【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレまとめ」【超電磁砲】

『とあるシリーズSS総合スレ』で書かれた作品を紹介します。SSまとめサイト『あやめ速報』の姉妹サイトです。

RSS はてブ Facebookに投稿
ヘッドライン

2014年09月

良い子悪い子不幸の子

60 : 良い子悪い子不幸の子[sagesaga] - 2010/06/17 21:31:43.44 OhO/OcAO 1/2

土御門「母さん」

美琴「なに?お父さん」

土御門「最近の子供達の学校の成績はいったいどうなってんだにゃー?」

美琴「そうねー、本人達に聞いてみた方が早いわね」

土御門「それもそうだにゃー、ヨシ男、フツ男、ワル男、出てくるんだぜい!」


ヨシ男「何ですか?お父さん。そして、゜+.゜+.゜『美琴お母さん』」゜+.゜+.゜

フツ男「何?今スフィンクスと遊んでたんだけど」

ワル男「ンだようっぜェ」


土御門「最近のお前達の学校の成績が気になってにゃー、単刀直入に聞いてみたいんだぜい」

ヨシ男「心配なさらず、お父さん。『美琴お母さん』が心配するような成績になることは有りませんから」゜+.゜+.゜

美琴「そ、そう。それはありがたいわね」

土御門「そうか、それならいいんだぜい。フツ男、お前はどうだ?」


フツ男「ええっと……いやー何と言うかフツ男さんはですね……、あ! 忘れてた宿題があったなぁ!! さーて部屋に引っ込んで取りかかろうかなー!」

美琴「アンタ!今度赤点取ったら承知しないんだからね!!」

土御門「まーまー母さん落ち着いて。分かりやすい誤魔化しかただにゃー、追求する気も起こらないぜい。ワル男、」

ワル男「ホラよ」バサッ

土御門「お?……こりゃーすごいぜい!! 見てみな母さん、全部百点満点だ!!」

美琴「まあ……確かにやるわね…………って、いうことは、よ。」

フツ男「」ソーッ…

美琴「待ちなさいフツ男!!」フツ男「はっはいいいい!!」

美琴「アンタだけよね成績悪いの!!タダじゃおかないわ!!」

フツ男「ぎゃあっ!?勘弁してよ母さん!!ふーこーおーだ――――っ!!」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/
続きを読む

美琴(えっ!? 食べたって・・・誰が、誰を!?///)

49 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/17 19:58:50.38 bT9FXkAO 1/1

※単発ネタ


上条さん、例の自販機前で電話中
美琴さん、いつも通りジュースを蹴り出しに来る

上条「そうそう、あいつが食べちゃったんだよ」

美琴(えっ!? 食べたって・・・誰が、誰を!?///)

上条「全く、あいつは本当自重するって事を知らないんだよ。こないだなんて姫神のを食べちゃってさあ」

美琴(姫神さん・・・不憫な・・・)

上条「しかもその後俺のまで食べやがって。本当お前の欲望は底なしかってんだよ」

美琴(ええっ!? アイツの・・・あ、あ、アレ、を・・・たっ食べっ・・・!///)

上条「そんじゃあ、また後でな」pi

上条「ん、よう御坂。そんなとこに突っ立って何してんだよ?」

美琴「あー、なっなんでもないの、うん」ソワソワ

上条「?」

美琴「あのー、なんだか激しい知り合いがいらっしゃるようで・・・」

上条「ん? ああ、聞こえてたのか。全く、本当困った居候でさあ」

美琴「いっいいい居候!? ま、マズいんじゃない!?(もしかして毎日!?///)」

上条「ええ、おかげ様で上条さん毎日ヒイヒイ言ってますよ」

美琴「(やっ、やっぱり・・・!///)それで、アンタされるがままな訳? なんか反撃とかしないの?」

上条「反撃、かあ。でも、食ってる時のあいつの幸せそうな顔見てると、ついつい許しちまうんだよなあ」

美琴「ドMか!?」

上条「えっ」

美琴「えっ」



※上条さんの電話の内容はお弁当等の日常の食事の話です
※見れば分かると思いますが、美琴さんは『食う』を性的な意味に脳内変換したようです

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/

単発ネタ 居眠り

33 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/17 15:05:59.36 .QauDrY0 1/1

※単発ネタ


「ただいまー。あーおなかすいたなー」

「あれ?とうまもう帰ってたんだ」

「zzzzz......」

「ぐっすりだね。静かにしてようか、スフィンクス?」

にゃー

「あ、そうだ」トテトテ

「よいしょっと」バサァ

「ブランケットぐらい掛けてないと風邪ひいちゃうもんね。私の優しさは底無しだね」フンス

「ああー、いい天気だねー。外は少し冷えるけど」

にあぁ

「私もなんだか眠いかも」

「こういう時しかチャンスはないもんね。とうま、ちょっとお邪魔するんだよ」

「んー、スンスン とうまの匂いがする。なんか落ち着くんだよ」ギュー

「しゅきしゅき、とうま大しゅき」

「おやすみ、とうま」

「「zzzzz......」」


おわり
すこし盛り上がりに欠ける

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/

禁書でUNO

31 : 禁書でUNO[sage] - 2010/06/17 14:02:07.84 1Y5jqj2o 1/1

※単発ネタ

地方によって違うローカルルールがあるらしいんですけど
ドロー系はスキップやリバースで効果を他人に飛ばせる設定で。


土御門「最初は青4だにゃー。青3をだすぜぃ」

一方「赤3だァ」

イン「赤ドロー2なんだよ」

姫神「私も。青ドロー2」

上条「げっ、対抗策無し。不幸だ………」

青ピ「青リバースや」

上条「よーし逆襲してやる。ドロー4! 指定は緑!」

姫神「おかえし。緑リバース」

上条「はっはっは、逆襲はできなかたけど緊急回避だ! 緑スキップ!」

青ピ「黄スキップや」

ヴェント「黄リバース」

騎士団長「引く枚数を0にする」

青ピ「黄6や」

上条「黄色は無いな。一枚引いて……駄目だ。二枚目………パス」

姫神「黄4」

イン「青4」

一方「反射ァ」

イン「青1」

姫神「青ドロー2」

上条「じゃあ幻想殺しで無効に………」

土御門「カードゲームはオカルトじゃないから打ち消せないにゃー」

上条「なんだよそれ………ほら、2枚引いたぞ」

青ピ「青8」

騎士団長「青2」

ヴェント「青9」

テッラ「青を下位に赤を上位に。赤1」

神裂「赤6」

フィアンマ「赤ドロー2」

アレイスター「ドロー4、指定は青」

垣根「青ドロー2」

絹旗「超緑ドロー2」

土御門「黄ドロー2」

一方「反射」

土御門「黄スキップ」

絹旗「超青スキップ」

アレイスター「赤スキップ」

神裂「赤ドロー2」

テッラ「赤を下位に黄色を上位に。黄ドロー2」

ヴェント「黄スキップ」

青ピ「黄ドロー2」

上条「ああもう、18枚も……」


どうにもオチがつかなかった。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/

上ワースト単発ネタ

9 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/17 01:26:33.07 Ctmh3dUo 1/2

※単発ネタ


>>1乙そして空気読まずに上ワースト考えてみたが…
上ワーストとかって思いつかないな…こんな感じ?

番外個体「こんにちは、実験を止めてくれたミサカたちの恩人さん♪」

上条「うお、だ、誰だ!?いきなり」

番外個体「ミサカはミサカ達の一人だよ。ただ他の子たちとはちょっと違うけどね」

上条「あー、確かにちょっと他の御坂妹より大人っぽいな。つかミサカ一族はいきなり人に腕組んでくるのが趣味なのか」

美琴「はぁっ…はぁ…、ちょっと番外個体!人を置いていきなりどこへ――って何してんのよ!アンタ達!」

番外個体「やっほう、お疲れ様。お姉さま」

上条「ゲッ、御坂…」

美琴「やっほうじゃないわよ。アンタなんでそのツンツン馬鹿と腕なんてくんでんのよ…」

番外個体「うーん、なんか急にこうしたくなったのよね。一方通行にはMNWから憎しみの念とかを拾うようにしてたみたいに、この人に対しては思慕の念を強く拾うようにしてるみたい」

美琴「だ、だからってこんな外で他人の腕にいきなり抱きつくってのはどうなのよ…」

上条「お、おいお前らちょっと落ち着いて…」

美琴「アンタもいいようにされてないで、なんとか言いなさいよ!」

上条「うっ…」

番外個体「あー、もうお姉さまってそんなだからこの人の仲も進まないのよ。ね、お姉さまもうるさいしどこかミサカと二人でいかない?あなたが年上のほうがいいって言うならミサカも年上っぽく振舞うよ」

上条「あっ、いや…俺は」

美琴「あ、ちょっと待ちなさいってばぁ!!」

なんか違うなw

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-7冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276704040/
続きを読む

とある変態淑女と番外個体

993 : とある変態淑女と番外個体1/5[saga] - 2010/06/17 01:14:13.32 bT9FXkAO 1/5

黒子(はわわわ、大きなお姉様がいらっしゃいますの! ああ、今すぐにその豊満な胸に飛び込)

番外個体「何か用があるのかな?」キッ

黒子「(キリッ)初めまして、わたくし白井黒子と申しますの。以後お見知り置きを(ああ、なんて冷たい眼をなさいますの!? 何故だかドキドキして参りましたわ!)」クネクネ

番外個体「……ええと、ミサカは番外個体っていうの。よろしくね、変態さん」ドンビキ-

黒子「ワーストだなんてとんでもない! わたくしに言わせれば貴女こそベストですのよ!(数年後のお姉様を見てる様ですのハアハア)」ジュルリ

番外個体(うわあ……どうしよう、物凄く身の危険を感じるわ……主に性的な意味で)



変態少女に絡まれたんだが

1:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misakaxxxxx
なにこの人、マジヤバイ
ミサカ貞操の危機っぽいんだけど誰かボスケテ

2:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
うわあ・・・ご愁傷様

3:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15807
うわあ・・・出たよ妖怪百合女

4:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12589
我々の手には負えない

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

居酒屋の右席

978 : 居酒屋の右席1/7[] - 2010/06/17 00:48:41.72 fQ5Xg9Ao 1/7

教皇「お前達は若いんだからこんなところにいつもいたところでつまらなかろう」

テッラ「そうですねー、確かにいつもこんな暗い宮殿にいては息が詰まってしまいませんかー?」

アックア「詰まるとかつまらないとか、ややこしいのである」

フィアンマ「どっちにしても、暇なのは確かだな。おい、どっか遊びに行こうぜ」

ヴェント「ガキじゃないんだから遊びだなんて言葉使うんじゃないわよ」

フィアンマ「なんだ、じゃあヴェントは居残りな。行こうぜみんな」

ヴェント「…フザけんじゃないよ、私だって行くわよ」

アックア「で、どこにいくであるか」

フィアンマ「教皇ぉー暇つぶしに外へ行くっつったって何したらいいか俺達よくわかんねえよ」

ヴェント「ハッ!あれだけ大口叩いて案ナシだなんてザマないわ」

アックア「どこか食事に出かけるのが無難であろう」

テッラ『あ、はい。えぇ、4名で今から予約とれますかー?ああはい、ええ、じゃあよろしくおねがいしますねー』

フィアンマ「おいテッラ、お前さっきからどこに電話してやがる。お前も神の右席なら話し合いに参加しろ」

テッラ「黄金の蔵4人で予約取れましたよー?」

アックア「さすがである」

ヴェント「いいんじゃない?」

フィアンマ「よしじゃあ行くぞお前等俺に続け」

教皇「まぁ待て、これをもっていけ」

フィアンマ「あぁ?なんだこの封筒」




教皇「……お小遣いだ」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

生きる自由があるならば

970 : 生きる自由があるならば[saga sage] - 2010/06/17 00:24:44.40 FY8k3iA0 1/1

※単発ネタ


「……殺してよ。殺せよ。殺せ、殺せ殺せ殺せ私を殺せぇぇぇえええええええ!!!」

番外個体の悲痛な叫び声が、美琴の身体を切り裂いた。
勢いのまま美琴の身体に縋りついて、殺せ殺せと叫び続ける番外個体。

あれほど殺したいと切望した一方通行との戦いに敗れた。
その上、お優しい少年のお情けで、死に行く運命だった彼女の生き様すら否定された。

「いいだろ、もういいだろ!! 私を殺せよお姉さま(オリジナル)!」

番外個体は名の通り、他の妹達とは別個の存在。
怒り、憎しみ、悲しみ。そんな負の感情しか知らない彼女。そんな感情しか理解できない彼女。
白い少年や目の前の少女が必死になって掴みとった世界の平和なんて、番外個体にはどうでもよかった。
どんなに他の人間が素晴らしい世界と褒め称えたとしても、ソイツは彼女にだけは優しくないのだから。

「私は喜びなんて知らない、楽しみなんてわからない!
 他の妹達が幸せそうに笑っているのに、私だけが激情の渦の中に取り残される!
 そもそも私には『幸せ』なんてものは理解できない! 私は変わることなんてできないんだよぉおおおっ!!」

もう、たくさんなのだ、とその背中が語る。
もう、充分なのだ、とその瞳が訴える。

お願いだ。
こんなくそったれの世界で生きるのは御免なんだ。
白い髪の少年は番外個体が『妹達』というだけの理由で殺してくれない。
ツンツン頭の少年は『生きなきゃだめだ』と言うだけで殺してくれない。
ならばせめて、姉であるアンタが私を殺してくれ、と番外個体は訴える。

『コレ以上ミサカは死んでやらない――』

上位個体や他の妹達が勝手に決めたルールすらも、番外個体である自分には関係ないのだ。
生きる自由を手に入れたのなら、死ぬ自由を手に入れたっていいじゃないか。

「頼むから、私を殺してよ……っ。
 少しでも私に慈悲っつー心を持っているのなら、私を殺して……っ!」

自分より背丈の少し小さい美琴の胸に顔を埋めて、声を絞り出す番外個体。
美琴には彼女が泣いている様に見えた。些細なワガママを聞いてとねだる子供のようにも、見えた。

(―――――これも、私が引き起こした『妹達』の悲しい定めなら……)

罪人である自分が背負おう、と美琴は決意する。
せめて、姉である自分だけは、彼女に生を終わらす自由を許そう。
ツンツン頭の少年が、白い髪の少年が、他の妹達が―――世界の全てが美琴の行為を攻め立てたとしても、それを背負おう。

「…………、こんなことしかしてあげられなくて、ごめん」

美琴の小さな呟きに、番外個体が嬉しそうに微笑んだ。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


忘却の空2

951 : 忘却の空2[sage] - 2010/06/16 23:57:39.59 WH1rfe20 1/7

※関連:忘却の空




ふいに目が覚めた。
誰に起こされるでも無く。


 今…何時だ…?


無意識に手探りで枕元に置いた携帯を取り、時間を確認する。七時。
こんな時間に目覚めるなんて、今までの自分だったらありえない、と思った。
寝ぼけた頭のまま、体を起こす。なんとなく、二度寝してはいけないような気がした。
そこで気づく。見知った部屋では無いことに。


 どこだ、ここはァ?


ひやりとして、脳が冴えて行く。緊張した体から汗が吹き出した。
状況が掴めないまま、気配を探る。特に何も感じない。慎重にベッドの周辺を見回して、奇妙なものを見つけた。
「にっきちょう」と平仮名で書かれた子供向けのノートが、間にたくさんの付箋を残した状態でベッドサイドに置かれている。
それを読めば何か判るかもしれない。俺はそう思って、ノートに手を伸ばした。


 暗いな…


夏だというのに、吐く息が白い。体温を根こそぎ奪おうとするかのように冷たい空気が纏わり付く。
暗くてノートの中を確認しづらかったので、疑問を抱かずカーテンを開けた。
開けきった直後、あまりにも不注意すぎる自分の行動にぎくりとする。しかし、一瞬で頭をよぎっていった不吉な予感は現実にはならなかった。
時計は七時を告げているのに、外はまだ薄暗い。それでも開けないよりはましで、ノートを確認するくらいなら十分事足りた。

そのノートには、俺の字がびっしりと書かれていた。
身に覚えの無い出来事が、止めどなく。

付箋の貼られたページ、貼られていないページ。一通り読んで顔を上げた。
いつの間に入ってきたのか解らないが、打ち止めが脇に佇んでいる。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

とある天使の人間観察 その1 陰陽師の場合

942 : とある天使の人間観察 その1 陰陽師の場合[] - 2010/06/16 23:31:18.07 WUFpAgIo 1/1

一発ネタだよ!土御門は犠牲になったよ! 

アレイ☆「さて、今回だが「なるほど、こうなってるのか、ふむ……」……」

土御門「……」イラ

エイワ「なるほど……つまり人間はこうなっているのか」ペタペタ

土御門「こいつ止めろ、アレイスター」イライラ

「私にできるとも?」フフン

土御門「そんな自信満々などや顔でいうな。 何でドラゴンが俺のズボン下げたり身体触ったりしてるんだ!?」ダン

「……人間に興味がわいたらしく、な」

土御門「……俺じゃなくてもいいだろ」

エイワ「滅多に人が来ないものでな」ペラッ

土御門「外に行けばいいだろ……って、/////」 ペタペタ

土御門「変なところ触るにゃああああああ////////」ダッ

セークーハーラー

土御門「はぁっ、はぁっ……むすじめっ! はやく! テレポート!」

結標「はいはい」ヒュン


エイワ「……逃げられた。」シュン

「何やってるんだ、エイワス」

エイワ「しかし人間とはおもしろいな……あんなウブとはな」

「それはお前が……いや、やめておこう」

エイワ「だが、外に行くというのはなかなかおもしろい。」

「えっ」

エイワ「ちょっと観察しにいってくる!徒歩で!」

「ふっ……人間らしさを求める君の考えが、本気で分からない時がある」


終わらないけど終わり!

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


とある二人の未来予想図

910 : とある二人の未来予想図 1[sage] - 2010/06/16 22:24:57.24 0eVGBYU0 1/7


「ねぇねぇ、変なところはない? ってミサカはミサカはお姉様に確認してもらったり!」

「心配しなくていいわよ。どこもかしもこパーペキ、完璧。可愛い可愛い」

「……それならいいんだけどぉ、ってミサカはミサカは納得してみる」


納得してみる、と口にして置きながら、目の前の少女はまだ鏡の中の自分と睨めっこをしている。
アップにした髪に乱れはないか、新調した白のワンピースに汚れは無いか、
食い入るように隅々まで確認する彼女の姿が微笑ましくて、美琴からくすりと笑みがこぼれた。


「随分と気合いが入ってるわね、打ち止め」


全身が映る鏡の前で「むむむっ」と真剣な面持ちで最終チェックに余念がない打ち止めの隣へと美琴が近づく。
並ぶようにして立ってみれば、美琴と打ち止めと視線の高さは変わらないことに改めて気付かされる。
つい数年前まではあれほどちまっとした子供だったのに。
ワンピースからのびた手足、色香の漂ううなじが、子供だった彼女が一人前の女性へと変貌したのだと告げてくる。


「あの人が珍しくデートに誘ってくれたからね、ってミサカはミサカは惚気てみたり」

「それはよかったわね。あんの木偶の坊も偶には粋なコトするのねー」

「確かにちょっと積極性に欠けるかもだけど、木偶の坊は言いすぎよ、ってミサカはミサカは反論してみる」


美琴がついつい少女のデートのお相手の軽口を言うと、打ち止めが眉を潜めてやんわりと美琴を咎めた。
幼いころだったら「そんなことない!!」と大声で食って掛ってきただろうに、姉である美琴への対応まで大人びてきている。
手のをヒラヒラと動かし苦笑いで美琴が謝れば、打ち止めは優しい笑顔を返してくれた。


(十八ににもなれば、いっぱしのレディねぇ)


打ち止めがこの世に生を受けて八年、美琴達と出会って八年、一方通行と想いを交わして八年。
白い髪に赤眼の少年の腰ほどしかなかった打ち止めの背丈はぐっと伸び、しなやかな茶髪も腰まで伸びた。
可憐だった少女は、魅惑的な女性へと大人の階段をのぼりつつある。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

打ち止め「構って!」

892 : 打ち止め「構って!」[sage] - 2010/06/16 21:35:21.12 3JgF9QDO 1/3

一通「パス」

打止「えーっ! だって暇なんだもんってミサカはミサカはあなたに現状を報告してみる」

一通「俺は暇じゃねェ」ゴロン

打止「寝てるだけじゃない! ってミサカはミサカはどう見ても暇そうなところを指摘してみる」

一通「寝るのに忙しいンだよ」

打止「そんなの聞いたことないよ! ねぇ、起きてよってミサカはミサカはあなたを揺さぶってみたり」

一通「めんどくせェ」

打止「引っ張って上げるから起きてよってミサカはミサカはあたを力一杯ぃぃぃぃ」

一通「……」

打止「ちょっと抵抗しないでってミサカはミサカはあぁぁぁ」

一通「……」

打止「……どうしても起きないつもりなんだね」

一通「ったりめェだ」

打止「ならば最後の手段だぁ! ってミサカはミサカはあなたにだーいぶっ!」

一通「ぐォ!? こンのクソガキィ……」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

人様のスレでSS書き始める奴なんなの?

845 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] - 2010/06/16 16:57:56.20 UUlv56AO 1/12

人様のスレでSS書き始める奴なんなの?

「これは支援です」「これは保守です」

そんなゴミ要りません
何>>1でもないのに酉付けちゃってるんですか
死んでください


※SSではありませんが、ちょっと例文が面白かったので……

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

大切なモノ

830 : 大切なモノ 1/2[sage] - 2010/06/16 13:13:41.42 Yq3vfU2o 1/3

――ここはどこだろう

何も無い、真っ暗闇に私はいた。本当に何も無く暗い。
でも歩ける。暗くて何も見えないのに周囲が手に取るように分かって歩ける。

しばらく歩いていたが、やはりココには何も無い。
ただ私には何かが必要で、それを探しださないとダメだというのがなんとなく分かる。
人なのか、物なのか分からないけれど。

人だとすれば、会ったことのある能力者ならば私の能力で見つけ出せる気がする。
が、無数に感覚はあるけれどどれも違うような感じがする。
もしくは物だとすれば、本当にこの暗闇で見つけ出せるのだろうか。

しかし私は歩く。それを見つけるために。
本当にそれが私に必要だと思ったから。



前ばかり見て歩いていた私がふとした拍子に後ろを振り向くと、何か光った玉のようなものが目に入る。
光っているソレに近づいてみる。この真っ暗闇を全部照らしているわけでもなく、ほんとに周りの少しだけしか照らしていないのに見ていると妙に安心する。
手で握ってみる。やはり暖かい。これが、私の探していた物なのかな。
と思った瞬間、私の意識は遠のいていく。

そして――――

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

救われぬ者に、せめてもの

823 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[sage] - 2010/06/16 10:50:44.72 .Gj4l.AO 1/2

>>811
インスパイアを受けて出来上がりました。時間軸は異なりますが、彼の祈りが届きますよう。
1レスのみです。

関連(>>811)
願わくば我こそが万民の敵とならん
http://toaruss.blog.jp/archives/1009215502.html

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

願わくば我こそが万民の敵とならん

811 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[] - 2010/06/16 03:09:43.94 XKzRlhgo 1/7

ちょっとヴェントで書いてみたぞー!
勝手に設定付け加えちゃったりもしてるからヴェントファンごめん
というわけで5レス

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

土御門「幻想少年!!!!」

783 : VIPにかわりましてGEPPERがお送りします[saga] - 2010/06/16 00:00:09.49 H.jpee.o 1/8

遅くなったけど>>1乙

もう忘れてる人も多いと思うけど
6レスほどもらいます

土御門「幻想少年!!」
http://toaruss.blog.jp/archives/1008448244.html

土御門「幻想少年!!!」
http://toaruss.blog.jp/archives/1008449816.html

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

美琴「めちゃいちゃレールガン?」

771 : 美琴「めちゃいちゃレールガン?」 1/3[sage] - 2010/06/15 23:24:06.72 gxO20Eco 1/4

――とある公園

チェイサー!

美琴「さーて、今日は何が…って何この袋?中身は…漫画?なんで自販機の取り出し口にこんな物が……」

美琴「『めちゃいちゃレールガン』……?表紙はこれ……私?一体なんなの、これ」ペラッ

美琴「……………………ブッ!」

美琴「なによ、これ! なな、なんで私とアイツがアイツの部屋で!?」

美琴「…………だ、誰もいないわよね?」

美琴「ちょっと向こうのベンチでじっくりと…」

――

美琴「うわっ…うわっ…口塞ぐぞってもしかして…」

美琴「ふ、ふ、ふに――――」

上条「こんな所で一人で騒いで、何やってんだお前?」

美琴「ッッッッ!!?!!?!?」ササッ

上条「ん?今、なんか隠したか?」

美琴「な、なんでもないわよ!!」

上条「んー…、『めちゃいちゃレールガン』…?」

美琴「え、なんで?どうして!?」

上条「だってお前の横にまだ何冊も同じのあるじゃねえか…」

美琴「あ…う…これは……」

上条「これ、同人誌ってやつか。同じのが3冊ずつ…青髪的にいえば観賞用、保存用、布教用ってとこか」

美琴「なによ、それ」

上条「いや、なんでもない。つうかお前もこういうの買うのな」

美琴「そんなわけないでしょ! す、棄てられてたのを偶然見つけたのよ、それだけ!」

上条「ふ~ん…まぁせっかくだし俺にもちょっと読ませてくれよ」ヒョイッ

美琴「あっ、ちょ、ちょっと!」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

教えて ○○先輩 『上条当麻の高校編』

759 : 教えて ○○先輩 『上条当麻の高校編』[sage saga] - 2010/06/15 22:51:11.38 RNQAXKg0 1/7

【教えて 上条先輩】

Q.上条さんって本当に不幸なんですか?

上条「ああ、そうだよ! 俺は確かに今までの人生は不幸な出来事ばかりだ。だけどな、それはテメエがやりたい事をやった後に起こる出来事だ。俺はその事に後悔はしていない。してたまるかってんだ! 他人の不幸を笑って、テメエが幸福になろうだなんてできる訳がねえだろ! 俺は不幸でも、周りの奴らが笑ってくれれば、俺は最高に幸せなんだ! いいぜ。テメエが俺から不幸を奪おうっていうのなら、まずはその幻想をぶち殺す!!」



Q.上条さんはいつまでフラグを立て続けるつもりなんですか?

上条「何言ってんだ? 俺にフラグを立てる能力なんてある訳ないだろ。朝はインデックスに噛みつかれて、学校では吹寄に頭突きされて、放課後は小萌先生の補習を受けて、帰りにビリビリにつきまとわれて、夜はまたインデックスに噛みつかれるんだぜ? どこにフラグを立てる余裕があるってんだ。それでもまだ俺がフラグメイカーだというのなら、まずはその幻想をぶちk(ry」



Q.何故『その幻想をぶち殺す』なんですか?

上条「そんなもん決まってんだろ。相手の主張を看破した後にぶつけるキメ台詞としては、俺の能力名ともうまく噛み合っているし、なによりビシッと決まるんだよ! いいぜ。テメエが俺のキメ台詞を否定しようっていうなら、まずはその幻s(ry」



Q.『その幻想をぶち殺す』って長くないですか? 『そげぶ』でもいいんじゃないですか?

上条「なッ!? 俺のキメ台詞を省略するとはいい度胸じゃねえか。とりあえず言わせてもらうけどな、『そげぶ』じゃ相手が何言ってんのかわけわかんなくなっちまうじゃねえか! 言葉で責めるときは相手がその言葉の意味を理解してなきゃ意味がねえんだよ! テメエの主張を相手に伝えて、締めの台詞で『そげぶ!』じゃ相手が頭に疑問符を浮かべちまうだろうが!! いいぜ。テメエが俺のキメ台詞を省略しようっていうなら、まずはs(ry」

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む

in my memory -past-

736 : in my memory -past- 0/7[] - 2010/06/15 21:34:48.33 epxabaMo 1/10

少し書いてるのがたまったので投下します。
差し詰めプロローグ、といったところでしょうか。


では、読む前に。
・この物語はIF世界です。
・人によっては『原作殺し』です。IFなので当然かもしれませんが。

以上を踏まえた上で、御覧になることをおすすめします。

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-6冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1276186522/


続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク