【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレまとめ」【超電磁砲】

『とあるシリーズSS総合スレ』で書かれた作品を紹介します。SSまとめサイト『あやめ速報』の姉妹サイトです。

RSS はてブ Facebookに投稿
ヘッドライン

2015年09月

番外個体「おやすみ、おねーちゃん」

134 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/24 20:54:13.39 RbhqUEqto 1/3

俺も小ネタで1レス貰いますよ
番外個体と打ち止めでなんてことない夜の話

135 : 番外個体「おやすみ、おねーちゃん」[sage] - 2011/12/24 20:56:09.57 RbhqUEqto 2/3


「ちょっと最終信号。もっとそっち寄ってくれないかな。子供体温が気持ち悪い」

「ええっこれ以上寄ったらミサカがベットから落ちちゃうよ、ってミサカはミサカは抗議しぎゃああああ!?」

「ぶっひゃ。パンツ丸見え。カエル柄とか趣味が悪いね」

「!! う、うううううるさい!番外個体がそんなに押すから悪いんじゃない!ってミサカはミサカは怒りをあらわにしてみる!狭いのはミサカだって一緒なのに」

「このミサカは生まれたばっかりだからなあ。これ位の我儘は許されるべきだと思うね」

「こんな時だけ子供ぶるのはどうなの、ってミサカはミサカは布団に潜り込みながら溜息をついてみたり…」

「最終信号と一緒の子供部屋ってだけでも鬱陶しいってのに、ベットまで一緒なんだからさあ。ミサカこう見えてもけっこう耐えてると思うんだけど」

「番外個体は、一緒は嫌なの?」

「当たり前でしょ。何で嫌じゃないと思ってるのか聞きたい位だよ」

「……」

「何さ」

「別に。それならどうして毎朝ミサカの事抱っこして寝てるのか問い詰めたい、ってミサカはミサカは突っ込みを入れたい気持ちを押し隠してみる」

「……全然隠せてないよね、そのウザい喋り方」

「……どうして、ってミサカはミサカは開き直って問い直してみたり」

「……」





「……別に。寒かっただけだよ」

「おぐうっ。いっいきなり押しつぶすのはナシだと思うの、ってミサカはミサカは苦しいんだけどっ!」

「けけけ。いい気味だよ、オラオラ」

「ぎゃー!乳を武器にするの禁止、ってミサカはミサカはあああああああああ!!!」

「ひゃはははっ。おやすみぃ、ひんにゅーおねーえちゃん。しょーがないから明日も明後日もこうしてあげるよ」


136 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/24 20:59:04.72 RbhqUEqto 3/3

おわり。
でっかい妹と小さい姉とかツボ過ぎる
我儘放題の妹番外と番外に振り回される大人びた幼女とか俺得過ぎる

つまり番外止めもっと流行れって思った次第。お邪魔しました。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/

???「よう、俺」 上条「誰だ。お前……」

132 : そげぶ[] - 2011/12/24 16:18:29.20 yNsVolwY0 1/1

上上で一スレもらいます。

インデックス「とうま、お休みなんだよ」

上条「ああ、お休み、インデックス」

 パジャマを着て、笑顔で俺の方を見るインデックスを見て、俺は少し心が痛む。
 俺はインデックスを助ける為に記憶を失った――だがインデックスはそれを知らない。
 心が痛い――。

上条「はぁ」

 インデックスを含むすべてに幸せになってほしいから俺はこの右手を使ってすべてを守ろうとした。
 だけど――もしインデックスが俺の記憶喪失を知ったら――いったいどんな反応をしてしまうのだろうか。
 騙したことに怒る? 見下す? わからない。

上条「ねよう」

 俺は深く考えることを止めてバスタブで眠る。

――――――

???「よう、俺」

上条「誰だ。お前……」

 今俺は夢を見ている。それだけは分かる。バスタブの中でタオルケットを羽織り、眠ったところまでは覚えているからだ。
 だから俺が今いるリビングは夢の中。
 第一、ベッドでインデックスが眠っていない。
 俺の目の前にいるのは――俺だった。

???「オレはお前だよ。幻想殺しを右腕に宿して、ほんのちょっとだけお人好しで、とっても不幸な上条当麻だ」

上条「違うね、俺は俺だ。お前はお前じゃない」

???「ああ、言葉足らずだったな。オレは――記憶を失う前の上条当麻だ。そうだな、有り体に行ってしまうと、オレは幽霊と行ったほうがいい。決してよみがえること無い亡者だ」

上条「……」

 俺は信じられなかった。目の前にいる俺は、インデックスと出会って記憶を失うその時までインデックスと一緒に板俺だと言うのだ。

???「まあいい。オレは俺に言いたいことがあって来ただけだ」

上条「言いたい事?」

 俺は身構える。こいつはもしかしたら恨み節が言いたいのかもしれないと思ったからだ。こいつが命をかけて手に入れたものを俺は奪っているから――恨まれて当然だ。殺されても文句は言えない。

???「ありがとう、俺」

上条「は?」

 俺はあっけにとられた。なんでこいつは俺に礼を言うのだろうか。俺は恨まれて当然だ。殺されても文句はいえないと思っているし、蔑まされても文句は言えないと思っている。

???「オレはあいつを一回だけしか守れなかった。だけど、俺はいまいつもあいつを守っている。だから感謝するよ、俺」

上条「おまえ……」

???「だから――オレが消えたことを責めるな。気負うな。胸を張って生きろ。インデックスはそんなことを望んでいない。オレはオレのやるべきことをやっただけだ。だから俺は俺のやるべきことをやれ!」

上条「……」

???「オレが言いたいことはそれともう一つある」

上条「なんだ?」

???「絶対に――――――インデックスを悲しませるなよ」

上条「ああ」

 そういうと、目の前にいる俺は姿を消した。

――――――

 俺はバスタブで掟、そのままリビングに行く。

インデックス「とうま、おはようなんだよ!」

上条「ああ、インデックス。おはよう」

 スフィンクスをだいたインデックスが笑顔で俺を見る。ああ、わかったよ――俺。俺は俺が守ったこの少女を絶対に悲しませない。――誓ってやるよ。だから安らかに眠れ。俺はお前を忘れてしまっている。だけど、お前が守ったものは忘れない――。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/

上条「ど、どこだっ!?」妖夢「……逃げないでくださいよ?」

95 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage saga] - 2011/12/23 21:46:08.99 56cMGHUC0 1/13

数レス頂きます。

注意点と致しましては、

・地の文が非常に読み難い上条さんの思考となってます。
・東方とのクロスです。


元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

ハワイはコーヒーの一大産地である。

86 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/22 21:59:25.25 UK0C77DSo 1/2

 ハワイはコーヒーの一大産地である。そんなことを聞かされた浜面仕上はホテルのラウンジで地元のコーヒーをオーダーした。
 浜面仕上の舌は冴えない外見と同じく細かいコーヒーの銘柄の違いを見分けるほど鋭敏ではない。
 それでも名産だというのなら土産話ぐらいにはなるだろう、と日本円で二千円強という値段に驚愕しながら注文したのだ。

 麦野沈利と負けず劣らず我の強い少女が黒服の部下たちと姿を消してから丸一日。
 幻想殺しの少年と最強の能力者一方通行、そして常盤台の電撃姫(客寄せパンダともいう)の三人がこれからの行動に関して喧々諤々の話し合いをしているのを脇目にこっそりと抜け出してきたのだ。
 因みに番外個体と黒夜海鳥はアレでも馬があったらしく一緒にアメリカンで凶悪なパンプスタイルを求めてショッピングに出かけている。

 ロベルト=カッツェというセクハラ大統領はこの場にいない。
 何処かしら浜面とよく似た空気のもつ破天荒な政治家はあれでもアメリカという国家にとっては最重要人物であり、テラウエアの噴火や海軍基地への襲撃などで揺れる地元ハワイの混乱の収集に躍起になっている。
 一方、メディア王オーレイ=ブルーシェイクの支配下から逃れた上院下院の議員たちにコンタクトをとり自軍に取り込んでいるらしい。
 やることが早すぎるとは思うが即決も政治家の能力の一つである。

 まぁ、難しいことは難しいことを考える人間に任せればいいのである。
 浜面仕上は自分が頭がいいとはこれっぽっちも思ってはいない。
 多少は機転の利く方だとは思うが、何かしらの事件に追い込まれて発揮する機転ばかりなので、ウニ頭の不幸の如く、発揮する機会がない方がいいのだ。

 とにもかくにも今は一人のんびりコーヒーを楽しもう。
 そういう空気を浜面仕上は発している。
 ラウンジのテーブル席で、相がけもせず、一人で。

 そんな浜面に陰がさした。
 そのままなんの言葉もなく浜面の対面に座る。
 タイツで引き締めた太腿を見せつけるようなミニスカートの、そしてサングラスをかけた若い女性がそこに居た。

 当然、見覚えなどない。
 しかし予感はあった。

「アンタが連絡員か」

 ボサボサの頭をボリボリ掻きながら浜面が言うと女性は唇だけで笑みを返した。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

一方通行「家に帰ると嫁が必ず死ンだふりしてるンだが」

72 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/22 01:00:59.09 XzH1S/0vo 1/8

通行止めで未来設定のアホな小ネタ、6レスほどお借りします。

以下注意点。
・10年以上先なので一方さんがだいぶ性格が丸い。
・既婚者。
・嫁が好きすぎる。
・なんかもう嫁が好きすぎる。
・嫁の話しかしない。
・愛妻家とか嫁バカとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗をry


元ネタはヤッホー知恵袋の『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』より。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

とある左方の襟巻蜥蜴

64 : 三レスもらいます[] - 2011/12/21 22:18:24.31 XeD+bl8+0 1/4



 (面倒なことになったわね……)


 初夏の日差しの下、御坂美琴は溜め息を吐いた。
 その原因は、彼女の周りに集まってきた頭の悪そうな不良達。

 俗に言うナンパーー否、あるいは輪姦の前フリかも知れない。

 だとしても、彼女にとっては何の危険にもならないのだが。


 (しっかし……誰も助けてはくれない、か)


 ガラの悪い連中が十数人もいるのだから、それも当然だろう。


 (……ま、こんな中助けに来ようとするなんて、よっぽどのバカかーー)

 「あん?テメェ何だ、文句でもあんのか!?」


 と、美琴の思考を遮るように、不良の叫び声。
 おそらくは、見ていただけの無関係な一般人にでも絡んでいるのだろう。

 そろそろ追っ払うかな、と美琴が前髪から火花を散らそうとしたところで、




 「えぇ、そうですねー。
  むしろ文句しか出てきません」




 その『一般人』の口から、信じられない一言が飛び出した。



元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

エロ注意 浜×麦(ちょっと滝壺) の前日譚


【関連】
エロ注意 浜×麦(ちょっと滝壺)
http://toaruss.blog.jp/archives/1040502785.html

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

昼寝から目が覚めて、始めに思ったのは「ここはどこなのだろう」ということ。

19 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/19 00:44:37.52 qiY3HTxDO 1/3

1レスもらいます

20 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[] - 2011/12/19 00:46:20.71 qiY3HTxDO 2/3


昼寝から目が覚めて、始めに思ったのは「ここはどこなのだろう」ということ。
先ほどまでは何ら普段と変わらぬ日常だったはずだ。
テレビを見ながら、スフィンクスと一緒にベッドの上に飛び乗ったのを覚えている。
けれどここはとうまの部屋では絶対になくて。
スフィンクスの気配すらなくて。
私は几帳面に整頓された広くはない部屋の中で、白く清潔なシーツの上に寝転がっていた。
そこで違和感に気がつく。

(ピンの感覚がない……)

とうまに破壊されたはずの〈歩く協会〉は壊される前の以前の状態を保っていた。

(どういうこと? そもそもここは)

慌ててカーテンを引っ張り窓の外を覗く。
そこは知らない土地――なんてことはなく、むしろ自分に深く関係のある――

「イギリス……?」

「インデックス」

ガチャリと扉が開いた。

「……起きたのかい。お昼御飯を買ってきたよ」

「梅干しを食べてみたいといっていたでしょう。頼んで持ってきてもらいました」

それはよく知っている顔で――、けれども完全に記憶しているはずの二人とは少し違っていた。
赤髪の神父は背が低く、黒髪の女の胸は少し小さい。

「……かおりに、ステイル?」

「なんだい?」

赤髪の神父は幼い顔をへにゃりと崩した。



21 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/19 00:48:34.91 qiY3HTxDO 3/3

おわり
現インデックスさんがステイル神崎のときにタイムループみたいな

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/

エロ注意 浜×麦(ちょっと滝壺)

7 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/19 00:03:25.60 hIRbFZm4o 1/11

エロ注意 浜×麦(ちょっと滝壺)です

 絶対的な肉の快楽に溺れながら浜面仕上の脳裏に浮かんだのは冥土返しと呼ばれる医者の技術の素晴らしさだった。
 対面座位の形で交ぐわっている超能力者、麦野沈利。その顔にかつて浜面が付けた大きな傷はもう存在しない。

 激しい性交で火照ったせいか、多少なりの違和感もあるが意識してみようとしなければこの距離でも気づくこともできない。

 同時に失ったはずの左腕も再生し、彼女を後ろから抱きかかえるようにしている裸の滝壺理后と背合わせで手をつないでいる。
 それだけではない。麦野の肉体の中に取り付けられた訳の分からない機械類も全て存在しない。

 もはや彼女は四肢の揃った健康体そのもので、その肢体は全て浜面のものだった。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1324178112/
続きを読む

二人の祈り

978 : 二人の祈り[] - 2011/12/18 10:10:48.21 PI2y5/4C0 1/1

 今度は電磁禁です。

 一人の英雄が北極海に沈んだ。
 多くのものが英雄の生存を祈り続けた。
 女教皇が、教皇代理が、学園都市最強の能力者が、吸血鬼殺しが、陰陽師が、メイドが、医者が、10000人近いクローンたちが、彼にお絞りを手渡した者が、炎使いの14歳が、256人の部隊たちが、その他多くの彼に救われた者、もしくは彼と共に生活し、彼と触れ合った者達が彼の生存を祈った。
 それだけで彼の人徳というものがわかる。


      幻想殺し


 世界を救った英雄の名前である。
 学園都市に、彼の帰還を強く祈る二人の少女がいた。
 禁書目録と超電磁砲。
 一人は地獄のような運命から救ってもらい、もう一人は狂気の実験から救ってもらった。
 強い祈りが出会うとき――物語は動き始める。


御坂「あっ……インデックス」

インデックス「あっ、短髪」

 御坂美琴は、彼の通っていた高校近くを歩いているときに、白い修道女に出会った。御坂美琴は知っていた。彼がこの少女のために命を懸け、北極海に沈んだことを。だから彼女はインデックスに対して複雑な感情を抱いていた。

インデックス「たんぱつぅ……」グスッ

 しかし、インデックスは御坂美琴を見ると同時に泣き出した。

御坂「えっ」

 彼女の戸惑いもお構い無しに、インデックスは御坂美琴に抱きつき、その胸で泣く。

インデックス「どうしよう……私のせいで……私のせいでとうまがぁ……」

 滝のように流れる涙。その涙に誘引されて、御坂美琴も泣いていた。
 そして、彼女は気がついた。 
 このインデックスという小さな少女が、自分を強く、強く責めていることを。
 それは、あの最悪の実験がおこなわれていた時の彼女自身と同じ。
 しかし、今このインデックスという少女と当時の彼女が違うのは、彼のような英雄がインデックスの周囲にいないということだった。御坂美琴は上条当麻という英雄に寄って救われたが、インデックスの周りにはそんな英雄はいまいない。
 インデックスを助けた英雄は、もう死んでしまったのだ。

インデックス「とうまぁ、とうまぁ」グスッ

 故に、御坂美琴に強い決意が生まれる。あのとき自分は上条当麻に救ってもらった。だから、彼が守ろうとしたこの少女を私が救おう、と。
 でも、彼のように救うことはできない。せいぜい、自分にできるのはこの少女の心を安心させてやることだ。
 そう御坂美琴が思ったからこそ、御坂美琴は言うのだった。

御坂「祈ろう」

 それは自然に出た言葉。

インデックス「え?」

 インデックスは戸惑う。しかし、御坂は強い口調で言う。

御坂「私たちであいつが帰ってくることを祈ろう!」

インデックス「そうか……そうだよね、短髪。私たちが信じなくて、誰がとうまが帰ってくることを信じるんだろう」

 そうして、インデックスとみさか御言葉祈る。――――――英雄の帰還を信じて――――――



同時刻――北極海近くの村――――

???「う、うーん。此処は」

 目覚めたうに頭の少年に、小さな少女は言う。

???「ふん、目をさましたか――ヒーロー。まあいい、これから英雄様の凱旋だ」

上条当麻「俺は……生きているのか……。――――早くインデックスのところに行ってやらないと、あいつ心配してるだろうな」


 こうして英雄は再び立ち上がる。

 そう――――祈りは届くのだ。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/

祈り

973 : 祈り[] - 2011/12/18 00:07:39.64 D4D0tZDO0 1/2

一レスもらいます。上禁です。


インデックス「とうまぁ、またどっかで危険な目にあってるのかな」

インデックス「とうまのばかぁ」

インデックス「私はこんなに心配してるのに……」

インデックス「とうまはなんでいっつも自分を大事にしないのかなぁ」

インデックス「ねぇ、とうま」

インデックス「私はあなたの無事を祈ってるんだよ?」

インデックス「とうまのおかげで私は救われた」

インデックス「だからとうまには誰よりも幸せになって欲しい」

インデックス「とうまが今この部屋にいないから言うけど――――」

インデックス「私はとうまのことが大好きだよ」

インデックス「ずっと当麻と一緒にいたいんだよ」






上条「インデックス……お前、そんなこと思っててくれたのか」




インデックス「」

上条「えっと……」

インデックス「なんで…いるのかな?」

上条「予定よりも…帰国が早くなって……」

上条「俺も――――お前のことが好きだ」

インデックス「と……とうまぁ」グスッ

インデックス「うわああああああああああ!」ダキッ

上条「ちょっ! インデックスさん!?」

インデックス「とうまぁぁぁぁぁっ!」





土御門元春「おっ、かみやん早めに返して正解だったんだぜい」

ステイル「」

神裂「」

土御門「この二人見てておもしろいにゃー」

974 : 祈り[] - 2011/12/18 01:11:44.93 D4D0tZDO0 2/2

1320320521-974




雰囲気的に貼ってみる

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/

とある二匹の井戸端会議

953 : とある二匹の井戸端会議[] - 2011/12/16 23:36:56.33 YSXJ97mK0 1/1

  一レスもらいます。なんとなく気分で書いた。後悔はしていない。


  とある二匹の井戸端会議

いぬ「やあ、久しぶりだねぇスフィンクス」

スフィンクス「おっ、久しぶりじゃないか、いぬ」

いぬ「本当に久しぶりだねぇ。そっちのご主人様の暴飲暴食シスターと不幸うに頭の調子はどうなんだい?」

スフィンクス「ああ、インデックスの方はこの間御坂美琴と一緒にご飯を食べに行って、御坂美琴が半泣きするくらいまでご飯食べてたなぁ。で、上条当麻のほうは、昨日垣根と一方通行とフィアンマの喧嘩の仲裁をしようとして吹っ飛ばされて、今日から一週間冥土返しのお世話になることになったようだ」

いぬ「なんであのうに頭はいちいちいろんな揉め事に首を突っ込むのかなぁ?」

スフィンクス「仕方が無いよ。それがあのうに頭の習性だから」

いぬ「もはや本能だよね」

スフィンクス「いっつも上条がいなくなるとインデックスが僕のことを抱きしめて離さないんだけどどうすればいいかなぁ?」

いぬ「うちのご主人様もよく私のことを抱きしめるからなあ」

スフィンクス「苦しいよね」

いぬ「うん。苦しい」

スフィンクス「でさあ、僕たちってよく考えると名前負けしてるよね」

いぬ「ああ、わかる。私なんて黒猫なのにあのじと目の飼い主は『いぬ』なんて名づけてさ」

スフィンクス「僕に至っては『スフィンクス』だよ。あんな巨大な建造物の名前なんてなぁ……」

いぬ「まぁ、猫も大変ってことだ」

スフィンクス「そうだね」

いぬ「じゃあ、そろそろ戻らないとご主人か心配するから私は帰るよ」

スフィンクス「じゃあ、僕もそうしようかな」

 そういって猫二匹は主の待つ家に帰って行ったのであった。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/

とある二人の書類提出

947 : とある二人の書類提出[sage] - 2011/12/16 20:19:44.57 RYCc2jCT0 1/1

浜滝で一レス。
初SSなんで至らぬ点もあるかもですサーセン




浜面「あ、やっちまった」

滝壺「どうしたの、はまづら」

浜面「いや、滝壺の名前の漢字さ、「壷」って書いちまって。
   頭じゃわかってんのに、手が勝手に書くというか……」

滝壺「紛らわしい名前でごめんね」

浜面「ははっ、滝壺が謝ることじゃないだろ」

滝壺「でもこれからは間違えないね」

浜面「……そうだな、この書類で最後の『滝壺理后』だ」

滝壺「ふふ……明日から『浜面理后』かぁ。
   幸せにするね、しあげ」

浜面「お、お願いします……

   じゃなくて!俺が幸せにしてやんだっての!!」



【完】




婚姻届の書き方なんて知らないけど
自分の名前欄は自分で書くんじゃね?なんて常識は通用しねぇ
失礼致しました。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/

とある陰陽師の一週間

920 : インデックス大好き[] - 2011/12/16 02:15:44.78 YSXJ97mK0 1/14


 お目汚し失礼します。




 とある陰陽師の一週間


 注意。この作品はキャラが崩壊しています。なおかつとんでもなく平和です。さらにありえないカップリングが所々で発生しています。さらに土御門が大変な苦労人です。それではよろしくお願いします。


元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む

とってもたよりになる ばーどうぇい!

895 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[saga] - 2011/12/15 19:22:20.68 6q81emWpo 1/14

新刊読んだらバードウェイを書きたい衝動が抑えられなかった。
という訳でバードウェイと一方さんのSSを投下。

一応新約3巻のネタバレも含まれているようなきがするので、未読の方はご注意を。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む

冥土帰し「僕を誰だと思っている?」

889 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[] - 2011/12/14 23:19:36.91 my3LgNRao 1/3

冥土通行でニレス貰います。

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む

スフィンクス『私の二人の主』

841 : インデックス大好き[] - 2011/12/14 01:53:52.97 JfUVwpSs0 1/18

スフィンクス『私の二人の主』

 はい。少しお目汚しですが投下させてもらいます。

 設定としてはフィアンマ戦の後。もし上条さんが死んでしまっていたら、という話です。

 それではどうぞ。






 私の名前はスフィンクス。学園都市のとある一室に住んでいたネコである。


 住んでいた、と表現するには有る理由がある。そう、私は今飼い主である少女と共にイギリスに住んでいるからだ。


 私の飼い主の名前は『インデックス』という。


 私を拾ってくれた心優しい少女。唯、彼女が本当の笑顔を見せてくれる日はもうないだろう。


インデックス「……とうまぁ………」


 彼女は今わたしを抱きしめて泣いている。


 私のもう一人の飼い主の名前を呼びながら。



      『上条当麻』


 これが私のもう一人の飼い主の名前。


 お人好しで、多くの人をひきつける魅力を持ち、他人の苦しみを放っておかなかった勇気ある少年。


 唯、彼はもういない。


元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む

姫神「上条くん。大丈夫?」

786 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[sage] - 2011/12/13 01:48:25.77 ueSq/zmDO 1/3

1レス上姫もらいます

787 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[] - 2011/12/13 01:49:14.12 ueSq/zmDO 2/3



不幸だ。
いくら慣れているとはいえ、そう呟かずにはいられなかった。
最近では同情の視線すらも送られなくなった教室の机で、上条は一人突っ伏していた。
ぽんと肩を軽く叩かれ、視線を上げる。

「上条くん。大丈夫?」

「あぁ姫神か……」

「大変だったみたいだから」

「……おう。まさかやってきたものが全部お陀仏になってるとは思わなかったぜ」

「でも。認められて良かったね」

「小萌先生さまさまですよホント……でも点数は半分になるんだよな」

深くため息をつく。
それを見て姫神は思案するかのように顎に指を当てると、ぴんと悪戯めいた色を瞳に浮かばせた。

「ね。慰めてあげようか?」

「えっ」

バッと顔をあげると、姫神は口元に手をあてて微笑んでいた。

「……ふふ。冗談」

「何だよ……」

肩をおとす。
それを見て姫神は少し意外そうにすると、
頬をほんのりと赤らめ、上条の耳元に唇を寄せた。
聞こえるか聞こえないか、わからないくらいの声量で。

「冗談じゃなくても。いいんだけど」

「……えっ」





788 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[] - 2011/12/13 01:49:43.63 ueSq/zmDO 3/3

おわりんこ

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/

とある暗部の恋物語

773 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[saga] - 2011/12/12 23:22:46.68 KKRd/Pls0 1/4

あわきん恋をするの巻

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む

一方通行「兄ちゃン」

756 : SS寄稿募集中 SS速報でコミケ本が出るよ(三日土曜東R24b)[saga] - 2011/12/12 22:37:56.82 T5k2Qh2L0 1/5

上条と一方通行が兄弟のIFモノ
おそらく一方通行は兄が上条だったら絶対能力進化実験はやってないと思うので、
なんだかんだで実験が垣根帝督に引き継がれた設定で3レスほど

元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-34冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1320320521/
続きを読む
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク