィンに煎餅あげるとか、砂皿さんのセンスって壊滅的――――痛い痛いすみません!」ジタバタ

砂皿「お菓子はお菓子だろう。いいから離れろ鬱陶しい」シッシッ

ステファニー「……そんなに、私に抱き着かれるのが嫌ですか……」ボソ

砂皿「……何?」

ステファニー「……何でもありません。お菓子、ありがとうございました」スクッ

砂皿「……そうか。ふー、やっと体が自由になった」コキコキ

ステファニー「それは良かったですね……」ムスー

砂皿「まったくな。さて、ステファニー、私から貴様に言わなければならない事があるんだが……」

ステファニー「……? いったい何です――――」






砂皿「トリック・オア・トリート」






ステファニー「…………へ?」

142 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:52:54.85 D6faxM/SO 6/9


砂皿「トリック・オア・トリート」

ステファニー「え? いや、砂皿さん? 何をしてるんですか?」

砂皿「何だ、自分は相手からお菓子を貰う気満々だったのに、自分から相手に渡す気は0だったのか?」

ステファニー「ふぇ? いや、今お菓子持ってなくて……」アセアセ

砂皿「そうか。なら仕方ない、今度はこちらからイタズラさせて貰うとしよう」ニヤリ

ステファニー「ひぃっ!? 砂皿さんの笑顔怖っ! メチャクチャ怖っ!」

砂皿「お菓子を寄越さないと悪戯するぞ?」ジリ、ジリ

ステファニー「ス、ストーップ! 待って、すぐにお菓子用意しますからちょっと待って!?」ビクビク

砂皿「時間切れだ」ガバアッ

ステファニー「きゃああああああああっ!!」ビクゥ





ギュッ――――。





ステファニー「…………え?」

143 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:53:59.25 D6faxM/SO 7/9


砂皿「フン、相手に抱き着かれるのと自分から抱き締めるのではやはり違うものだな」ギュウウウ

ステファニー「す、すすす砂皿さん?! こ、こここここれはいったいー!?」プシュウウウ

砂皿「……温もりが欲しかったのなら始めからそう言え」

ステファニー「え?」

砂皿「こんな世界に生きていたら、表の世界に戻りたくなる事もあるだろう。殺伐とした日々の暮らしで、表の世界の無償の優しさが恋しくもなるだろう」

砂皿「既に手を汚してしまっている以上、今更のこのこと表舞台に戻るのも気が引けるのも解る」

砂皿「それでも人と触れ合いたいのなら、私に相談しろ。貴様との関係は只の成り行きだが、それぐらいの事はしてやっても良いとは思っているんだ」

ステファニー「砂皿さん……」

砂皿「……さて、これぐらいで十分か? 私としてはそろそろ仕事に戻りたいのだが」

ステファニー「……あと、もうちょっとだけ、このままでいさせてください」ギュウウウ

砂皿「……あと五分だ。それ以上はやらんからな」

ステファニー「はい、ありがとうございます」ニコッ

砂皿「まったく、手間のかかる弟子を持ってしまったもんだ……」フッ

144 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:55:51.06 D6faxM/SO 8/9


ステファニー(まったく、はこっちのセリフですよ。このニブチンスナイパー)

ステファニー(これだけアピールしたのに、温もりが欲しかったんだろとか、間違っちゃいませんけど少し的外れな事言ってくれちゃって……)

ステファニー「……ま、いずれ振り向かせてみせますよ」ボソッ

砂皿「何か言ったか?」

ステファニー「何でもありませーん♪」ギュッ!










終われ。

145 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] - 2013/10/31 12:56:31.76 D6faxM/SO 9/9


以上です。

こんなん書いてる暇ないのに……自スレほっぽいて何やってんだろ……。
それもこれも>>54さんのせいですね。>>54さんは責任をとって砂皿×ステファニースレを立てるべきだと思います。