135 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:26:01.07 RHJxphBDO 1/7

上琴。すれ違いバレンタイン
6レスほどお借りします

元スレ
▽ 【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-24冊目-【超電磁砲】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1298034529/
136 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:26:47.57 RHJxphBDO 2/7

「何よ……これ。」

御坂美琴は、こめかみをひくつかせながら己の携帯電話の画面を見つめた。
もしこれが大好きなゲコ太携帯じゃなければぶん投げていたところだ。

「たかがチョコの受け渡しが遅れたくらいで、ここまで言うか普通。」

むぅ、とむくれて携帯を閉じる。今日の日付は2月19日。乙女の一大イベント、バレンタインに遅れること5日。彼女の本命チョコは、まだ彼女の手の中にあった。
ことの発端はバレンタイン前日、2月13日まで遡る。

137 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:27:23.48 RHJxphBDO 3/7

「ごめん、御坂。明日、時間作れそうにない。」

胸の前で拝むように謝りたおす『彼氏』。
補修で放課後は教室に缶詰めなのだそうだ。学期末も近く、2月中に片づけてしまわないと留年の可能性が色濃くなる。
これに付き合う教師も大変ね、などと思いながら、美琴はバレンタインデートがなくなることを承諾した。
少し残念だが、留年などしてもらっては美琴としても面白くない。
用意してあったチョコは一週間くらい余裕で保つだろう。

138 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:28:01.82 RHJxphBDO 4/7

(それから時間を見つけてメールくれたりしたけど、私のほうが調子悪かったりして)

ズルズルと、チョコを渡せずに今に至る。
バレンタインが楽しみで、2月になる前からセブンスミストのバレンタインコーナーでチョコを見繕った。
可愛くラッピングもしてもらった。

(後は渡すだけ、なんだけど。)

はぁ。と一つため息を吐く。こんな落ち込んでいる時に限って、ルームメイトの後輩はジャッジメントの業務に追われて帰ってきていない。

139 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:28:50.92 RHJxphBDO 5/7

「あーもー、ばかー。」

誰に言うでもなく、呟き、もう一度携帯を開く。

『そんなに嫌なら、持ってこなくていい。
無理してもらっても嬉しくない。』

「どう返信しろってのよ、ばか……。」

ベッドに横になり、穴が開くほど画面を見つめる。
確かに、バレンタイン後、何度も誘いを断ったのは悪かった。
今日、あまり外に出たくないのだ、と来たメールに返信したのも悪かった。

でも、この言い方はないんじゃないか。

140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:30:01.35 RHJxphBDO 6/7

「うぅ…。もう、しにたい。」

ぐるぐると頭の中をネガティブの渦が回る。
両思いになれたというのになぜ苦しい思いをしなきゃいけないのか。
超電磁砲などともてはやされていようが、美琴はたかが15年ばかりしか生きていない、ただの中学生である。

(どうしてこんなに、自信が持てないんだろう……?)

やっと願いが叶ったのに。数多のライバルの女の子がいる中、ようやく恋人になれたのに。
辛くて悲しくて、先ほどのメールを消去する。

「も、知らない。」

終わるなら終わってしまえと、心のどこかで声がした。
それでもまだ好きなのだと、心がうずいた。
全く、恋愛とはなんと面倒なものなのか。

「あいつから何か言ってくるまで知らないんだから……。」

掛け布団を頭まで被り、現実逃避。
彼女の携帯に、彼専用の着信音が鳴り響くまであと18時間。


fin.

141 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] - 2011/02/20 00:32:34.70 RHJxphBDO 7/7

終わり。5レスだった。
美琴さんが情熱的じゃないのはつき合いだしてから1年たってる設定だからです。